「Miracle of the Fishes」のkubosakuのブログです。 こちらは緩く気楽に行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
梅雨時の青い花
 久しぶりの更新となりましたが・・・、関東地方は先週から梅雨入りし、鬱陶しい季節になりましたが、まだ暑さが厳しくないから許せますかね。これに暑さが加わると不快指数はイッキに急上昇だなぁ。
 そんな梅雨空の下ですが、お花の方はモノによっては元気一杯、今回は涼しげな青~紫の花を集めてみました。



 花菖蒲が咲きました。買ったのは5年前。そして開花も、購入初年以来の5年ぶり! 残念ながら、ラベルを捨てていて品種不明ですが、形から肥後系であるのは間違い無い。花の径は20cmほどと大輪、花茎は80cmと長め。ネット等で必死で調べた結果、絵合わせ的には「鳳山」かなぁ・・・と思われましたが、花菖蒲の品種名を後から調べるなんて無理だよね。
 この株、買った初年は、既に花芽が株に付いていたのでしょう、咲いてくれましたが、その後2年は植え替えをサボったせいで衰退の一途を辿り、3年目に一念発起して植え替え、4年目も植え替え、そして5年目でやっと開花するまでに復活させることができました。花が咲きそうな株が、5株あったんですけど、どうも他のは花芽が出そうもない。どれも、葉っぱは、かなり大振りで元気に伸びているのだけど。
(6月17日追記:翌日、横須賀しょうぶ園に行ったのですが、そこで見た中では「渡津海(わだつみ)」に猛烈に似ておりました。開花期は同じだし、リンク先では草丈60cmとあるけどしょうぶ園の現物ではウチのと同じくらい80cm級でそこそこ標準的な草丈だったし、「よく普及している」という記述もそれっぽい。)


 ガクアジサイです。2枚目のように、両性花の雄しべのキラキラが出ている1~2週間が最高の見頃です。受粉してしまうと、装飾花がだら~んと下を向いてしまい、ガクアジサイの見頃は終わってしまいます。玉状の、全部装飾花になっているアジサイでは、見頃はもうちょっと長そうなのですが。


 トリテレイア・ルディーです。晴れていると、えらくキリッと鮮やかな、現物より美しい(笑)写真を撮りやすいお花だと思います。雨に当たると、花茎が細いのでだら~んとしてイマイチ冴えない。こいつは、植えてから、毎年花が見れています。植えっぱなしOK!とかよく書かれていますが、まさしくその通りで管理は簡単。でも、こんな風にキレイに見れる瞬間はけっこう短い。葉は、ひょろひょろだら~んと地を這って伸びるので、これ単独で植わっていると足下が見苦しいのではないか、と想像されます。


 インテグリフォリア系クレマチスの「籠口(ロウグチ)」。これは1週間前の写真で、1番花、というか、茎先端付近の花が4つ開花していたころ。一昨日でこの4花は散り、今日あたりは、少し下の蕾が膨らんできております。今後、茎の下の方の蕾が順次開花していくようですが、小苗からの購入2年目にして、20輪くらいは拝めそうで嬉しいです。


 早咲き大輪系クレマチスの「スイセイ2号」の2番花。1番花と比べると、一番外側以外の花弁がだいぶ小さく萎縮しており、いまいちきれいな花になりそうもない。肥料が足りなかったか、なんだったかはワカリマセンが、1,500円くらいの大苗とはいえ、購入1年目でこれだけ次々と蕾が出てきてくれる元気があるだけでもありがたいかも。まだ7-8輪の蕾がありますが、この画像でも花の右~右上に蕾が3つ、写り込んでいます。これを育てている方のブログ拝見すると、株が大きくなれば2番花以降も1番花同様のきれいな花が咲くようなので、ウチも頑張ろう。

と、こんなクソ小さい庭でも青~紫の花だけでこれだけあったとは意外だなぁ。 その他の色の花は、時間があればまた後日・・・。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2012/06/16 22:49】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<横須賀しょうぶ園 | ホーム | バラ "スヴニール・ドゥ・ドクトール・ジャメイン" など>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://miracleofthefishes.blog26.fc2.com/tb.php/317-df115be3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。