「Miracle of the Fishes」のkubosakuのブログです。 こちらは緩く気楽に行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ゲンカイツツジの開花
 3月4日頃から咲き始めたゲンカイツツジ "光源氏" です。

 写真は昨日(3月8日)のもの。 ツツジ類の中で最も早咲きなんですね。 もっと大きく育ってくれるといいですね~。 いつかクチナシをブッコ抜いて(笑)、これをシンボルツリーにしたいなとか、思っております。
 ゲンカイツツジに次いで早いのがコバノミツバツツジで、4月上旬頃ですかね。花の色合いではほぼ見分けが付きませんが、そもそもの開花期がゲンカイツツジの方が先であることの他、新葉に白いブツブツがあるか無いか(有鱗片シャクナゲであるゲンカイツツジの方がブツブツがある)で見分けが付くのだろうと思います。"光源氏"は八重咲き品種ですが、花の形は、一輪ずつじっくり見ると微妙に整わないという点に難があります(笑)。原種の方がいいかなぁ・・・。

 こちらは原種のゲンカイツツジで、昨日(3月8日)、大船フラワーセンターで撮ってきたものです。最も膨らんでいるつぼみでこれくらいだったのですが、あと2日で開花しますかねぇ、来週の土日には半分くらいはキレイに咲いているのが見れるでしょう。ウチよりは大船フラワーセンターの方が若干内陸で寒い分、開花が遅いんですかね。もちろん、他のツツジ類で咲いているものはありませんでした。大船植物園では梅が見頃でしたが、他の写真はまた後日。

 2本のPavonia intermedia。大船植物園の温室に、同種の大きな株が植えられていましたが、昨日行った際には、それが根本からぶった切られておりました。枯れたんですかねぇ? その隣には、見た目では全く見分けが付かない同属別種が植わっておりましたが。

 Canarina cnariensis。3株で1輪ずつ咲いたのが、ちょうどいい感じで並んでいるので撮っておきました。



テーマ:園芸 - ジャンル:趣味・実用

【2014/03/09 21:00】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<フラワーセンター大船植物園の桜・桃・椿 | ホーム | ゲンカイツツジ"光源氏"とブルーベリーの蕾、ボリジの苗>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://miracleofthefishes.blog26.fc2.com/tb.php/430-e6ef5be3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。