「Miracle of the Fishes」のkubosakuのブログです。 こちらは緩く気楽に行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Echium virescens、地植え株の様子
 パッと見では殺風景ですが、ぼちぼち行きますかね、的に芽が出たり、蕾が見えて来たり、日も長くなってきたし、これから楽しみだなぁ~と期待も膨らむ季節でございます。
 特に仕事を始めてからというもの、春になったって変わることはほとんどなくて、ただ1年のサイクルが回るだけで、季節が巡ることに対しては何の感慨もありませんでしたが、花を育てるようになって変わりましたね~。春とはこんなに待ち遠しいものだったんだなぁと噛みしめております。  と、このブログには毎年書いていますが、今年も書きました(笑)。

 庭の左端にあるやたらと分枝している妙にデカく育った植物は、Echium virescens。多年生の大型エキウム。地植えで、夏も冬も越えてくれるようになりました。分枝した枝が、そこそこの強さではあるものの、開花したり、大風が吹いたらもっと広がるようにたわんでしまうと思うので、支柱を何本も立てて支えています。メンドくさいですが、なにせ、日本でここまで育っているE. virescensは唯一かもしれないくらいなので、大事にしています。大事にしているついでに鉢植えも生残率が妙に高くて(他のエキウムの死亡例は数知れず・・・)4つも生き残っていて、そろそろリストラしないと場所が・・・。公園にゲリラ植えでもしようか(爆)。
 
 こんな感じに芽がロゼット状になっているところから、花穂が上がって来ると思います。雨で蒸れたり、寒さで傷んだりで葉の先端がだいぶ黒ずんでおりますが、多分大丈夫。 けっこう大きい株なんですが、こんな風に、開花しそうな芽は4~5個しか無い。10本くらい花穂が上がると壮観なんだけどな~。


 こちらは開花しない芽。春以降、ここから分枝して四方八方に伸びていきます。

 鉢植えのも、開花しそうなのが2株あります。 残り2株は4番目の写真のような芽しか無い。E. virescensは、下の方からも芽が出ているので、うち1鉢は主幹をバサッと切り戻してみた。低めに仕立てることができればいいんだけど、来年咲くのは見込めない。再来年、どうなるか・・・。気の長い話だ。

スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2015/03/05 03:28】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
クリスマスローズ、Pavonia、Grevilleaが開花中

 昨年12月末以来の、超久しぶりのエントリーでございます。2月に入ってからずっと、仕事が過去最高峰のえらい勢いの忙しさで、釣りなんぞ行く暇もなく、まだピークが続いていてどないしましょって感じなんですが、合間を縫って庭仕事はどうにか片付いていたのでいっちょUploadする次第。
 まずは毎年Upしているクリスマスローズ2株。昨年1株処分して、2株に致しました。上がミヨシのクリスマスローズ"ピコティ"。下のは八重の白花ですが、買った時のラベルは悪名高き"ブルーメタリックレディー(笑)"。中途半端なグレー~紫の花が咲くのが関の山というブルーメタリックレディーですが、うちのは何をとち狂ったのか白の八重。 これはこれでステキなので大事に育てています。
 

 こちらも再々UpしているPavonia intermedia(パボニア・インテルメディア)。アオイ科。寒さに当てるのはよろしくないので冬の間は室内に入れますが、すると開花が続くので、年中咲いてます。剪定しないでいるとまっすぐ1本しか伸びないので、適当なところでバサッと切ると、切り口直下あたりから3~4本に分枝します。剪定後、咲くまではさすがにある程度時間が掛かるのですが、分枝させてしまえば、枝ごとに切るタイミングを変えることで、本当に、1株で年中咲いている状態にできると思います。また、挿し木でも増やせます。下の画像で2株ありますが、右のは挿し木で増やした株。


 これはウチ的には新入り、Grevillea "Fire Cracker"(グレビレア・ファイヤー・クラッカー)。開花株を買ってきたわけですが、冬~春にこんな黄色と赤の花が咲くそうです。大きくなっても高さは40cmまでだそうですが、横には80cmほども広がるそうです。買ったのは今年の1月中旬、場所は葉山の、"水源地入り口"付近にある"豪華舎"にて。

 ここに行った理由は、今育てている、オージー原産のHakea laurinaに使える、リンの少ない逆山形(=N-P-Kで、Pが少ない)の肥料を売ってないかな~と思って行ったというのことなんですが、店主に尋ねると、そのような肥料はあるけど、売るほど豊富には無いようで、植物を買ってもらった時にオマケとして付けています、とのこと。 正直、ウチにはもう植物を増やせる場所なんて無いんだけど、あまり大きくならなさそうなのを3つほど(結局、3つもかい!)買って、そのリン少なめという肥料を少々(と、言っても、使用量も少々なので、小さい株なら3年分くらいにはなる)いただいたという次第。

【2015/03/03 23:59】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。