「Miracle of the Fishes」のkubosakuのブログです。 こちらは緩く気楽に行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
種まき、発芽(Echium、Retama raetum、アマランサス、ワタ、ヒマワリ、アサガオ)
 種まきも、本来4月末~5月上旬あたりにするといいものが多いですが、なかなか時間が取れないうちに5月末~6月初めにずれ込んでしまいました。上手く芽が出てくれるといいんだけどなぁ。Dierama disimile、Dierama pulcherrimum(以上南アフリカ原産), Schilla autumnalis(ヨーロッパ地中海沿岸、トルコ原産), Pasithea coerulea, Lapeirousia neglecta(以上チリ原産), といった珍種も播きましたが、これらは未だ発芽せず。以上の未発芽のものも含め、特記したもの以外は5月29日に播種。

 Echium wildpretii。何度も種まきしていますが、未だ1回しか開花までたどり着いて無いんだよな~。あと、Echium 'Pink Fountain'も種まきしており、発芽しています。今日で播種後2週間か。この後、もっと芽が出て欲しいところですが。いずれも自家採種のものですが、昨年までは発芽率、けっこう良かったんですけどね。

 北アフリカ~シリア、イスラエル、アラビア半島といった砂漠地帯の、Retama raetum。マメ科。今まで播種に3度ほどチャレンジして(多分、いつも秋播きしていた)失敗していましたが、今回は3粒播いて、いずれもすぐに、1週間ほどで発芽しました。高温の方が芽が出やすいのかな? 白い花のマメ科の花ですが、これの特徴は花ではなくて、"葉"が無くて、茎が緑色で光合成はほとんど茎でやる、という点です。葉が無いので、開花時、株が真っ白な花で覆われて見事!です。少なくとも、原産地の写真では・・・。


 以降は、日本で比較的普通に育てられている一般的な草花。こちらはアマランサス・リボンズ&ビーズ。ちょっと珍しい方ではありますが、切り花で売っているのも見たことがあります。アマランサスは日本で穀物としても育てられているものなので、育てるのはそんなに難しくは無い。発芽したて~しばらくは、茎が細くてじょうろで水をやると倒れやすい、というのが問題。土寄せをすべき?

 ヒマワリ。5/31播種。品種としては比較的珍しいものではありますが、これまで、どうにも上手く咲かせることができていないかったんですが。今年こそ・・・!

 ワタ。アオイ科。5/31播種。娘が学校の授業の一環で花を育てるってことで、園芸店で娘が選んだのがこれ。もちろん娘が学校で育てているものは別にありますが、こちらは余りの種をもらって育ててみているもの。双葉が非常に大きくなるんですね。黄色い花はオクラに似ているんだよと娘に教えてあげたら、なんと偶然、オクラの種を持ってきた子がクラスにいたそうで、先生からそのことは聞いていて「知ってる」と言われてしまった。

 アサガオ。6/6播種。園芸歴9年目にして、初めて普通のアサガオをやってみようと思ったようで。あ、地中海産のConvolvulus althaeoidesを種まきから育てたことはありましたけど。日本の伝統的な育て方、"切込み作り"をやってみたいな~なんて思いまして。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2015/06/12 22:54】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<金田湾でマゴチ&ゴマサバ | ホーム | Hakea laurina(ピンクッション・ハケア)の蕾?!など>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://miracleofthefishes.blog26.fc2.com/tb.php/469-72bcbb74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。