「Miracle of the Fishes」のkubosakuのブログです。 こちらは緩く気楽に行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
熱帯性花木の越冬状況(その2, パボニア、トケイソウ)
昨日のエントリーに引き続き、残り2種の状況のメモ。

 写真は11月下旬。Pavonia intermedia(パボニア・インテルメディア、流通名無し)。冬季は当然、室内に入れますが、普通に室内に置いておけば落葉することもなく、ある程度膨らんでいたつぼみは次々と咲き進むので、寒さには比較的強そうな印象です。今年の咲き始めがいつ頃だったか覚えていませんが、2013年には5月末頃に1本立ちだったものを3等分して挿し木、ということをやったので、その後の開花が遅れたかもしれません。2012年は夏場には咲いていたと思います。



 その現状。年を越しても、室内でちょろちょろと咲き続いています。大きい方は3分割した時の、根本の方の株で現在110cm。3分割した真ん中の枝は根が生えず、先端のは活着して、現在60cm。根本の株は切ったあたりから3本立って、拡大した画像のように、もう1本生えてきている状態。3月中旬頃には、全体を少し切り詰めようと思います。狭い庭には、こうしてまっすぐ伸びるヤツはありがたいです(笑)。倒れないように気をつけないといけませんが。


==============================
 パッションフルーツ(クダモノトケイソウ)。昨年、これを緑のカーテンにしてみようと2株導入したもの。結果、まともに咲いた花をみたのはこの1輪のみ。他に蕾もあったけど、まともな花じゃなかったような。人工授粉もしましたが、実は成りませんでした・・・。


 その現状。12月頃から室内に入れております。最近暖かい日があったからか、新芽が見えるようになってきました。下の画像よりも、もっと膨らんだ新芽もありましたが、1本から何本も蔓が伸びても、それをまかなえるほど土の量が無いので、短く切り詰めて捨てました。

テーマ:園芸 - ジャンル:趣味・実用

【2014/02/03 08:02】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<赤・白・黄色 | ホーム | 熱帯花木の越冬状況(その1)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://miracleofthefishes.blog26.fc2.com/tb.php/418-862c0156
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。