「Miracle of the Fishes」のkubosakuのブログです。 こちらは緩く気楽に行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
クソ暑い中、開花中&死亡中
 ネタは色々あるにはあるんだけど、やばいくらい暑いし面倒くさいし、なんて思って放置しているうちに、前回upから1ヶ月経って、邪魔な広告が入ってきたので1つUpしときます(大汗)。写真は昨日の朝撮影したもの。

 クレマチス、インテグリフォリア系の"籠口"。梅雨時にうどんこ病まみれになったので根元までバッツリ切って、2番花が1週間前くらいから咲いております。一回り小さい花ですが、意外とちゃんと咲いてくれる、優秀な奴です。

 これもクレマチス、ヴィチセラ系の"タンゴ"。こちらも上記の籠口同様、うどんこ病で切って、2番花が2-3日前から咲いている。

 クレマチスは、モンタナ系の"プリムローズスター"が咲かないまま3年経ってけっこう大きい株になったんですが、どうもこれが、今年の猛暑で遂に死亡したんじゃないか、という状態になってきた(泣)。一回くらい、咲いて欲しかったなぁ・・・。モンタナ系だしねぇ、しょうがなかったですかねぇ・・・。


 ハイビスカス・クーペリーの"スノー・フレーク"。8月に入ってから、ポツポツと赤い花が咲き続けております。まだ当分咲きそうなくらい蕾もあります。花のサイズは、昨年ちょろっと咲いたものより明らかに大きくなっており、株が充実してきた証拠でしょう。西日にガンガン当たっているけど、丈夫に元気に育っております。花は1日花なので花持ちが悪いのはしょうがないですが、西日でさらに花の寿命は短くなっているかもしれないですが。

 ブルー・エルフィン(クレロデンドロン・ウガンデンセ)。えらい勢いで咲いていますが、猛暑日となるとさすがに色が褪せてこんな感じに。ただ、今日(8/20)は、もうちょっといい色(青い色)で咲いていました。今日は、太陽に雲がかかっている時間が長かったお陰かもしれません。

 クロサンドラ。バラやらブルーエルフィンやらのbushに挟まれて直射日光が若干和らいでいるお陰か、花穂はそこそこいい状態。

 以上、ハイビスカス、ブルーエルフィン、クロサンドラが咲いている庭のほぼ全景。地面の、中央一番下にあるのは・・・・↓

Echium wildpretiiです。なんと、地植えのがまだ生き残っています。実は、E. wildpretiiは、この、西日の庭に地植えしたのだけ生存しているという状態。でも、これも風前の灯火か・・・。これは播種後、未開花のまま3年経ったもの。秋までもてば4年、ということになるのだが。


 こちらは、いろんなモノの陰になっているところに置いていたEchium virescens。あるとき、移動しようと持ち上げたら、地面に根っこが繋がっていた、のを千切ってしまった(泣)。恐らく、元気だったのは、そうして地面と繋がっていたお陰だったのであろう。virescensは他にも生きている株があるのだけど、これが一番生き生きとしています。こちらも年齢は3歳。

 これらは3年目で死亡したE. wildpretii(一番左)、1年目で死亡したE. 'Pink Fountain'が2つ。Pink Fountainも、大きくなったものが優先的に死んでしまうのが残念・・・。Pink Fountainは昨年秋に撒いて、現在生存しているのは5株。中型、中大型のポリポットに植わっています(写真は掲載していませんが)。

と、まぁそんな感じですが、俺のエキウムのために、早く涼しくなってくれ~!!!!

テーマ:園芸 - ジャンル:趣味・実用

【2013/08/20 20:01】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<豊前海のアオギス釣り(その1) | ホーム | チランジア(エアプランツ)開花>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://miracleofthefishes.blog26.fc2.com/tb.php/398-dbee1610
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。