「Miracle of the Fishes」のkubosakuのブログです。 こちらは緩く気楽に行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
オダマキとカルセオラリア

 オダマキが咲きました。3月初旬に開花株が売られていたのを見て、その花の形がたいへん個性的で面白い!と思って、2日間ほど複数の花屋・ホームセンター等で悩み、最終的には380円のやや小さい株を買いました。特に植えかえはしませんでしたが、温室育ちに違いないので、多少は陽の当たる室内に置いていましたが、咲いていた花が枯れた後、着いていた蕾は開花せず萎縮して枯れました。
 でも、多分これで終わる花では無いだろう、と思い、枯れた花芽・蕾を全て切り落とし、3月中旬からは雨の当たらない2階のベランダに置きました。すると、2週間ほどで花芽が出てきて、こんな感じで花が復活! ヤッタ!!! (4月10日撮影)   まぁ、実はやや不格好な咲き方をしているのが多んですけど。
 3月半ば~下旬頃には、かなりいろんな形・色のオダマキがホームセンターに並ぶようになり、この画像のようなものも実はオダマキの中ではけっこう普通の部類なのだな・・・、と知って、他のものも欲しくなりましたが、置き場所はそんなに無いので止めました。まずは、そこにある株を大事に育てたいなぁと思います。根っこで越冬する多年草なので、長く楽しみたいものです。
 

 カルセオラリア(キンチャクソウ)です。これも、オダマキと同様3月上旬に買いました。買った理由もオダマキと全く同じで「花の形が面白い!」でした。これは日本の夏を超すことはできず、ここでは一年草にならざるを得ない種類だそうです。
 ほとんど花が落ちている株が100円で投げ売りされていたのを買ってきて、雨の当たらない2階のベランダにおいて地道に育てること1ヶ月。 上のオダマキとほぼ同様のペースで、見事復活!(4月10日撮影)
 この赤い花の株の他、黄色地にえんじ色の気持ち悪い模様の花の株も買っていて、そちらは室内でだいぶ花が持ちましたが、だんだん不格好になって、花茎もひょろひょろと弱々しくなってしまいました。そこで、4月初めに花芽を全部強剪定し、株もとの葉もスッキリさせ、雨の当たらない2階のベランダに出し、再生を試みています。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2008/04/14 21:03】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<チューリップも終わり頃 | ホーム | JR高知駅の新駅舎・再訪>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://miracleofthefishes.blog26.fc2.com/tb.php/49-4f3bb098
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。