「Miracle of the Fishes」のkubosakuのブログです。 こちらは緩く気楽に行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
2013年初釣り! アマダイ大感謝祭!
 2013年になりました。明けましておめでとうございますというには遅いですが、本年もよろしくお願い致します。

 さて、Miracle掲示板にて既報の、1月4日(金)、2013年初釣りの記録です。

 北寄りの風が強めとの天気予報から、東京湾や東伊豆は無理と判断、こんな時は真鶴しかない。真鶴へは昨年、結果的に釣り納めとなった釣行で行ってましたが、しょぼっとした釣果がやや残念でした。そこで、アマダイよ今度こそ!と、緒方さんへ電話。今年は1/4(金)をお休みにしている人も多かったろうと思いましたが、それでも平日らしく、前日お昼前の電話でも、大人気の緒方さんの2馬力船を予約できました。

 貸しボートおがたが大人気なのは、2馬力船でたった5,000円(+駐車場800円)という安さとお人柄もさることながら、パラシュートアンカーやライフジャケットはもちろん、ボートは生け簀付き、1つor2つの竿受けが固定されている、タモ網、バケツ、ションペット、ついでに灰皿(私は要らないが)まで貸していただける、椅子に座って釣りができるから腰にも優しい、等々、至れりつくせりのサービスも素晴らしいからです。5,000円は本当に安すぎますよ、もっと取ってもいいのに、と申し上げると、いろんなご事情が(以下略)。めげずに頑張っていただきたいです。

 さて、以上のようにいいことづくめのようですが、最大の問題点は、初めて操作する2馬力船を、ドン深とはいえ両岸が岩礁に挟まれた幅の狭い浜で180度回転させるところからスタートしなければいけない、というところです。これが、運動音痴にはけっこう危険なのです。私が初めてこれを操船した時は、風が吹いて流されやすい状況であったせいもあり(と天気のせいにしつつ・・・)、かなり怒られましたし、昨年末に何年かぶりに行った時も「それじゃだめ、戻してやり直して」てな感じで教育的指導を受けました。また、行っていい場所、いけない場所、やってはダメなこと等々、初めての方は十分御指導いただいてからスタートして下さいませ。

 釣りの詳細は先のMiracle掲示板、および後に更新するであろうMiracle HPの釣行記をご参照下さい。HPはホントにUpするの?と、我が事ながら心配になるほど1年以上放置してますが、そろそろやります。

 今回アカアマダイが釣れたのは水深75mほど、最初に23cmが釣れたポイント近辺をしつこく流しました。GPSを使っていれば、簡単にピンポイントに戻れて超楽ちんです。最大が釣れたのは9:30頃、元のポイントから10mと離れていないポイントで、オモリを底から2m巻き(仕掛けが2m)、3mまでゆっくり巻いた所でグググッと竿が入る(※海面に上がるまで時間が掛かるので、少し底を切ったところでGPSにポイント記録することを忘れてはいけない)。アマダイと確信できる引き、中層でもそこそこの抵抗、最後は潮下にポコッと、今まで見たこともないようなでっかいアカアマダイが浮き上がる。アタマがヤバイくらいでかい。48cmもあった。もちろん自己記録を大更新!


 さらに、100mほどずれた所で10:15頃にも40cmが上がる。
 さっきの48cmと並べて。こうして撮るとサイズがよく分かりませんが(画像を圧縮しすぎって話も)、2本の赤い矢印の間が50cmなので、それでご想像して下さい。

