「Miracle of the Fishes」のkubosakuのブログです。 こちらは緩く気楽に行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Echiumたち
 今年開花しないと思う(というか、咲かないことを前提に管理していた)のですが、エキウムたちが今こんな状態であるということをメモっておきます。


 2年前の秋に種を撒き、1夏2冬を越えたEchium wildpretii。6号のロングスリット鉢。中心部がこんな感じなんですが、まぁ今年は咲かないでしょう。というか、咲いてしまっては困るんだけど。
 昨年、6号鉢で開花していたE. wildpretiiをヨネヤマプランテーションで見たんですけど(非売品)、鉢サイズに合って花穂は40cm程度と小さくて、こんな風に咲かせちゃ面白くないと思ったし。
 なお、咲かないつもりだったこともあり、未だ肥料をほとんどやっていないのですが、葉の色が黄緑色に薄くなってきたようで、少しは肥料をやった方が良かったかな・・・?





 同じく、1夏2冬を越えたEchium virescens。6号ロングスリット鉢。上部でかなり分枝しています。また、根元からも分枝しそうですが、こういうのはちょろちょろと出ては消えていたので、下の方の芽は生き残れないかな・・・? でも、原産地での画像を見ると、こうして株元からも旺盛に分枝して巨大化しているようなんですが。


 その他の鉢もこんな感じで、秋に6号スリットに植え替えたやつはそこそこ大きくなってきている。


 この画像の奥の方に小さい苗が見えますが、これらも1夏2冬を越えた株。ただし、10cm程度のポリポットに入れたままなので大きくなっていない。



 こちらは昨年の秋に種まきして4ヶ月ほど経ったEchium 'Pink Fountain'。この冬に1回、思いっきり霜に当ててしまった。こんな小さなポリポットでも霜柱が立って、表土ごと苗が持ち上がり、根っこがブチブチ切れててしまったようで、一部の芽は死んでしまいました。しかし、ポリポットの数はどうにか減らさずに済みました。実はごく最近まで、残った芽もホントは死んでるんじゃないかと不安でしたが、最近の動きを見ていると大丈夫っぽいのでちょっと安心しているところ。
 これまでの冬だったら、我が家近辺(横浜南部平地)ではポリポットにまで霜が出ることは無かったはずですが、今年は小苗にはかなり厳しいレベルの霜柱の立つ日が4~5日ほどありました。そのうち、1日だけうっかり当ててしまったわけですが、その他の霜の日は室内に取り込んで回避しました。
 苗の生育がいまいち良くない感じもしますが、土の粒度をだいぶ大きめにしているので初期成長が多少悪いのはある程度覚悟の上。

 大型Echiumは促成で2年で咲かせるという考え方もあると思いますが、私は3年じっくり育てる方が確実に大きく見事な花を咲かせられるだろうと思って、そのつもりで育てています。これで今年、6号鉢に植えているE. wildpretiiが全部咲いちゃったりしたら泣けてきますが。まぁ、そうなってもいいようにという保険で、10.5cmポリポットのままにしてある苗もある、ということなんですけど。

 3年で咲かせるつもりなら、この時点ではまだ10.5cmポリポットでもいいんじゃないかな~という気もするんだけど、さて、今後どうなることでしょう・・・?

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2012/03/04 08:44】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<カナリナの蕾?、クリスマスローズの開花、牡丹の芽 | ホーム | 冬~早春の花>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://miracleofthefishes.blog26.fc2.com/tb.php/295-2b130ce7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。