「Miracle of the Fishes」のkubosakuのブログです。 こちらは緩く気楽に行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ストレリチアとクワズイモ、株分けによるお裾分け
 いずれも、「ストレチリア」「クワイズモ」と、長らく間違えて覚えておりました(恥)。またつい先日まで、理科の再生実験や水槽で沸いて困る生き物として有名なプラナリアの和名、「ナミウズムシ」も「ナウミズムシ」と思い込んでおりまして(大恥)、どんだけこの手の勘違いしているのかと思うと恐ろしい。

 ストレリチアは「ゴクラクチョウカ」とも言い、学名はStrelitzia reginae(ストレリチア・レギネ)。クワズイモはAlocasia odora(アロカシア・オドラ)だそうで。これらは、いつもお世話になっているネコホテルのオーナーから株分けしていただいたものです。

 私自身、たびたび書いているとおり植物に興味が沸いたのがここ2年ほどで、それ以前は全く関心がない、従ってごくありふれた草花でも全く知らないものが未だたくさんある状態ですが、ストレリチアについては花屋の切り花でたびたび見ていて、あの個性的でカッコイイ花は何だ?と調べて覚えました。育て方を調べると、種から育てて3-4年で開花させている方の情報がいろいろヒットしまして、8-9ヶ月ほど前から急に興味が沸いていたところでした。

 それが、今年の9月終わり頃にネコホテルに行った際、ストレリチアが複数植わった横長コンテナが4-5個もあるのを発見しました。これまで3年ほどお世話になっているところなので、今まで何度も見ている筈なんですが、今頃になって気づいたというお恥ずかしい話なのですが、ともかく凄いものを発見したわけです。「凄いですね~、こんなにたくさんどうやって育てたんですか?!」「ハワイで買ってきた種から育てて、もう10年くらい経ちますかね、ここだけじゃなくて上の階にももっとたくさんあって・・・、冬でも戸外で保ってるんですよ。」なんて色々お話を伺っているうち、「株分けしましょうか?」なんて、思いも寄らぬお言葉をいただいてしまいました。いえ、決してそのようなことを期待して話を聞いた訳じゃないんですよ、ホントに。というわけで、ストレリチアの、けっこう大きい株を株分けでいただいてしまい、ついでに、と、小さいクワズイモも頂いたのでした。


 さて、いずれ種から育ててみようかなんて思っていたストレリチア、こんなサイズのを頂いてしまうなんてチョー嬉しいんですけど、きちっと根付いてくれるかしらん?頂いたのは10月初めで、その時点で花付きだったのですが、さすがに株分けで弱っているところ開花し続けるのは辛いみたいで、オレンジの花の開花速度が遅く、1つ咲いては次のが咲く前に枯れ、という、あまり見栄えの良い状態でも無かったため、1ヶ月後に花茎をカット。その後も外見上の変化は特にありませんが、まぁ大丈夫かな?今年の冬は室内に入れるつもり。

 もう一つのクワズイモ。中から、新芽がのぞいていますね。ホッ、生き還ったようです。株分け直後は、2つ付いていた葉が徐々に枯れるばかりで、さっそくご臨終かと思いましたが、色々調べてみると、株分け後のクワズイモは、葉が弱るのがデフォのようですね。新芽が出てくるまで我慢、我慢。今回の場合は、以下のような管理で大丈夫そうでしたよ、ということでメモっておきます。

(1) 10月初めに株分け。芋部は10cm程度、葉は2枚。
(2) 土:鹿沼土・腐葉土・赤玉土・珪酸白土・パーライトなど、一応排水性と水腐れにある程度配慮したつもりで土を配合。しかしその実はテキトーです(汗)。鉢は長めの6号?あれ、5号?。
(3) 肥料:元肥無し。液肥は気分で(2ヶ月間で計2~3回)ハイポネックス1000倍をやった。
(4) 場所:戸外で管理。屋根はあるけど雨は簡単に吹き込むような所、直射日光には午後に1-2時間当たるか当たらないかレベルの場所。
(5) 水:吹き込めば雨も当たるので、基本は自然の雨ですが、土が完全に乾いていたら水やりしました。季節柄&場所柄、なかなか乾かないので、雨が無ければ5~6日に1回程度の水やりだった。
(6) 枯れた葉は切り落とした。

・・・・という管理で、11月中旬に新芽を確認して安心できました。新芽を見るまで、すなわち11月上旬までは本気で「コイツはアカン」と思っていたくらいなので、捨てなくてよかった! もちろん、少なくとも今年は、冬は室内に入れる予定でございます。


 ついでにEchium pinkfountainの、生き残っている2株のうちの大きい方をUpしときます。播種後まる1年経っておりまして、発芽に成功したのは3つ。うち、最も早く発芽・生長したのは今年の梅雨時に死亡、今はこれと、もう1株、もっと小さいのがある、という状態。これは9号の菊鉢に植えているのですが、次の春に咲くのか咲かないのか・・・、できれば咲かずにもっと大きくなって欲しいと思う一方、もうこのへんで咲いてしまった方が無難でいいかもとか思ったり。まぁ、咲くか咲かないかはご本人次第ですかね。


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2009/12/08 08:36】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<開花中(クリスマスローズ、寒菊、シャコバサボテン) | ホーム | デンマークカクタス(トーア・ブリッタ)が開花間近>>
コメント
ご無沙汰しております~
冬越しの準備、これから大変ですよねぇ
エキウムも無事成長していそうで何よりです。
大きさをみると咲くか咲かないかぎりぎりのライン、うちも来年開花に向けて育てていますけど半々って感じです。

あと段々気づいてきたのですが、ウィルス病がありそうです。
毎年、1株~2株ほど葉の形がおかしくしわくちゃになり生育不良になるものがあります。
Miracleさんのは全然問題なさそうですね♪
【2009/12/15 15:54】 URL | うめ #JalddpaA[ 編集] | page top↑
うめ様
コメントありがとうございます!栄養繁殖でない、実生のもので元々ウィルスに感染しているということは無いと思うのですが・・・?! いえ、知識は中途半端なので自信は無いですが。

うちのはそうですか、開花ギリギリラインですか。まぁ開花はご本人任せとせざるを得ませんが、西向きしか無い我が家では梅雨越し・夏越しもかなり大きな課題でして、咲いてもらった方が無難なのですが、やっぱりもっと大きくなってから開花して欲しい!

うめさんのも、冬越しの木々の奥に、Echiumのそこそこ大きいのがあったのを私は見逃していません(笑)。あれも、来年咲くかどうかのラインですか?

【2009/12/21 21:32】 URL | kubosaku #SFo5/nok[ 編集] | page top↑
んーアブラムシとかから伝播したのかも知れないのですが、その辺もよくわかりません(笑

開花してくれるなー!って思うほど植物は気持ちを汲み取ってくれて(?)開花するものですよねぇ

よく先日の写真からエキウム見つけましたね・・・さすがです!
あの株は小さいので翌々年ですね。
今日、現在のエキウム記事をアップしたばかりですが、この写真の株は来年開花見込みです~開花しなかったりして・・
【2009/12/23 16:42】 URL | うめ #JalddpaA[ 編集] | page top↑
うめ様
 いやほんとに、ヘンに裏を読まれるのは困るので無心で行こうかなんて(笑)。
 Echium画像の大量Up、ありがとうございました。
 たいへんいい目の保養になりました、いや、あれで目の保養って思うのはおかしいですかね、でも、今後へのEchium欲を大量注入できましたよ。
【2009/12/28 23:45】 URL | kubosaku #SFo5/nok[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://miracleofthefishes.blog26.fc2.com/tb.php/198-987a517e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。