「Miracle of the Fishes」のkubosakuのブログです。 こちらは緩く気楽に行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
クレマチスの丘(その1)
5月5日に静岡県長泉町の’クレマチスの丘’へ行ってきました。今はクレマチス最盛期じゃないけど、うちの早咲き大輪系も十分咲いているから、モンタナ系と早咲き大輪系が見頃かな~と思って出かけたのですが、まだ早かったみたい。アーマンディーの花は完全に無く、モンタナ系が咲き始め、早咲き大輪系も一部咲いている品種はあるけど、咲いてないものの方が多い。というわけでモンタナ&早咲き系の見頃は10日~2週間先ではないか?と思われました。ここクレマチスの丘は東名高速や国道246号からそんなに離れているわけでも無いのだけど、標高137mとのことでそれなりに富士の裾野を上ったところにあるせいか、訪問時ではチューリップが概ね見頃で遅咲き品種はまだつぼみだったほどなので、横浜の平地の感覚よりも2週間ほど前の状態だなぁと思いました。

 当日はGWの渋滞を避けるため早朝から動きました(GW前半ならもっと早い行動が必要だったことでしょう)。朝5時過ぎに家を出て7時に熱海着、ぶらぶらして8時から開く立ち寄り湯 (日航亭大湯) で朝風呂、9時に熱海を出て、熱函道路~三島二日町~1号線を箱根に向かい~東駿河環状道路の経路でほぼ順調に進み10時過ぎにはクレマチスの丘。クレマチスの丘の開場は10時ですが、到着時点で第一駐車場は埋まりかけでした。1時間半滞在し、11時40分頃に同所を出て、足柄SAで昼飯を食べ、それでも東名の渋滞には少々填って15時に帰宅。帰宅後には庭いじりの時間もでき、GW渋滞による酷い目にはあまり遭わずに回ってくることができました。

 実はクレマチスの丘へは、この2日前の5月3日に行こうとしていたのだけど、その時は渋滞予測を見た結果、比較的渋滞はマシっぽかったので8時半頃家を出たら、自然渋滞ではなく事故渋滞で保土ヶ谷バイパスが停止状態、裏道に回っても車はみっちり、やむなく引き返し中華街に行ったのですが(11:30頃着)、こちらももの凄い人出! どうにか駐車場には停められたけど、車のナンバーを見ると関東・東海各地から大集合、10台見ても横浜ナンバーが出てこないという凄まじい状態でした。もちろん昨今の事情から外国人は極めて少なく、ほとんど日本人だけでしたが、たいへんなごった返しぶりでした。人口密度が高いと、何をするにもタイヘンだね。

 話が逸れましたが、クレマチスの丘に戻すと。こちらは本来「ヴァンジ彫刻庭園美術館」であって、ヴァンジの彫刻作品が館内および庭園に展示されており、その庭園がクレマチスを主体とする植物によって彩られているというものです。学芸員もいて、お尋ねすれば彫刻の解説をしてくれるという、まさしく「彫刻美術館」。だけど、来ている人のほとんどは、花にしか興味無いんだろうな~なんて・・・。ヴァンジの彫刻に感動を覚える方もいらっしゃるのでしょうが、私には一切分からないのでそっちはスルーでスミマセン。

 以下、当日の写真を少々。

 おおよそこんな感じで、広い芝生に彫刻が点在、敷地周囲に花壇やクレマチスのトレリス、ポールがたくさん。新枝咲きの系統がまだちょっとしか伸びてきていないので、ポールは寂しい。敷地周囲のトレリス等々には早咲き/遅咲き大輪系の他、アーマンディー系の笹状の葉があちこちに混じっておりまして、3月のアーマンディーも見事かも、と想像されました、が、わざわざクレマチス見に3月に来ることはないよな~(笑)。


 早咲き大輪系の’面白(おもしろ)’。裏側がピンク、表側が白で、白い花弁の周囲がピンクに縁取られるように見える。ウチの庭用に買おうか悩んだ品種の一つなのだけど、白の中にピンクがだいぶ滲んで入っているので、見た時は思ったほど引き締まった感じじゃなかった、と思ったけど、写真にしてみると、淡い色のニュアンスが飛んでしまう結果、逆によりきれいに引き締まって見える、気がする。花は大きく剣弁花で、その点はイイですね。


 早咲き大輪系の’土岐’。花弁数が7~10枚とけっこう多く、花径も20cm近いものもある大輪。剣弁花かと思っていたけど調べてみると丸弁花とのこと。花径も12~15cmって書いてあるけどそうかなぁ?もっと大きかったと思うけど。私の勝手なイメージかもしれないけど、"丸弁"というだけでボテッとしている花をイメージしてしまうところ、これは花弁が細長くてシャープでイイ、と思いました。


 その他、早咲き大輪系で咲いているの、開きかけのものもありましたが、いい写真にならなかったので割愛。以下はモンタナ系。



 ラベルが見当たらなかったのですが、 'スプーネリ'か'スノーフレーク'か・・・?


 これもラベル無し、銅葉で濃いピンクなので'フレッダ'か。まだちょろっとしか咲いてなかったです。香りはこれが一番強かったかな~と思いました。


  これもラベル無し・・・、'ルーベンス'?'エリザベス'? わかんないね~。


 ‘スターライト’。まだそれほど大きい株には育っていない。



 ‘グリーンアイズ’。つぼみがいっぱいで今にも咲きそうなんだけど、開いていたのは1輪だけ。でも、自分で育てていればこれくらいの時が最もワクワク度が高いかも。


 次回は下草などの中からちょっと気になるその他の植物を載せます。

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

【2011/05/06 23:57】 | 植物園などの植物 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<クレマチスの丘(その2) | ホーム | 竿まきこぼし釣りによる川奈のイサキ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://miracleofthefishes.blog26.fc2.com/tb.php/259-4e3e311c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。