「Miracle of the Fishes」のkubosakuのブログです。 こちらは緩く気楽に行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Echiumの途中経過と発芽
 2年前の9月末に撒いてから2年経ったEchium Pink Fountainです。最初に発芽したのは初年の梅雨で枯死しましたが、2番目・3番目に発芽(3番目はなんと2月に発芽!)したのが生き残って、冬を越せれば次の5月に開花か?という状態になってきました。

 ウチの庭には珍しい、カマキリがちょこねんと載っておりました。茎の高さは高い方で50cm、低い方で30cm。高い方は9号の菊鉢、用土はほぼ赤玉土のみ。もう一方の低い方は6号くらいの長めの鉢で、土は水はけを考えた上でいろいろ混合した土。どうでしょうねぇ~、後者の方が今のところはまとまりがいい感じに見えますが、よく分かりません。夏期はいずれも、会社の窓辺に置かせてもらいました。昨日、後者の方を菊鉢9号に植え替えましたが、根っこの活性はあんまり高く無かったなぁ。ちなみに用土は、他の植物で使用済み用土をふるいで分けて大きめの粒を主体でとってあった再利用の土を主体に、リサイクルの土やパーライト、少量の腐葉土を始めいろいろ混合してワケが分からない状態です。


 そのカマキリのアップ。

 隣の寒菊の鉢に移ったところでもう一枚。けっこう撮りやすい虫ですね。


 こちらは先週末、10/10か10/11に播種したEchium wildpretii、なんとたった5-6日で発芽してしまいました。種はrareplants.deからの輸入物。表示の粒数の倍以上は袋に入っていて何とも良心的でした。これだけさっさと発芽するとは、質や保管状態も良いのでしょう、きっと。


 こちらはEchium virescens。woodyとか書いてあるので多年草?とか思って、あんまり真面目に調べるのが面倒くさくなって(大汗)ポチッと買ってみてみたもの。後でもうちょっと調べてみたら多年草では無さそうでしたが・・・。

 とりあえず芽は出ましたが、その後、これとは違う緑色の芽も出てきたので、いきなりwildpretiiが混じっちゃった?!とか、やや焦っていますが今後の発芽状況をよく観察しないと。ちなみにwildpretiiの方が種は明瞭に大きかったです。発芽も全体的にwildpretiiの方が早いです。

 他にも4種類の種を注文しましたが、3種は寒いのはダメらしいので春巻きだろうと思いしばらくお蔵入り。Echiumと一緒に撒いたのはCanarina canariensis (Canary Islands Bellflower)というヤツですが、種はごく小粒。まだ芽は出ませんが、表土から見える種で表皮が破れたのがあるので、そろそろ発芽するかも。
 Canarina canariensisは秋から育ち始めて夏には休眠、根っこ(塊根)で夏越し、霜もダメ、春・秋のような快適な気候じゃないと良くないみたいで、常春のカナリア諸島産らしい贅沢ものです。しかし、夏はどうせ休眠してるんだから室内に入れてしまえば陽が当たる必要も無いし、冬も12月下旬-3月上旬に室内に入れるくらいでイケルんじゃないかなぁ・・・とか思うんだけど、さて?

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2010/10/18 20:03】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<町田ダリア園(ブログでは3回目?) | ホーム | 銀座の「椿サロンsapporo」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://miracleofthefishes.blog26.fc2.com/tb.php/230-9c0b4280
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。