「Miracle of the Fishes」のkubosakuのブログです。 こちらは緩く気楽に行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
鯛の塩釜焼き&焼きおにぎり茶漬け
 多賀のマダイ(全長約30cm)で、我が家的には珍しいのを2品ほど作ってみましたのでUpしときます。見栄えほどチョー美味い!ってことは無かったのですけど(大汗)。



まずは、「鯛の塩釜焼き」。今回は以下のように作りました。
1) 鯛(全長30cmくらい)のウロコ・内臓・鰓を取り、きれいにして適宜切り目を入れる。
2) 腹にローズマリーとタイムを詰め込み、コショウを振る。
  身の切れ目にレモンとニンニクの薄切りを挟んでおく。
3) オーブンを220℃に予熱しておく。
4) 泡立てた卵白(卵1個分)に塩500gをざっくりと混ぜる。
  ※卵白は泡立てなくてもいいかも。
  ※今回は、この配合でも塩が少なくてややサラサラしている印象。
   ただ、卵白を泡立てなければこのくらいでちょうどいいのかも。
5) オーブンのパンにアルミホイルを敷き、4)の約半量をアルミホイル
  に載せ、タイムとローズマリーを敷く。
6) さらに魚を載せ、タイム・ローズマリーも少々載せ、4)の残りで魚を包む。
7) 魚っぽく模様を付けたければ付けて、オーブンに投入。
  ※ 4)で卵白を混ぜてから7)までの作業はさっさとやった方が良いらしいです。
8) 今回は220℃で45分としたが、十分すぎるくらい火が通っていた。
  220℃なら30~35分+予熱で良さそうな印象。

 以上、サイズが違えば時間も変わってくるでしょうが、こんな感じでした。

 「20分で5品作る」というある番組の企画で、オリエンタルラジオの藤森氏が「鯛の塩釜焼き」を作っているのを見て、まぁ粗っぽかったのは確かだけど、これで出来ちゃうんだ!とビックリして、やってみたくなったのでした。改めて作り方をネットで方々見てみると、普通にはオーブンで作る人が多くて、焼く温度・時間の設定は様々でした。藤森氏のように魚焼きグリルを使えば十数分で焼き上がるのでしょうが。
 ネット的には200℃1時間との記載が多い。私は普通にオーブン焼きをする時は「220℃で魚のサイズにより35~45分」という設定でした。以上のような情報を基に、じゃぁ今回も220℃45分でイケルかな、と思ってそうしてみました。結果、水分がだいぶ抜けていて、焼きすぎの印象。220℃なら30分+予熱くらいかなぁ。まぁ、またチャレンジします。
 そんな感じなので味は期待したほどでは無く、ハーブを腹に詰め込んで塩コショウしてソテーした方が楽で美味いと思っちゃいましたが(汗)。




こちらは「鯛の焼きおにぎりのお茶漬け」および「手毬焼きおにぎり」
 鯛は30cm前後の2尾分の頭・カマ・中骨といった「アラ」を素焼きにして、身をほぐし、炊きあがったごはん1合と混ぜ、同時にいりごまと醤油も少々混ぜる。やや平たいおにぎり状にして、フライパンで焼き目を付ける。手毬の方は小さい丸いおにぎりを作ってやはりフライパンで転がしながら焼く。大きい方の焼きおにぎりは、さらにカツオだしをかけてお茶漬けとして頂く。薬味は三つ葉が普通っぽいけど今回は小ねぎで。海苔を散らすのも良さそう。アラの身をほぐすのはやや根性要りますけど、切り身をほぐしてもオッケー。

 今回作ったのはおにぎりとして食べるにはちょうどいいくらいでしたが、かつおだしのお茶漬けにするには薄味で、お茶漬けでは塩か醤油を加える方が良かったかなぁという感じ。おにぎりには醤油味をしっかり効かせる、又は焼く時に醤油を塗りながら、の方が良かったか。



 手毬おにぎりは子供のつかみ食い用(笑)ということもあり、全般に薄味になったというのは言い訳?




ごちそうさまでした



・・・ま~飯粒だらけで・・・

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

【2010/01/23 22:26】 | 魚料理 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<鉄人28号と三國志英雄像@神戸市長田区 | ホーム | 東伊豆・多賀のボートで初釣り、好釣果!>>
コメント
お嬢さん大きくなりましたね~(^O^)

とてもかわいいです。
(うしろのネコも)

いつも魚の料理素晴らしいっす!

うちのかみさんも見習ってほしい(~_~;)
【2010/01/28 09:25】 URL | やまさん #N.vW.TCs[ 編集] | page top↑
やまさん
ちょっと忙しいうちに返信忘れてしまっておりました、スミマセン!!!
 子供は、うちの夫婦からパーツを拾ってきているというのに、よくぞまぁこうも可愛く育ってくれているものよと思いますよ、えぇ(笑)。と、どこの親も気持ちは似たようなものかもしれませんが。
 料理もお褒めいただきありがとうございます。でもね~、今回の食味は見た目ほど素晴らしくは無かったのです、塩加減、火加減というのは難しいですねぇ。

【2010/02/04 23:14】 URL | kubosaku #SFo5/nok[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://miracleofthefishes.blog26.fc2.com/tb.php/201-acdde89b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。