「Miracle of the Fishes」のkubosakuのブログです。 こちらは緩く気楽に行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
本牧海づり施設でもマコガレイ!
 12月1日(日)の釣りでけっこうな量の餌が余っておりました。12月4日(水)午後に、某所で会議に出なければいけなかったのですが、午前中は休みにしておりました。私の財布には、有効期限が来年の2/23までの本牧海づり施設の回数券が3回分残っていました。と、いうことで、会議前の午前中に、本牧海づり施設に突撃することにしました(爆)。

 釣況をチェックすると、カレイも釣れているが、あまり調子は良く無さそう。一方、30数センチ~60cm超のセイゴ・フッコ・スズキが、かなりコンスタントに釣れている。あと、イシモチもそこそこ釣れている。スズキならば旧護岸が一番で沖桟橋・新護岸もOK、イシモチなら新護岸、カレイなら沖桟橋が良さそうだが他でも良さそう、という雰囲気。昨年冬場に行った時は、旧護岸はよくフッコクラスが上がっているね、と聞きました。

 ということで、旧護岸のブッコミでフッコ・スズキ狙いが一番固そうなのでそれを基本に、カレイも掛かればいいなという気持ちで出かけました。

 当日は6:50到着、諸々準備して、7時に開場して並んでいた列が半分ほど動いた状態のところに並ぶ。ちょうどいいタイミングだったと思う。当日入場者は1日計で188名とのこと。朝は50人くらいは並んでいたかな? 入場して旧護岸方面に歩いて行くと、先行者は途中で陣取る方が多く、運良く一番端っこに陣取ることができました。


 竿は2本まで、というのがルールなので、吹き流し式のを1つ、中間遊動式のを1つ、それぞれ放り投げておく。護岸の手前は根掛かりゾーンなので、なるべく沖桟橋との中間くらいに落ちる、または右ナナメへ、沖桟橋先端よりも沖方面へ遠投する。それでも、沖の方にも暗礁があるのか、しばしば根掛かりしました。

 最初のアタリは吹き流し仕掛けに8時頃。クンクンクン!と竿先が明瞭に反応!ドラグをさらにゆるゆるにしてみると、ジジジーッとわずかに糸が出ていく。もういいだろう!と早々に合わせると・・・、掛かっていない・・・、残念!

 次、再び吹き流し仕掛けに8時40分頃アタリ!竿先の反応は先ほどではないが、断続的に竿先がお辞儀する。ん~、掛かってるのかな~どうかな~と、ドラグを超緩くして反応を見続ける。しかし、大きく引き込むことは無い。5分ほど待ったか、しびれを切らして聞き合わせ、掛かっているっぽい・・・、エイッ!と合わせるとなかなかの重量感!手前のかけ上がりの岩に引っ掛かってはいけないので、慎重かつ大胆に?浮かせていく。見えてきたのはフラットなお魚!


 マコガレイ、41cm、キロには僅かに届かず932g、雌でした!

 この日は根岸港基準で満潮6時10分、干潮11時36分なので、朝イチが勝負と思っていたけど、思ったよりも遅めの時間でも釣れてヨカッタ!

 潮回りから、12時過ぎまで出来ればベストですが、仕事の都合上、10時半頃で上がるしかない。餌もちょうどなくなるくらいでした。

 中間遊動式は餌取りに狙われやすく(特に上針)、さらに根掛かりにやられたので、その後は吹き流し式で2本としました。

 その後は時間的にもあまり期待していませんでしたが、10時頃にクンクン!と大きなアタリが到来しましたが、これまた乗らず(泣)。

 さらに、終了間際の10時半にもクンクン!明瞭なアタリではありましたが、万全を期してだいぶ待ってから上げると乗った! しかし、上がったのは・・・

 ドッチーでした。意外と小さいわりには明瞭なアタリをしてくれたようで。もちろん、りり~す。

 以上でお終い。 ですが、ボート釣りの余り餌で、40オーバーのカレイを本牧でも釣ってしまうってのは、なかなかいいツキを今年は持っているのかも!とか思ったりします。この調子でずっと行って欲しいです(笑)。

 施設の測定盤で撮らせてもらった。

 40cm超のカレイでは表彰状がいただけます(笑)。あと、粗品も。

 さて、乗らなかった2回のアタリについて、セイゴ/フッコ級のアタリだと思っていたんですが、後からホシザメを釣ってから思うのは、ホシザメの時と、似てたな~、すごく似てたな~・・・、ということで、、、アタリを逃した魚は要らない魚だったのだと思いたい。

 いずれにせよ、長いイソメを付けている釣りで、そんなにたくさん釣れる釣りじゃないので、すなわち針は飲まれていいんだから、アワセまでは十分時間をとって慎重に、、、ということですね、反省。そういえば、カレイ釣りを始めたころは、アタリを取るとか考えず、糸をゆるゆるにしておいて、ほとんど飲ませるつもりでやっていたな~と、今更ながら思い出しました(それはそれで極端なやり方ですが)。

 ハゼにしろテンヤにしろ竿マキコボシにしろ、アタリに即アワセする釣りをいろいろ始めましたが、カレイ釣りでは違う感覚になるように矯正しないと。

 卵巣はこんな感じ。やはり、湾奥の方が産卵が早い。金田湾のよりも産卵が近い雰囲気がありますね。

 薄造り。

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

【2013/12/06 07:48】 | 釣り | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<2013年の釣り納めの記録、オーシャン@伊東のボート釣りでマダイ・カイワリ等 | ホーム | 2013年金田湾のボート釣り最終日にカレイ&スズキ!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://miracleofthefishes.blog26.fc2.com/tb.php/412-7991dee5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。