「Miracle of the Fishes」のkubosakuのブログです。 こちらは緩く気楽に行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
竿まきこぼし釣りによる川奈のイサキ
 4月29日、強風の続く日々の間隙を縫って、東伊豆・伊東の川奈にてボート釣りをしてきました。ボートを借りたのは、世界一腰の低いボート店主がお迎えしてくれる"川奈観光"。川奈に釣りに来たのは4年ぶり4回目。その4年前はオニカサゴ狙いの釣行でしたが、イサキ狙いで川奈に来たのは6年ぶりということになる。おお、だいぶ来なかったんだなぁ・・・、この季節、釣りに行ければ金田湾~伊勢町でカレイか、葉山でヒラメの方が行きやすいということもあって、なかなか川奈のイサキ狙いには来れないのです。
 今回は、訳あってコマセ釣りor竿マキコボシをやりたい!ということで、川奈でイサキ狙いとしたのでした。結果は以下のように32cmと35cm、計2尾だけとなりましたが、以前イサキ狙いで来た時はNS釣法伝道師のご指導の下で2尾or1尾をゲットしていたという状況でした。今回は一人で行って、同様に2尾釣れたわけで、けっこう難しい釣りものを相手に、個人的には十分評価できる結果になったと思います。詳細は毎度の如く、本家HP (Miracle of the Fishes)の掲示板、又はだいぶ後に(大汗)Upするであろう釣行記をご参照ください。

 その、イサキでございます。このイサキはホントーに、ヤバイくらい美味かった。包丁で身を削ぐ時にですね、シャリッっという、半分凍った霜降り牛肉を切るような感覚(そんな肉、切ったことないんだけどwwww)が伝わって来るのです。身が締まっているうえにほどよい脂が乗った魚ならではの刃当たり感、他の魚ではイシダイでも感じたことがあります。マダイもアジもカレイもマゴチも美味しいけど、これらはいくら脂が乗っていても、"切れ味からして美味いに決まっている!"という感覚に襲われたことは無い。


 マリネ。魚はちょろっとしか入ってませんが(笑)。マリネ液の配合はおおよそ、オリーブオイル100mL、白ワインビネガー70mL、塩小さじ1/2、砂糖小さじ1、粗挽きコショウ小さじ1/4、ディル(無ければパセリ等)のハーブのみじん切り適量。バットに塩・コショウを薄く振っておき、削ぎ切りにした魚の身をバットに並べ、さらに薄く塩・コショウをして、浮いた水分を吸い取るペーパータオルを上に敷いて20分以上冷蔵庫に置く。野菜はセロリ1本・キュウリ1/2本・よく水晒しをして辛みを抜いたタマネギ1/2個・トマト1個は必ず入れる。他、ミニアスパラ、さやいんげん、ブロッコリー、カリフラワー等のうちその時にスーパーで手に入るものも使うが、これらは1分程度塩ゆでして冷水で冷ます。イチョウ切り風のりんご1/3個分も必須。以上を混ぜて、レモン1/4~/2個分を絞って、マリネ液も投入、ローリエを2-3枚入れてよく混ぜ、絡ませる。1晩置いた方が味がまろやかになって良いのだが、ほとんど作ってすぐ食べてしまう。余って翌朝とか食べると"やっぱ置いた方がずっと美味いね"なんて思うのだけど、作るのにも時間がかかるため(魚の下処理もさることながら、野菜を切るのがタイヘン)、作った日の晩ご飯に食べてしまわざるを得ない。


 刺身と焼霜造り。「新鮮な魚は刺身が一番」と、ほとんど誰もが口走るセリフがあるが、本当にそうか? 確かに刺身は新鮮な魚ならではの食べ方だが、普通の魚でも美味しくいただける料理を新鮮な魚でやってしまったら、それはもっと美味い料理になっている、という風にも考えられます。
 えーっと、刺身の写真出してる所で書くことじゃないですね(笑)。もちろん、刺身もちょー美味しかったですよ!!!


 骨湯。本来はアラを塩焼きにして、お湯をぶっかける、ゴマとアサツキを散らす、というシンプルな汁物であるが、塩加減は非常に難しい。なので、私は、アラを塩焼きにして、沸騰したお湯に投入、30秒程度煮て、味を見て、適度な味になるように塩を加える、という方法でやってます。今回はアサツキ買い忘れにつき、ゴマをふっただけ。


 カルパッチョ?海鮮サラダ? ソースは粒マスタード、オリーブオイル、白ワインビネガー、レモン、塩、コショウで作りましたが、美しくかけられる技術と道具が無いので、オリーブオイルだけさっとかけて、ソースは食べる時のドレッシングとして別皿で。そうすると、ますますカルパッチョというより海鮮サラダか。 魚には、マリネと同様に塩コショウをしてバットで20分以上置きます。私的には、魚には怖がらずしっかり塩コショウをする方が、うまくいくと思います。


 洋風酒蒸し。レシピはこちら。今回は、"キャベツが美味い"ということでキャベツを多めに投入したら、水が出過ぎでしまった。まぁそれでも十分美味かったけどね。マッシュルームの在庫が無く、舞茸でやりましたが、それもアリだけど、やはりマッシュルームの方がイイ!と思います。

テーマ:釣り・フィッシング - ジャンル:スポーツ

【2011/05/02 23:58】 | 釣り | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<クレマチスの丘(その1) | ホーム | 牡丹 '笑獅子' が開花!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://miracleofthefishes.blog26.fc2.com/tb.php/258-98d5f43f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。