「Miracle of the Fishes」のkubosakuのブログです。 こちらは緩く気楽に行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
グロッパ・グランディフローラ(シャムの舞姫)
 グロッバ・グランディフローラ(Globba grandiflora, シャムの舞姫)が開花中ですが、もう終盤です。
 これは5月下旬に球根(ショウガ科ですが、生姜の塊根よりはかなり細い、アルストロメリアみたいな感じ)を植えて、7月上旬に芽が出て、8月下旬に花が咲いた(というか苞が開いてきた)、という育ち方をしました。8月下旬に出てきた苞が、時々山吹色の花を咲かせながら2ヶ月経った今まで保っているのですから、次々と苞が立ち上がるほど株があれば、2ヶ月近く、楽しく豪華に楽しめそうです。うちのでは茎が4-5本立っていますが、2つめの花(画像では右上の白い苞)が出てきたのが2-3日前でした。もう朝晩はひんやりとするくらい涼しくなってしまったので、これはろくに咲かないうちに終わってしまうことでしょう。ちなみに苞は初め白く、だんだん紫色に色づいてきます。
 それにしても、猛暑の時に弱気に日陰に移したせいか、色が薄くてこんな風な濃い紫色にはならなかったですねぇ。高温多湿には強いはずですが、あまりの暑さで土がすぐ乾いてしまうので日陰に置いたのですが、水受け皿を敷いて水溜めたままにしてみる、という実験をしても良かったかもしれません。


 こちらは1つめの苞が出てきた頃、8月26日の様子。

 こちらはその2日後、8月28日、左上に山吹色の花が1つ咲いています。苞から伸びているがくの先から黄色い花が立ち上がるように咲く、という、「うわっ、熱帯植物っぽい!」という感じでして、非常に奇特な咲き方をします。黄色の花は短命で1日でしぼんだと思います。まとめて黄色の花が咲いたら超面白いでしょうが、残念ながら花はポツポツとしか見れませんでした。

 銅葉ダリアの"ブラックナイト"。9月中旬に苗で買って植えたもの。買った時点で付いていた葉は銅色でしたが、すぐうどんこ病が出てきたので古い葉は殆ど摘み取り、花も買った時以降はしばらく咲きませんでした。薬剤をぶっかけて復活しましたが、新しい葉はみんな緑色!若干、暗い色の片鱗はあるんですけど。まぁでも、こうして開花に漕ぎ着けられて良かったです。
 そうそう、この画像の左上の赤い花はアオギリ科の「ゴジカ(午時花, Pentapetes phoenicea)」。こちらも9月中旬に苗を買ったもの。熱帯アジア原産の多年草ですが、日本の冬はダメなのでしょう、日本では一年草だそうです。葉はギザギザしていて細長く、花は朱色で直径3-4cmほど、昼ごろ開き、夜はまだ保ってますが、翌朝には花が丸ごと落ちています。大株になって次々と咲いてくれれば面白いでしょう。温室に入れれば多年草として大型化するのでしょうが、1属1種でバリエーションも豊富じゃないので萌えて育てている人はあんまりいないんじゃないかなぁと。ただただ物珍しい、というだけで植えてみましたが、やっぱり私的にも萌えませんね(笑)。


 こっちのナデシコも9月中旬に開花苗を植えただけですけど・・・、やはり購入時の花と蕾が一通り咲いた後はいったん花はお休みとなり、1ヶ月弱でまたこうして咲き始めてきました。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2010/10/21 20:03】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<クレマチスの導入 | ホーム | 例年通りに開花中(オキザリスパルマピンク、他)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://miracleofthefishes.blog26.fc2.com/tb.php/233-46fec9c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。