 10時半頃でアマダイ狙いを終わりにして浅めの所へ移動。11時頃、35mで何やら掛かる。ホウボウかな?と思ったら、ミノカサゴ。
 



 本日は餌取りが全然釣れなかったので・・・
 カモメ(セグロカモメ)へのエサはナシよ。

 ※ちなみに小魚が釣れても給餌しないが吉。給餌するなら最後にまとめて。カモメが3-4羽も寄ると、熾烈なエサの奪い合いの結果、浮いた小魚を針から外す前に(ボートに取り込む前、針についたまま海面に浮いている時に)取りに来るほど殺伐として、いずれカモメが釣れるんじゃないかというほどになって危険です。うきぶくろの無い(or膨らみにくい)魚で、すぐ泳いで潜ってくれるヤツならリリースできますけどね、そんなヤツはサバ/イワシ類とトラギス類くらいしかいない。だから、外道で釣れた小魚も小さいアマダイも全て、基本、持って帰るしかしょうがない。

 13:30までとなっていますが、沖上がり11:45で余裕の終了。

 帰り際、駐車場付近からの眺め。これまで何度も見た海ですが、こんなに輝いて見えたことはない、というくらい眩しい! 気持ちいい~! 、腕は、例の階段を重いクーラー抱えて登ったためプルプル震えておりましたが。

 釣り初めとして、これ以上のことはまず無いだろうというくらい、いや、当分これを越える釣果を得られる気がしないですが、今年も地道にやっていきたいです。

 アカアマダイ、48cm(1.13kg)と40cm(0.76kg)。(まな板の長さが41cm)

 アカアマダイ、31cm、23cm、21cm×2、ミノカサゴ27cm、アラ15cm

 ゴマサバ37-38cm×4


記念撮影

テーマ:釣り・フィッシング - ジャンル:スポーツ

【2013/01/07 21:21】 | 釣り | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<秋ウコン植え付け~収獲の記録 | ホーム | Whitfieldia elongata と Pavonia intermedia>>
コメント
こんばんは。

私がブログで発信したせいか、その後緒方さん賑わっているようです。良かったのか、悪かったのか?

今回は本当に素晴らしい釣果です。アマダイ釣りが好きですが、実は真鶴は一回も行ったことがありません。急深で、アマダイの好釣り場ということは分かっていますが、やはり最初のボート屋さんは敷居が高いです。それと、何とか多賀でも釣れないことはないので、つい多賀に行ってしまうということがあるかも(多賀も、Kubosaku様のレポがキッカケで行くようになりました)。

お子様大きくなりましたね。何だか、お喰い始めの赤ちゃんだったころが信じられないくらいです。それだけ、自分も歳をとったかな?

また、色々御教授いただけると幸甚です。
【2013/01/16 00:04】 URL | かれいふぁん #iaUTlHwA[ 編集] | page top↑
かれいふぁん様、コメントありがとうございます。
 私は、多賀ではアマダイ釣ったことはないんですけど・・・、あ、オニカサゴが交通事故で来ましたが、あんなレポですらきっかけにしていただけたとはありがたいやらお恥ずかしいやら・・・(笑)。
 アマダイに関しては、かれいふぁんさんの方がよほど釣っております!こちらこそご教示願いたいです! 多賀では、MAC前はマイ海図のお陰である程度押さえているつもりですが、アマダイは全くワカリマセン!釣ったこと無いので(汗)。

 1月は年始早々、連日の釣り&好釣果で素晴らしかったですね!私はその後、1/12に葉山に行ってましたが(いずれどっちかで書きますが)、ショボショボでした。

 そういえば、多賀のマダイでお食い初めを出来ていたんですねぇ、憶えていて下さるとはこれまた恐縮です。あの時は釣れて、本当に幸いなことでした。

 あ、あと、かれいふぁんさんのブログ拝見して、松笠揚げを初めて作ったんですが、コツ(乾かさない、がキモかと思いました)を拝見したお陰で、けっこう上手く行きました。あの触感、ちょっとやみつきになりそうでイイですね。ウロコ付きの皮を素揚げすればいいんだから、他の魚でもできるんじゃないかなぁなんて思うのですが、機会あれば実験してみます。
【2013/01/16 22:41】 URL | kubosaku #SFo5/nok[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://miracleofthefishes.blog26.fc2.com/tb.php/340-7253ba62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。