「Miracle of the Fishes」のkubosakuのブログです。 こちらは緩く気楽に行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
バラが咲いた・クレマチスが咲いた
 なかなか忙しくて、写真を撮っても時間が経つうち、撮った花は枯れ、廃れ、新しいものが咲き始め、写真をUpしそびれたまま日が過ぎてしまうので、多少古いものでもしょうがないのでUpしておきます。

 このへんは4月30日~5月1日の様子。ジャーマンアイリス"ハロウィン・ハロー"の花茎が1つ伸び、4輪咲きました。5月6日現在はもう花がありません。ピンクのバラの、ルイーズ・オディエ(B)が咲きました。やっと咲いた~!香りもいいワ~!との喜びもつかの間、雨が降るたび黒点病が広がり、枝によっては葉が全部落ちるほどにまでなってしまった。さらに、最近では蕾まで落ち始めるという惨状。遅ればせながらサプロールを噴霧しましたが、無駄な抵抗かもしれません(泣)。
 八重のクレマチス、ダッチェス・オブ・エジンバラ(白)とスイセイ2号(青)も揃って咲きました。が、スイセイ2号の調子も微妙でねぇ、、、根腐れしているんだろうか、水が切れているわけでもないのに夕方にはしおれる。朝には復活するので西日に負けているのかもしれないが、この季節からそんな弱音を吐かれてもねぇ。最近は新芽の萎れも目立ってきたので、やはり根腐れではないかと・・・。参ったなぁ。






 こちらは5月4日。ルイーズ・オディエ(B)がだいぶ咲いて来たけど、黒点病に罹り黄変・落葉するのが後を絶たない。遂に蕾も落ち始める。
 濃赤で咲き、褪色して赤紫となる"スヴニール・デュ・ドクトール・ジャマン(HP)"もだいぶ咲いてきました。こちらはすぐ近くにあるというのに黒点病には罹っていない。僅かですが、蕾がうどん粉病?のように粉をふいていた。青いのはブルー・エルフィン(クレロデンドロン・ウガンデンセ)。気温がまだ低めの今頃から咲いてくれると、一花一花の寿命が延びて、一度にたくさんの花が咲いているようになるのでありがたい。

 この後に控えている、近々開花となる花は、クレマチスの"籠口"と"タンゴ"、アマリリス"ブロッサム・ピーコック"、ジャーマンアイリスの"サンタナ"、ルピナス、ジギタリス、イソプレクシス・カナリエンシス、ベランダに上げているバラの"チャールズ・ダーウィン(ER)"といったところですが、おお、けっこう色々あるではないか(喜)。

テーマ:園芸 - ジャンル:趣味・実用

【2013/05/06 20:37】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<金田湾の漕ぎ釣りでイネゴチ&マゴチ | ホーム | デンパーク@安城市の色とりどりのエキウム!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://miracleofthefishes.blog26.fc2.com/tb.php/379-e3650200
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。