「Miracle of the Fishes」のkubosakuのブログです。 こちらは緩く気楽に行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
発芽中・成長中
 実際に育てている人以外は見てもしょうもないのばっかりですが、育てていると、こいつはこの時期、こんな状態でOKなのか?ということは結構気になるものなので、そういう情報としてUpしておきます。恐らくこの季節はこれでOKだろう、というものと、これは拙いだろうというものと両方あります。

 左上:ワトソニア・マルジナータ。左隅にはフェンネルがちょっと被ってます。10月中旬に植え付け、4週間弱で発芽、けっこう調子よく伸びています。5球中、発芽したのは3球。耐寒性はあるらしいですが、あんまり成長していると冬越しが上手くいかない場合もあるそうで、もうちょっと控えめに育っていて欲しかったのですが。フェンネルは丈夫で、夏過ぎてバッサリ切ったのですが、11月・12月でも、まだまだ根元から次々と新しい葉が出てきてます。時々サラダのドレッシングやマリネに突っ込んでいます。
 右上:トリテレイア・ルディー。10月上旬植え付け、1ヶ月半ほどで発芽。発芽率100%。これも、冬越し前に伸びすぎていない方がいいみたいだけど、ワトソニアよりは強そうな・・・、何となくですが。
 左下:チューリップ。なかなか時間が出来ず、植えたのは12月上旬。鉢植え。9球中、今のところ芽が出ているのは1つだけ。まぁでも、チューリップはこんなもんで大丈夫でしょう。
 右下:クロッカス。植えた時期は憶えていないけど11月上旬? 2種類、15球ほど植えたうち、つい最近、2つ芽が出てきました。

 左上:テッポウユリ。昨年3球植え、1球は腐って芽も出なかったけど、2球、立派に咲いてくれました。その2球の周辺に、木子から出たと思しき小さい芽が全部で13個も出てきました。増殖させたければ(開花まで3年くらい掛かりそうですが)これを植え替えて育てれば良いのでしょうが、そんな場所は無いのでブッコ抜いて処分してしまうつもり・・・・、だったのですが、勤め先の植え込みのどこかにゲリラ植えしようかな?!?!
 右上:スノードロップ。昨年、5球植えて全て順調に育ち、今年は11月中旬に2つ芽が出ました。その後は芽が出ず、球根は2つしか生き残らなかったのか?!と思ったら、昨日、新しい芽がもう一つ出てきました。のんびりと、残りの球からも芽が出てくれるのかもしれません。最初に発芽したもののうち、1つが葉がデロンとして柔らかくなったところがあり、やや心配。
 左下:土が割れて、スイセンが出てきそうな雰囲気ですが、この状態で10日ほど。なかなか顔を見せてくれません。スイセン(普通の初春に咲く品種)は3種植えていて、植えっぱなしで一夏超えたところ。位置的には昨年最も早く咲いたアイスキングっぽい。
 右下:猫の足跡。 たびたび、いらっしゃってほっくり返すんですよね~、野良猫が。多少の被害はあるものの、まだ甚大では無いので特別猫対策はやっていないのだけど。

 左上:オダマキ。昨年開花株を買ったもの。一度、これの鉢がけっ飛ばされて割れて道に転がっていましたが、その後も特に問題なく、新しい葉が中心部から出てきてくれています。
 右上:ルピナス。9月上旬に種まきしたもの。冬も戸外でいいと思うのですが、次の春(初夏)に咲かすには十分大きくする必要があり、少しは温かい方が育つはずなので、今は室内の窓際に置いています。小さい苗用の簡易温室を外に作ってそこに入れようか?とか考えているところ。
 左下:エキウム・ピンクファウンテン。9/24に播種したので、これで3ヶ月ですね。発芽率は1/7と成績が悪かったものの、唯一の芽が、順調に育っております。今は、屋内の窓際に置いていますが、けっこう良い調子で成長するようになりました。
 右下:イキシア・ビリディフローラ。いつ植えたか憶えていないけど11月下旬? 12/25頃に針のように細い鋭い芽が出てきました。

 ゴデチア・レンブラント。あまり育っていると冬越しが上手くいかないとのことで、10月中旬に種を撒いたのですが、ちょっと遅かったかなぁ? まぁ、根本的には、発芽前後の頃にセルトレイをひっくりかえしてしまったのが拙かったのでしょう。後から追加で種をまいてみて、それから発芽したと思しき小さい芽もちょっとありますが、それなりのサイズに育っているのは1つだけ。1株くらいは花が見れたらいいんだけど・・・。

 トルコキキョウ。9月2日に種を撒いて、発芽はけっこうしたのですが、殆どまともに育たず、今はこんな状態のが5-6個残っているだけ。4ヶ月も経ったわりにはサイズも全然小さくて、これは失敗だなぁ。

 最後に、今咲いているのを1つ。原種系スイセン、バルボコディウム (Narcissus bulbocodium)のカンタブリカスという種類。小さい花で、だいぶ地味だけど、面白い形をしていると思います。
 バルボコディウムは10月8日に3種3球ずつ植えたところ、8球発芽、うち1つだけ花が咲いています。花期は11~4月、それぞれいつ咲くのかよく分かりませんけど。他のやつで、これは花芽?と思われるのが出かかっているのもあります。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2008/12/30 19:41】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<謹賀新年 | ホーム | クリスマスローズ、もうすぐ開花?!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://miracleofthefishes.blog26.fc2.com/tb.php/138-d40e457d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。