「Miracle of the Fishes」のkubosakuのブログです。 こちらは緩く気楽に行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
海の公園(金沢区)の潮干狩り (2014年4月19日)


 10日ほど前のことですが、例年の如く、海の公園で潮干狩りをしてきました。4/19(土)は天気も良く、GW前だというのに駐車場は満員御礼で、周囲はたいへんな混雑でございました。こうして見ると、人出の多さも尋常じゃないですね(爆)!


 私はいつも、南口寄りの方で潮干狩りをするのですが、近場はこんな様子。しかし、帰り際に柴口方面まで歩いていると、中央~そっち方面の方が、むしろ、たくさんアサリを抱えている人が多かったようにも見えましたが・・・


 この日は娘と2人で。娘にはこのくらいの水深~干出している範囲でやってもらいましたが、残念ながらその辺では片手で収まる程度のアサリしか捕れなかった模様・・・

 私はヒザくらいまでの水深の所へ行って掘りましたが、驚いたのは死貝の多さ。手を水中の土に(※ここは山の土による人工干潟で、決して「砂」とは言えない底質なので)突っ込んで掘ると、すぐにアサリがギッシリ詰まっているのが分かるのですが、そのほとんどが死んだ貝殻でありました。なんでこんなに死んでるの?!というのが全く分からない。とにかく、死んだ中から生きているものを拾っていく。恐ろしく効率が悪い。どうしたもんか、とあちこち探ってはこちらも死貝の山、こちらも死貝・・・と移動するうち、 ん??? と、あるところで、急に生きている貝の山に当たりました。当たってからは作業が早い。両手で土ごと貝を掬い、手で包んで水中で揺すって泥を流す。手に残ったアサリからある程度大きいものを選んでかごに入れる。1つかみあたり、10個弱くらい獲れる。急激にペースが上がる。

 と、やっているうちに腰の筋肉が固まって疲れてくる。腰を伸ばし、水際にいる娘のところにいったん戻ろうかと思いましたが、この場所を見失ってはいけない。そこで役立つのが山立てである。ボート釣りで培った技がこんなところで生きるとは思わなかった(笑)。きっちり山立てを覚えてから娘のところに戻る。

 ちょっと休憩し、様子を確認し、そして再び元の場所にもどる。しかし・・・、山立てが甘かったようである(泣)。ここだったよな、と思った場所は死貝の山であった! なんてこった。焦って近場を何カ所も渡り歩くうち、やっと元の場所に戻れたようで、再びハイペースで収穫が進む。ひとしきり獲ったところで、もう一度、山立てを覚えて娘のところに戻る。

 3度目。今度こそ・・・! ヨシ、一発で同じポイントに戻れた。3度目は確認程度にアサリを取って、満足した気分で帰れるよういなりました。アサリを捕れたことよりも、正確な山立てができたことへの満足感が大きかったりして・・・。

 およそ1時間の潮干狩りでの収穫は↓

2キロちょっと。ウチ的にはこれくらいあれば十分です。2人で行ったので、4キロまで獲っていいことになるんだけどね(笑)、そんなには要らない。



 クラムチャウダー。妻作。

 アヒージョ。私作。まぁ、アサリよりもエビの方が美味かったりはするんだけど・・・

 他、パスタや味噌汁などの料理にしてもらいました。5日程度で全部無くなりました。

 このゴールデンウィークもいい潮回りです。この週で、めぼしいサイズのアサリはほぼ取り尽くされます(爆)。なんですが、東京湾全体の資源のことを考えると、海の公園のごく一部でもいいので、禁漁区を作って保全した方がいいように思うんですけどね。漁業権が放棄されているため、誰がどういう責任で設定するのか、っていうのがどうなるんだかわかりませんが。

テーマ:横浜!YOKOHAMA! - ジャンル:地域情報

【2014/04/29 05:46】 | 魚・海・漁業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ジャーマンアイリス、ルピナス、リンゴンベリー(のラベル偽装?)などの開花 | ホーム | 山王日枝神社~愛宕神社~芝公園>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://miracleofthefishes.blog26.fc2.com/tb.php/437-d4a77387
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。