「Miracle of the Fishes」のkubosakuのブログです。 こちらは緩く気楽に行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
静岡の「平山温泉(御殿乳母温泉)」と「岩陶浴ありあけ みずなし」
 所用あって清水に行きましたが、その際に、静岡市葵区の山あい、バスで20分程度の「平山温泉」へ、行ってみました。湯船は狭く、ジモティーが幅を効かしすぎなのがアレだが、湯はかなり良いらしい・・・、とうことでしたが・・・・。

 「しずてつ」HPのバス路線図や時刻表がしっかりしていたので、計画は立てやすかったです。バスは静岡駅から出ているようですが、山へ分け入る途中の「瀬名新田」までは1時間に3-5本とそこそこの本数があるものの、さらに奥の平山まで行く「則沢」行きは1~2時間に1本しかない。清水からだと、静岡駅までは戻りすぎなので、草薙駅で降りて、バス停「瀬名川北」まで10分ほど歩き、そこからバスに乗ることにしました。

 「則沢」行きは14:19。ぼーっと、「瀬名新田」行きを2本やり過ごす。2本目をやり過ごした直後に時計を見たら「14:19」。「瀬名新田」行きはそんな時間には無い。エッ、マジ・・・?! まさか行き先表示は「瀬名新田」でそこからまた表示が変わったりするわけ?!?! もしかしてアレに乗らなきゃいけなかったのか?!?! いや、バスなんて時間は当てにならないから・・・、と、10分待つが、「則沢」行きは来ない。あ~、どうしよう~、一つ前のバス停が見える交差点まで歩いてみようか・・・と腰を上げたところでバスが曲がってくる! ホッ、ちゃんと「則沢」行きが来ました。標準サイズのバスですが、乗客はたいへん少なく、瀬名新田に着く前に乗客は既に2名。そして「平山」で私と、そのもう1名の乗客が降りる。降りたところで、一緒に降りたおじいさんに温泉のことを尋ねると、2つ前のバス停の近くだとのこと。テクテク歩いて7-8分、乗車中にもバス停の名前でオヤッ、と思ったんですが、それがこの温泉のことでした。

御殿乳母温泉(ごてんうばおんせん)のバス停

   
このすぐ近くに 平山温泉「御殿乳母の湯」の看板と道標。バスに乗っていた時は反対側(斜面側)を見ていたので、谷側の看板に気がつきませんでした。 since昭和33年だと。

 そして、なんと今日 (3/29, 土曜) は定休日! シェェェェ!!! 普通、温泉で土日休みは無いだろうなんて思っていたら、アンタ、定休日は毎月29日と30日って何それ、普通無いだろ、そんな設定は!!!


 清水に出張で来る機会はまた近いうちにあるはずなので、偵察だけはしておきました。 こんな狭い急な階段を下りて


 どこの民家やねん・・・みたいな玄関前。この右側に・・・


 「龍泉荘」の看板の建物があって、それが温泉だと思うのですが。鍵が閉まっていました。

 帰りのバスは、乗ってきたのがそのまま奥の「則沢」まで行って戻ってくるのだろうと思うのですが、たいへん残念ながらこうして偵察している間に行ってしまったみたい。次のバスは1時間後。しょうがないので、天気もいいし、もう少しバス便がたくさん来ている「瀬名新田」まで戻ってみるか、と歩きました。

 のどかな田舎です。春は気分がいいですね。私には水仙やツバキくらいしか判別できませんが、どこのお家にも某かの花が咲いていて楽しめました。バス停「御殿乳母温泉」から「瀬名新田」まで30分と思ったよりは早くて、飽きずに歩けました。

 川沿いの道なのですが、土手の斜面に桜が植わっていて、土手沿いの道からはやや見下ろす方向に桜が続きます。一部の枝は手のすぐ届くところまで伸びてます。

 「瀬名新田」に着いたら、「静岡駅」行きのバスが出発しそうだったので飛び乗りました。すると、それは別の道経由でして、「瀬名川北」には戻れない。まぁいいか、静岡駅か、東静岡駅に歩いて行けるバス停で・・・、と思って乗っていたら、


 こんな看板を発見! 「温泉か?!」と思って即刻バスを降りる。降りたバス停は「水梨」。しかし降りて看板をよく見ると「癒しの湯 岩陶浴ありあけ みずなし」。「岩陶浴」?! しかも「女性専用 日月水金 男女共用 火木土」。エッ、今日は日曜だっけ、土曜だっけ・・・、アッ、土曜日、男女共用の日だ!ここで日曜日だったら私の運の無さも極まっているということになりましたが、幸い土曜日。まぁ、岩盤浴みたいなもんだろうけど、実は岩盤浴には行ったこと無かったので、ここで目に付いたのも何かの縁、ということで行ってみました。

 普段は1500円のところ、今はサービスで1200円。まぁ、想像通りでしたけど・・・、館内着に着替え、やや熱い岩盤にタオルを敷いて寝る。汗が噴き出す。まぁそんだけですけど、いや、それがいいらしいんですが、私にはちょっと分からない。サウナと一緒だと思うんだけどなぁ。横に寝ていられるのはいいけど。一瞬、本当に眠りそうになりましたがここで眠るのはヤバイですね(笑)。汗はもちろん、猛烈な勢いで出ました。お好きな人はこれがいいんでしょう。何故か分かりませんが岩盤浴と言えば女性のもの、男はサウナに行ってろ、という世の中のようですけど、なんなんだろう、その棲み分けは。

 ここらでは静岡駅行きバスは1時間に3本あるので帰りは心配無し。ただし私が戻るのが清水なので、「千代田小学校」で降りて東静岡駅まで歩いて戻りました。この、東静岡駅がまた驚きだったのですが、それはまた後日のネタに。

テーマ:温泉旅行 - ジャンル:旅行

【2008/03/30 09:03】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<新蒲原の御殿山さくら祭りと興津の清見寺 | ホーム | 大岡川(弘明寺)の夜桜>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://miracleofthefishes.blog26.fc2.com/tb.php/36-576b41e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。