「Miracle of the Fishes」のkubosakuのブログです。 こちらは緩く気楽に行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
高知ぽかぽか温泉、ジャーマンアイリス「サンタナ」
 今週は仕事で高知に来ております。高知には年間トータルで5回くらい行っているのですが、さすがに柏島に出かけて釣りをするような時間は取れませんwww。

 そこまでは出来ないにしても、行き帰りや空いた時間に少々、方々を訪ねるくらいはしているところですが、高知市内で行くところと言えば桂浜と高知城くらいなもので、とうの昔に行ってるしな~。牧野植物園のある五台山には行きたいけど、もうちょっと花が賑やかな季節に行きたいかなと。あ、でも、今、牧野植物園の温室が老朽化で建て替える直前のようで、クロージングイベントとして、今は「ボタニックカフェ」と銘打って、温室内で蘭に囲まれた場所で優雅にお茶できます、というイベントをやっています。行けば良かったかなぁ・・・。五台山へ行くバスは土日祝日のみ運行で、平日は行きにくいんですよね、車が無いと。タクシーでも距離的にはそんなには無いんだけど。

 さて、前置きが長すぎましたが、今晩は高知駅からバスで5~6分、下りたバス停から5分程度の所にある「高知ぽかぽか温泉」に行ってきました。高知は温泉が少ないんですが、それなりに行きやすいところに温泉施設があったので行ってみることに。施設の雰囲気はほぼスーパー銭湯、新しくてきれいでした。入浴料は650円。

 行き方は、高知駅前(高知駅の南側の方)から、又は駅からすぐ南東の「相生町通」から乗った方が分かりやすいかもしれませんが、「高知県交通バス」の「」「トーメン団地」「田井」「高知営業所」「歴史民俗資料館」行きのバスに乗り、5-6分でバス停「南川添」、次が川を渡って「久万川大橋」で、最寄りはこの2つ、どっちでも良さそうです。ぽかぽか温泉は、バス通りから西へ100mほど入った所にあります。「久万川大橋」からだと、歩いて橋を渡って戻って右折、となります。

20090212_01.jpg


久万川のほとり、周囲にはたいして建物もない所に↑のような看板が大橋南側に煌々としておりますので迷うことはないでしょう。

 「弱アルカリ性高張性冷鉱泉」との標記で、pH7.9、泉温は21℃弱。沸かし湯です。沸かし湯でもいいところ、インパクトの強いところはたくさんあるし、冷鉱泉と言っても侮れません。
 ここのは、露天(まぁ、小さい空が見えるだけで味気ないけど)に源泉浴槽と書かれておりましたので、内湯は循環、露天は掛け流しということか? お湯はpH7.9とややアルカリですがヌルっと感は最初にカランの湯をさわったときにちょっと感じたくらい。カランの湯は源泉の沸かし湯っぽくて、カランが最も源泉ぽいという、下関で訪問した吉見温泉と同様の状態。ジャグジー風呂の頭のステンの枕の内部には冷水が流れているようで、ここが冷たくて頭を冷やしながら温泉に浸かれます。恐らく各地のスーパー銭湯にもあるのでしょうけど、私の体験では今年夏に広島の宇品天然温泉の時以来ということになりますけど、これは嬉しいポイントでした。

 お湯に浸かってしまえばなんだか普通っぽい湯で温泉独特の、ただのお水より温まる~!という感覚が薄いです。源泉の方は、にがりを薄めたような味が十分していて、それなりの成分が入っていそうな感じはします。とはいえ、全般にインパクトに欠けており、また来るか?と言われると、どうかな~? バスの本数もそんなに多くないし、ちょっと面倒かも。でも、このへんじゃぁ他が無いし、バスの時間さえ調べておけば乗ればあっという間だし・・・。と、今後どうしたものか、たいへん微妙な感じですwww。

20090212_01.jpg

 話はうってかわって、高知には公共交通機関からでもアクセスの良いところに意外とホームセンターがわらわらとあります。私は高知での仕事のうち1日は高知~安芸まで車で往復しているのですが、その際、片道40kmほどの道中に、大きいホームセンターが少なく見積もっても5軒はあります。高知でよく見かけるホームセンターは、ブリコ、ハマート、マルニ、です。で、野市のハマートに於いて、このジャーマンアイリス「サンタナ」をゲットしました。ジャーマンアイリス、かなりしばしば欲しくて手が出そうになっていたのだけど、場所の少ない我が家なので、赤茶色い系統でビビッと来るのを見るまでは買わない!と思っていたら、良い感じのものに出会ってしまったので買いました。サンタナって言うと、あのギタリストしかいないですよねぇ。何でこれがサンタナなんだろうな~と思ったら、ポイントは恐らく赤茶色い部分じゃなくて、黄色~白になっているあたりが太陽っぽくて、熱いラテンな雰囲気ということで「サンタナ」なのかな?と思いましたけど。

テーマ:温泉 - ジャンル:旅行

【2009/02/12 21:52】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<備中松山城(岡山県高梁市) | ホーム | クリスマスローズ(ピコティ)の開花・他>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://miracleofthefishes.blog26.fc2.com/tb.php/146-047935a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。