「Miracle of the Fishes」のkubosakuのブログです。 こちらは緩く気楽に行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Whitfieldia elongata と Pavonia intermedia
 職場で冬越しさせてもらうことにしたWhitfieldia elongata(ウィットフィルディア・エロンガタ、通称:ホワイト・キャンドル)およびPavonia intermedia(パヴォニア・インテルメディア、通称無し)。前者は売れ残りバーゲン株から、後者はポット苗から育てたもので、いずれも大きい園芸店なら機会は少ないけど商品としても見られる種類です。植物園の温室ではよく見る種ですが、耐寒性の問題から、個人で育てている人は少なそうなので、大きく育ててみようとチャレンジ中。


 11月中旬から咲き始めたWhitfieldia elongata。キツネノマゴ科。買ってから1年半ほど。ここは日当たりのよい室内で、土日や夜間に空調は止まっているけど底冷えするほど寒くなってないだろうし、だいぶ調子が上がってきたようで、次々と咲いております。昨年は自宅室内でかなり寒かったのでしょう、完全死亡にはならなかったけどダメージは大きかったようで春の復活は大幅に遅れ、開花が夏に間に合わなかった。無加温室内でも保つとはいえ、ある程度以上暖かくして越冬しないと、復活に時間が掛かりすぎて結局開花を楽しめるモノにはならない、ということですね。


 Pavonia intermedia。アオイ科。買ってから半年経った。こちらは開花直前の高さ40cmほどの株から育てたもので、その後もずっと真っ直ぐのびて咲いてます。現在高さ80cm強。株元がややぐらぐらしていて、根が死にかけていないかとやや心配があるものの・・・、大丈夫だといいんだけど。とりあえず、新しい葉や花は緩慢に開いてきています。多分、自宅室内でも切り戻して越冬できると思うけど、蕾が次々と付いてそこを切ってしまうのはもったいないので、会社で咲いてもらうことに致した次第。


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2012/11/24 23:59】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<2013年初釣り! アマダイ大感謝祭! | ホーム | 成育中(パイナップル、クリスマスローズ、その他諸々)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://miracleofthefishes.blog26.fc2.com/tb.php/339-fb7bcc63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。