「Miracle of the Fishes」のkubosakuのブログです。 こちらは緩く気楽に行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
大船植物園、牡丹以外の注目の花
 毎度、1回のエントリーでは収まらない大船フラワーセンター、昨日に引き続きもう1回。



 Rhododendron augustinii!これも、牡丹と併せて再度見たかったものの筆頭でした。咲いててよかった! 3枚目は、"有鱗片シャクナゲ"と言われる所以である新葉のブツブツ、"鱗片"を撮ったもの。いや~、改めて、やっぱり青いお花だねぇ~。と、言っても、現物は写真よりもう少し紫に寄っていたと思うけど、もうダメだ、記憶が呼び起こせない。やっぱり、色がきちんと出てくれないってのは困るんだよなぁ。暗いとか明るすぎるとか、明度が変わっちゃうのは仕方ないけど、色合いの再現性が低いってのはねぇ、誰か、そろそろ真面目に考えて欲しい。文句はさておき、ウチで今年咲いた、この血統を引き継いだ"黒潮"も青紫だけど、R. augstiniiよりはもっと紫に寄った色でした。この画像の花は日本庭園のエリアに植わっていたもので、シャクナゲ園に植わっていた株(=昨年5月2日に花を見た株)は枯れていた・・・残念!


 同じく有鱗片シャクナゲの日本原産種、ヒカゲツツジ(Rhododendron keiskei)。絶滅危惧種だそうで。2枚目はやっぱり気になる"鱗片"の記録。これも日本庭園、シャクナゲ園両方で、R. augustiniiの隣に植わっていました。ヒカゲツツジは全ての株が元気に咲いてました。

 シャクナゲ園にあった、斑入り、というか、夏まで葉色が薄い黄緑色であるのが個性的な、大船植物園で作出されたというツツジ。ナントカとナントカの交配で、比較的最近品種登録した、とか書かれていたけどよく覚えていない。4歳の娘が撮った写真。私が撮るって言って、けっこうな時間、カメラを奪われてしまった。

 日本庭園でたくさん咲いていたイチハツ。これも娘の写真ですが、コッチはなかなかいい写真。

 山野草盆栽が並んだ中にあった、ウラシマソウ。これはカッコイイね~。鉢は思ったより小さかった。以前から育てたいと思っていたけど、6号鉢で十分いけそうなので、やってみようかなぁ。

 Echium pininanaと思われますが、相変わらず札無し。またしてもオージープランツ園の、入り口、陽のあまり当たらない微妙な所に植わっていた。三河安城のデンパークでは今年、大型エキウム4種そろい踏みで、それはそれは非常に羨ましい見事さで咲いているようですが、それを少しは見習って欲しい・・・。 でも、芍薬がもうすぐだし、せっかくなので2週間後にはまた見に来てみたい。

 温室からも少々。こちらはヒスイカズラ。まさに手の届くところでも咲いておりましたが、ちょっと花穂が短かったので、こちらは若干遠めのを撮ったもの。しかし、これも現物よりだいぶ青い写真になっているような。もっと、まさしく青緑色で、もう少々、緑寄りなんだよな~。

 グズマニア・ウィットマッキー(Guzmania wittmachii)の花。グズマニアって、みんなこんな風に咲くの?! それともウィットマッキーという種の特性? 恐らく後者が正解だとは思いますが、めちゃめちゃ面白いね~!!! きっと、一気に伸びて咲き進んでいるんだろう、と想像されます。

 睡蓮も概ねさいておりました。娘の写真のうち、出来映えの良かったのを載せておきます。品種名はドーベン(Dauben)。

 ハイビスカス。これも娘の写真。なかなか、良い写真が撮れているじゃないですか。

 ウチはコンデジですが、パパのデジイチを奪って構えた、うちの以上にクソ生意気そうなお嬢様(5歳くらい?)もいらっしゃいましたよ(笑)。

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

【2013/04/21 00:03】 | 植物園などの植物 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<イソプレクシス、エキウム、カナリナ、ジギタリス、ルピナス | ホーム | 大船フラワーセンターの牡丹など>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://miracleofthefishes.blog26.fc2.com/tb.php/374-35e9f550
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。