「Miracle of the Fishes」のkubosakuのブログです。 こちらは緩く気楽に行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
デスクトップパソコンのデータ用HDを簡単・快適に入れ替える
 以前、自宅のノートPCで裸のHDをこうやって使ってます、ということを書きましたが、今日は、会社では同じHDをこうやって使っています、ということについて書きます。


 まずは会社のPCです。DELL XPS 710。このPCにまつわるエトセトラはまた書きたいと思いますが、なにを間違ったか、実はほとんど3Dゲーマー向けのモデルだそうな・・・。もちろん、ゲームじゃなくて仕事に使ってるんですがw これの上から2段目の5インチベイに、↓のものを装着することによりSATAのHDを簡単に脱着できるのです。
http://shop.tsukumo.co.jp/special/060412a/
↑Tsukumo のSATA HDDリムーバブルケース、ex Naked (EX-SARC1B) というものです。



 取り付け部分の拡大画像です。もうすこしHDを奥にスライドさせて、右に開いている扉を閉めてやればそれでOK!外す時は、下記のようにソフト的に「安全な取り外し」をした上で、フタを開ければHDが出てきます。ex NakedのHPにちゃんと書いてありますが、端子の接触のさせ方もなかなか秀逸で、長持ちしそうでとっても簡単です。

 ただ、これを付けただけでは、HDの熱がどうにも逃げず、(使っているHDが、発熱しやすいというせいもあり、)取り出した時にはアチチチッ!てな温度にまで上がって、ちょっとヤバイ。そこで、風を当ててやらねばと、いいファンが無いか、かなり調べました。

 すると、5インチベイに装着するファンクーラーは、筐体内の空気を外へ排気するタイプがほとんどでした。排気でもダメでは無いのですが、私のHPは下半分が前面吸気・背面排気になっているので、上の方も前面吸気にした方が、HP筐体内全体のエアフローを考えれば絶対にいいはずだ、と思い、とにかく「吸気」してくれる5インチベイユニットを探しました。

 5インチのフロント部から吸気して、吸気した空気を真下へ吹き付ける、という構造のものは、1点だけネットで発見したのですが、秋葉原のツートップでそのプリントアウトしたのを見せて聞くと、「1年前に生産中止になっていました」とのこと。

 上述のex Nakedのページで紹介されている「鎌平」は、5インチベイ3段使って前面からまっすぐ後ろに風を送る、又は、5インチベイ1段で真下に空気を送る、ということができます。1段で真下に空気を送る設置というのは、私の希望にかなり近いものでした。しかし、その設置方法では鎌平の設置された前面が塞がるので、吹き付けられる空気は筐体内の空気であり(筐体の隙間そこかしこから外部の空気を吸入する補助にはなるかもしれないが)、下手をすれば筐体内の空気をただ循環するだけであまり効率の良い冷却にはならない可能性もあると思いました。

 鎌平を1段式で下向きに吹き付けるよう設置して、さらに上1段の5インチベイを空にして、フィルターでも張ってそこから吸気する、という手も良い方法かも、と思いました。しかし、なんかそれだけで2段も使うのは納得いかん。まぁ、ベイは1つ、空いているんですけど。

 最終的には、ハードディスクに直付けする冷却ファンで、HDに直に風を当てる構造になっているものがありますので、それを「5インチベイに3.5インチパーツを取り付けるためのパーツ」に、下向きに風が出るよう固定して、ex Nakedの1段上の5インチベイに取り付ける、という、方法を採りました。ちょっと、日本語として分かりにくいですかねwww

つまり、このてのもの↓
http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=TK-FDD2
に、このてのもの↓
http://www.scythe.co.jp/cooler/20050224-124702.html
をくっつけて、
ex nakedのベイの上に取り付ける、ということです。
上3つの写真ではフィルター代わりに白いナイロンのネット地が付いていましたが、それを外すと

こんな感じです。

筐体を開けて部品外してまで写真撮るのが面倒なので、説明はこれでご勘弁を。付けたファンの回転数は、確か1200か1500rpmだったと思いますが、それでHDDは十分冷えて、仕上がりは上々。

 なお、ex Nakedだけだと、USBで外付けデバイスを接続したときに右下に出てくる「ハードウェアの安全な取り外し」のようなものが出てこないので、そのままでは「安全な取り外し」が保証されません(初めは気にせずそのまま外していたけど、本当はたいへんよろしくないことだったみたい)。理由は、外す(電源を切る)前に、HDの回転を止めてやらなければいけないからです。

 SATA接続ドライブの安全な取り外しのために必要な「HotSwap」というシステムにハードウェアが対応していなければいけないのですが、そのようなソフト、またはドライバが添付されていないハードウェアを使っている場合は、「HotSwap!」というソフトを入れればOKです↓
http://mysite.verizon.net/kaakoon/hotswap/index_jpn.htm

 以上で、快適に、HDを付けたり外したり、またハードに使い込んだりできるわけです! もちろん、複数のHDをガチャガチャ入れ替えることだってできます! まぁ、私の場合は、バックアップを取るときくらいしか、複数HDを使う機会は無いんですけど。

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

【2008/02/27 23:55】 | パソコン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ひなまつりのちらし寿司 | ホーム | フェンネルとデージー>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://miracleofthefishes.blog26.fc2.com/tb.php/25-651b1283
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。