「Miracle of the Fishes」のkubosakuのブログです。 こちらは緩く気楽に行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
熱帯花木の越冬状況(その1)
熱帯性花木、という括りでは7種育てておりますが、そのうち5種の現状についてまとめておきます。


 写真は2013年9月末。昨年は9月末になってやっと咲いてくれたWhitfieldia elongata(流通名はホワイト・キャンドル)。咲いたと言っても、花穂は2つか3つ程度で、イマイチ冴えない、というか、苦労が浮かばれない。春の芽吹きが遅く、梅雨時くらいにならないと本格的には伸びてこない。花もなかなか着かず、また盛夏は直射日光で即葉焼けするので日にもあまり当てられない、よけい開花が遅れる、という感じ。遮光して育ててやればいいんだけど、そこまで一生懸命になる気が起きない。


 現状、こんな感じです。ウチにいくつかある熱帯性花木の中では、寒さにも最も弱い印象。暑さにも寒さにも弱いし、魅力もいまいちということで、そろそろリストラかな~とか思っております。少し楽しいのは、咲いた花を抜いて、サルビアのように吸うと蜜が甘い、という点。

===============
 写真は2013年9月末。 7月中旬~10月末頃まで咲き続け、こんなに(野放図に)大きくなってしまったハイビスカス・クーペリーの"スノー・フレーク"。正確な学名としての標記はHibiscus × rosa-sinensis var. cooperi の'Snowflake'ということのようですが。普通のどっしりとした"木"っぽいハイビスカスとは違って、バラで言えばシュラブ風で、ビュンビュンと枝が伸び大型化します。花柄が長く少しうつむいて咲く。葉に斑が入るのも楽しい。普通のハイビスカスは暑さに弱くて盛夏では花が咲かないことが多いようですが、これは暑さに強く、真夏でも、西日が強烈な庭で、きちんと咲き続けてくれました。


 その現状。かなりよく伸びるので、バッツリと切ってみた(笑)!まだ7号鉢なんですが、そろそろ9号に移さないとダメ・・・?でも、そうすると、もっと巨大化するんだよねぇ・・・。去年の大きさで十分なんだけどなぁ。


===============

 写真は2013年9月上旬。Clerodendrum ugandense(流通名はブルー・エルフィン)。こちらも6月末頃~10月までロングランで咲く、暑さに強い花。ただし、さすがに西日の庭では、盛夏に咲いても花の色は白っぽく色あせてはおりましたが。それでも次々と咲き続け、また結実するので、手入れは多少面倒かも。

 その現状。こちらもバッツリ切ってみた。緑の残った、生育途上の芽を残しておくと、5月末頃、バラと同じ時期から咲き始めてくれるんですが、なにぶん、そんな芽は上の方しか無くて、あんまりデカくなってもらっても困るので短くした次第。


===============
 写真は2013年9月上旬。クロサンドラ。春~夏に、ごく普通にたくさん流通する種。学名ではCrossandra infundibuliformis。これで5年ほど経った株。安く出回るので、わざわざ冬越しさせて大きくするヒトもあんまりいないかもしれませんが。しかし、冬越しさせて大きくしようとしても、野放図にでかくなるわけでもなく、維持しようと思えば手間はあまりかからないかも。雨に当たると花弁が水を吸って重くなり、花穂が垂れて見苦しいこと、分枝が多くて適宜間引きしないとぐちゃぐちゃになりそう、というところで手間はある程度かかる。夏の直射日光ではオレンジの花色も褪せるが、木陰に居れば大丈夫。

 その現状。それほど大型化するわけじゃないので、地上部に対して鉢が大きい感じがします。ですが、過去に、植え替えのため鉢から抜こうとすると、ギチギチでなかなか抜けない、ということがありました。鉢の周囲全面を埋め尽くすように、縦に根っこが整列してビッシリと伸びていたんですねぇ。地上部に対して、根っこがえらくたくさん伸びる種、という印象です。


===============
 写真は2013年7月上旬。ゲンペイカズラ。こちらもごく普通にたくさん流通する種。学名はClerodendrum thomsoniae。越冬させ大型化させている人も多いと思われます。これで5年ほど経った株。3年目以降、9号鉢のまま、あまり大きくしすぎないようにしているが、そろそろ土を替えるとか、必要かもしれない。昨年(2013)は6月中旬~7月中旬の1ヶ月ちょいくらいで一気に全部咲いてしまい、その後続かなかった。2011年もそのパターンだったけど、2012年は、後からも蕾が上がって来て、2ヶ月以上、もっと長く楽しめました。

 その現状。下の写真のように、地際、もとの株とは全く異なる場所、鉢の隅っこから新しい枝(吸枝, サッカー)が出ております。これは、2012年から伸び出して、2度目の冬越しを経験している部分。植え替えするならば、ここを分離して、ある程度育ったら古いのはサヨウナラにしようかな?

テーマ:園芸 - ジャンル:趣味・実用

【2014/02/02 13:34】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<熱帯性花木の越冬状況(その2, パボニア、トケイソウ) | ホーム | 珍種の生育状況その2(Echium 3種, Ranunculus cortusifolius, Pancratium canariense)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://miracleofthefishes.blog26.fc2.com/tb.php/417-2de3fe2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。