「Miracle of the Fishes」のkubosakuのブログです。 こちらは緩く気楽に行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Echium 'pink foutain' の開花
え~、ずっとEchium 'pink fountain' のつもりで育てていた株、5月6日に遂に開花! しかし、咲いてみたら青紫色、ピンクじゃないじゃん! ※その後咲く花はピンクになってきました、現在下の方は青紫~ピンクの斑、上の方はピンクとなっており、やはり'pink fountain'でした(5/12追記)。



 この色、および後の方で書いたpink fountainの由来を考えるに、これはエキウム・ピニナナ (Echium pininana) じゃないか?とも思うのだけど、ピンクファウンテンとはいえ、だいぶ青いピンクなのかもしれない。もしくは個体差が大きくて、たまたま青紫に近いピンクファウンテンだったのかもしれない。一番上の画像の左側のややでかい個体も昨日咲いたのですが、同じ青紫花でした。※こちらの大きい株もピンクの花が咲くようになってきました(5/12追記)。ひょっとするともう少しすると色あせてピンクになるのかもしれない。まぁ赤でも青でもピンクでも構わない、こうやって大型エキウムで開花まで漕ぎ着けたことは、まだ5年にも満たない園芸趣味人生においての最大の成果であり、またたいへんな喜びでございます。しかしですね、感動!という気分ももちろんあるけれど、まだ満開を迎えていないからか、心配だ!という気持ちの方がまだまだ強いですねぇ。本日から4日間、雨の予報が続いていること、明日は大した風は吹きませんが、天気図を見ると明後日・明明後日は雨と併せて風がけっこう吹きそう、というのがとっても心配。台風1号は早々に温帯低気圧となり消滅する予測になっているけど、前線が近く、等圧線の間隔が詰まってくるので。Echiumには支柱を立ててるので大丈夫だと思いますが、こいつらの手前のジギタリスやカンパニュラがヘニョヘニョで、今朝、支柱とリングを追加しておきました。

 つぼみがピンクで、開花すると青紫になるのですねぇ。E. pininanaの他、E. vulgareもそんな色変化をするようです。※しつこいですが、その後はピンク花が咲いてます(5/12追記)。現在のサイズ、鉢土表面からの高さで言うと、右のよく咲いている方が145cm、左が130cmですが、明らかに左の方ががっしりと太く大きく、もっと大きく育つはずで、近いうち右を追い越してくれることと思います。植物体の大きさの違いは鉢サイズの違いをそのまま反映していて、鉢サイズは左は12号くらい、右は10号です。秋の植え替え時では、右の株の方がよほど元気があった一方、左の方はマトモな根がごく僅かになるほどの酷い状態だったのだけど、鉢に応じて逆転してくれました。

 右側の見頃は恐らくあと数日から1週間後、左側はもうちょい先だろうと思います、いい絵が撮れたらまたUpします! しかし、あまりに細長くて1株2株じゃぁ写真が撮りにくくてしょうがない(笑)。

 こちらのサイトの他、方々を見ると、E. 'pink fountain' は赤いE. wildpretiiと青い E. pininana のハイブリッドとのことでして、自然交雑なのか、人工的に交配するのだかは知りませんが、こんな多花性の花でどうやって人工交配でハイブリッド作るんだよ!と思うんだけど。しかし、海外の質問掲示板みたいなところで、「wildpretiiとpinkfountainはたくさん育ててきたのだけど、pininanaはどう育てるの?」なんて質問も見たので、けっこうちゃんとhybridしてるのかなぁ。

 で、私のところに回ってきた種は、交配失敗でE. pininanaとして結実した、又は交配できたけど遺伝的にだいぶ青みがかった種だったのだろうと思うわけです。なお、元の種は、British Seed(日本の会社)から10粒1000円というトンデモ価格で買ったもの。当時、国内流通だけで入手する手段はこれしか無かった。今、同社ではpinkfountain等の種を扱っていないので国内の通販でpink fountainの種を手に入れることは不可能ではないか?と思いますが? 海外の種苗会社からなら、今も当時も買える状態です。海外の種苗会社はいくつもあるけど、昨年秋から育てているE. wildpretiiとE. virescensはドイツのwww.rareplants.deから買いました(ここではpinkfoutainはリストに無い)。
 E. 'Pink foutain'は、今見たところではChiltern SeedsではリストにあるがOut of Stock、Plant World Seedsでは在庫有り、のようです。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2011/05/10 23:33】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<ジャーマンアイリス 'サンタナ' の開花 | ホーム | クレマチスの丘(その2)>>
コメント
開花おめでとうございます~っ
念願のピンクファウンテンですね♪
うちもウィルドプレッティが開花し始めました。
日曜辺りには満開になるんじゃないかなぁと思います。
あと、今年は酷い咲き方をするであろうウィルドプレッティをお見せできると思います。
失敗するとこうなるんだよーという状態です(笑

最近はエキウムの認知度がかなりあがったせいかどこも種の在庫がなくなってきているようですね。
【2011/05/12 15:40】 URL | うめ #JalddpaA[ 編集] | page top↑
うめ様
 いやもう、お陰様でここまで辿り着きました。現段階では青紫からピンクのグラデーションって感じですがそれもまた味わいだと思います。

 最近行った港北のヨネヤマプランテーションでは6号鉢で開花しているウィルドプレッティが6鉢ありました。高さ60-70cm、花穂は30cmほどですが意外とこんもりとしていました。値札は付いてなかったので現段階では非売品のようでした。また、横浜のサカタのタネではファツオスムの分枝したけっこう大きい株を売ってるのも見ました。
 でも、どちらも下葉は枯れまくりであんまり生き生きしてなくて、本来のインパクトは全く伝わらず、普通の人目線からは惹きつけられるモノでは無かったですねぇ。
【2011/05/13 21:55】 URL | kubosaku #SFo5/nok[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://miracleofthefishes.blog26.fc2.com/tb.php/261-dfc0575f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。