「Miracle of the Fishes」のkubosakuのブログです。 こちらは緩く気楽に行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Canarina canariensis(カナリナ・カナリエンシス)の12月~1月の状況の記録
 しつこく、Canarina canariensis(Canary Island Bellflower)について、もう1回。今シーズンのカナリナ・カナリエンシスは、けっこう長期間咲いていたので、12月の状況から記録をしておくという趣旨です。

 こちら、12月4日の画像です。白い鉢から、左上の方に、茎が伸びているのが分かりますでしょうか。左にある大きい植物はEchium virescensですが、その裏へと、カナリナの枝が伸びております。

 そのエキウムの裏で、壁にくっついて、こんな感じで1輪目が咲きました・・・。写真は12月4日ですが、11月終わり頃から咲いていたかと思います。その後も、この大きい株からは、1~5輪ほどが、ちょろちょろと咲く、という状態が続きました。寒いので、花持ちが良くて、咲いた花は2週間くらいは見れる状態であったと思います。

 次は、1月10日の写真。こんな感じで、エキウムの枝に絡まって、その葉の裏でポツポツと咲き続けました。これは、何とか複数輪が画像内に収まるように工夫して撮ったもの。あまり目立たないけど、よく見りゃオレンジの花が咲いているな、、、という感じ。


 1月24日の写真。まだ、戸外で元気に育っております。赤い矢印のように枝が伸びておりまして、その先の方に、花が咲いたり、蕾があったり、花ガラがあったりします。


 1月27日の写真。今回のエントリーでUpした写真は、すべて一番大きく育った1株のものですが、これは本当に大きく育ちすぎまして、枝がエキウムに絡んでどうにもならなかったので、戸外に出したままにして、氷点下でどれくらい死亡するかの実験台になってもらいました。この株以外でも蕾が着いて花が咲いた株がいくつかありましたので、それらは室内に取り込み、これだけ屋外においたままにした、ということです。1月25日未明~朝に、横浜の気温がマイナスになりましたので、そのときに地上部がこんな風にやられました。その後、短く切って、あまり寒風が当たらない場所におきましたが、この当時に地上にあった部分は全部死亡しました。ただし、その後、地際から新たな芽が生えてきたので、球根自体は死亡しなかったようですが。

 今年は1月25日の晩まで、気温がマイナスにならなかったので、戸外に出しておけました。前年とかだと、12月中でも室内に取り込まないといけなくなったりしていたかと思います。 このように、長期間外に出せておけるほどの暖冬であったため、花付きがよくなって、その時に室内に避難させた株では、今時期も花が楽しめるようになっている、ということとです。


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2016/03/14 23:55】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<その他、冬に咲いていた花 | ホーム | Canarina canariensisが見事に開花! Echium virescensも順調! その他珍種の生育状況>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://miracleofthefishes.blog26.fc2.com/tb.php/472-99134c4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。