「Miracle of the Fishes」のkubosakuのブログです。 こちらは緩く気楽に行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ハナショウブ、クチナシ、サツキ

 4月下旬に1株買って植えた花菖蒲。遂に、明日には咲くかも?!という状態まで来ました。楽しみだぁぁぁ~!!! 手前の蕾は前日~前々日で奥側の蕾のような状態だったので、1~2日ずれて咲くことでしょう。西向きなので5月中でもけっこう暑かったりして、葉が萎れそうで大変心配だったのですが、どうにか保ってくれました。水受け皿に水を入れっぱなしにしたのが良かったのでは無いか、と思っています。




 こちらは昨年6~7月頃に植えたクチナシ。こんな感じに膨らんだ蕾が10個ほどあります。咲くぞ、咲くぞという勢いで蕾はどんどん大きく膨らむのですが、なかなか開花してくれません。勤め先に植わっているのは7割方咲いているんですけど。

 昨年6-7月、急に思い立ってうちの庭に花を咲かせる気になりまして、私はアジサイがいい、奥方はクチナシがいい、ということで、それぞれ植えたわけです。しかし、クチナシはかなり早い段階で尻尾がピンと立った青いイモムシ(オオスカシバの幼虫)に葉を殆どやられ、花もやられ、蕾付きの株を買ったはずが、ろくに花も楽しめないうちに植えた年は終わってしまいました。
 クチナシは、そのオオスカシバを筆頭に、非常にムシが沸きやすくて大変な植物だ、ということを後から知りました。さらに、花は甘くていい香りがするということも、ついこの前、勤め先のクチナシの匂いを嗅いで知ったという、そんな園芸初心者なんですけど・・・。私は、「ケーキのような匂い」と思いました(笑)。
 それはともかく、とにかく虫は殺さねばならない、ということで、オルトラン粒剤をたびたび撒いております。それでも、2週間も見ていないと5-6cmのを発見したり、撒いてすぐだというのに1cmくらいのを発見して潰したり、卵を潰したりと、非常に面倒なヤツです。とはいえ、木は1本だけなので、今年こそは失敗しないぞ!という勢いで、毎日のようにチェックしております。ちなみに隣のフェンネルも、そのオオスカシバによく食われます。



 うちのサツキの最後の1花です。花壇の奥の方でひっそりと咲いていたので、写真に納めるのを忘れているうちに花が落ちてしまいました。3年前、この家を購入した際、2平米ほどの花壇には比較的小さめのサツキが10数本植わっていました。しかし、年々樹勢が衰え、昨年思い立ってほとんどブッコ抜き、夏前にアジサイやクチナシ、秋や春に各種球根植物を植えたわけです。
 近隣にも我が家と同様の作りの家がたくさんあって、殆どの家にサツキが植わっていましたが、元気に育っているところは皆無です。いろいろ調べてみたところ、どうも植えたばかりで葉がまだ十分茂っていないツツジ/サツキの類を大きくするように育てるのはなかなか難しいようですね。ツツジ/サツキの類は根が浅く張るため暑さ寒さに弱いのですが、葉が茂っていれば、葉が暑さ寒さから根を守ってくれるようです。しかし、葉が茂っていない場合、即ち、小株を植えて2-3年とか、樹勢が衰えて回復させようとする時などは、葉が無いから根が弱る、根が弱るから勢いも衰え葉も茂らない、という悪循環でダメになりやすい、と思われます。
 従って、根を保護するために、ワラやマルチング材を敷くのがまず重要であると、いうわけです。そのような対処をしていた家は見たところ無く、どこも新築で植わっているのは小株ばかりなのですぐ衰えると、そのようなことであろうと理解しました。もちろん、結実させないために花柄を摘むことも重要でしょう。
 さて、我が家の残り2株ですが・・・、昨日、花が咲いた跡と思しきところは摘み取りました。夏の根の保護に関しては、他の植物が増えたので陰になって大丈夫と思います。あとは冬、ワラでも敷けば大丈夫じゃないかなぁ・・・?

 に、しても、ですね、私はサツキとは季節的に大変相性が悪いのです。私は例年、5月末~6月中旬、ちょうどサツキが咲き乱れる季節に、仕事で家にいないのです。ちょうどその季節って、いろんな花にとっていい季節で、そこが盛期で無い植物を選ぶのにちょっと苦労しています(もちろん、奥方はいつもうちにいますけど)。サツキじゃなくて、ツツジだったら良かったのになぁ・・・。



テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2008/06/22 12:49】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<ハナショウブの開花 | ホーム | アマリリス>>
コメント
クチナシの花の香りといえば、歌謡曲の題名にあるように、その香りが何よりも一番の特徴かと思いますが、ワタシはその香りをスイカズラと似通っているなぁ、といつも感じております。
くちなしの花
http://jp.youtube.com/watch?v=oxmutnRw0E8
スイカズラhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%AB%E3%82%BA%E3%83%A9

ツツジやサツキはあんまり神経質にならず放置が一番かと思いますが、バヤイによってはマルチングが有効でしょうねぇ。
あと、連中は塩基性の土壌環境が苦手ですから、ピートモスをマルチング代わりに根元にごっそり撒くのもアリかな?とか思います。

なんにせよ色々考えて工夫するのが一番楽しいところですから、是非悩んだり試行錯誤されたりしてくださいませ。

【2008/06/22 18:48】 URL | リピちゃん #9L.cY0cg[ 編集] | page top↑
 どうも、アドバイスありがとうございます!ともかく、残り少ない株が生存できるよう、どうにかしたいと思っています。

 クチナシの白い花は、おまえのような花であることは知っていますが、香りがどこまでもついてくるくだりは知らず・・・。
 唄はどうでもいいですけど、けっこう常識的なこと知らなかったんだなぁと・・・。まぁいいか(汗)。 スイカズラという名は、もちろん(?)初耳です(汗^2)。
【2008/06/23 21:57】 URL | kubosaku #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://miracleofthefishes.blog26.fc2.com/tb.php/68-561821d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。