「Miracle of the Fishes」のkubosakuのブログです。 こちらは緩く気楽に行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
岡山県真庭市の湯原温泉・茅森温泉・郷緑温泉
 先のエントリーと温泉繋がりで、岡山の温泉に行った話。 8月半ばに機会あって、岡山の山間部を回ってきました。調べてみると、湯原温泉の「砂湯」が、露天風呂の西の横綱だとかで、まずはここに行ってみようと。あと、津山城にも行ったりしましたが、今回は砂湯および周辺の2湯のレポ。


 湯原温泉は旭川沿いで、道は細いけどそれなりの温泉街になっていて、一番奥にあるのが砂湯。奥の方の河川敷に広い駐車場があります。そこが公共の駐車場か、旅館の駐車場か明記されていないように思えましたが、多分これでいいんだろう、という広い場所があり、そこに車を停める。さらに上流には、ダムの壁が見える。そのダムの壁のすぐ手前にあるのが「砂湯」。
 場所は下の画像の右奥。入浴無料。24時間入れる?とおもわれます。混浴ですが、こんな昼間では男しかおりません(ので、遠目で写真を撮っておいた)。なお、女性はタオル巻きでの入浴も可とのこと。有名すぎて困ることはいろいろあるようで、あれやこれやの注意書きもありました。男女別脱衣所はあります。鍵のかかるロッカーはありませんのでその点はご用心。

 湯船は3つあり、けっこうな高温(狭い)、適温(広い)、やや温め(広い)、の3種。高温の湯船はけっこう熱め、45度超くらいの印象。湯船の底は砂利で、下から湯が沸いている。上流の湯船(=適温の湯船)でよ~く感触を確かめると、確かに出ているな、と思える程度で、そんなに猛烈にコンコンと沸いている感じはしない。泉質的にはあんまり特徴を感じなかった。温泉のすぐ脇で渓流釣りをしている人もいるという(笑)。

 あんまり褒めていないようですが、開放感が素晴らしいことは特筆すべきところ。ただ、毎度毎度、短い時間であれもこれもカッ詰めて旅程を組むので、ゆったり気分もほどほどで砂湯を後にする。


 湯原温泉から国道313号を南下、米子道をくぐった先の交差点を右折し西進、郷緑温泉に向かう川沿いの道、その川の向こうにこんな風に見えるのが「茅森温泉」。

 左の道を、奥から手前に向けて走ってくるんですが、緑色の橋があり、そのすぐ先で河原に下りる道がありまして、河原が駐車場になっています。1台停まっている黒の車が、私のレンタカー。

 その緑の橋を渡り、こんな道を、川を遡る方向に歩く。駐車場からは歩く距離は大したことはない、300mほどか。

 そしてたどり着いた茅森温泉ですが、残念ながらお湯を抜いて掃除をした直後だったようで、まだ栓もされていなかった! 左から、湯が注がれているのが見えますね? 記憶が定かではないが、けっこうぬるめだったような・・・。 近くには誰もいなくて、栓らしきものも見当たらず、ん~、これは退散するしかない!という、残念な結果に・・・。

 車に戻って、改めて県道を西進すると、程なく「郷緑温泉」があります。これは標識にも書いてあるし、案内もきちんと出ているので見逃すことはないでしょう。立派な石垣の上にあって、まるでお城のよう。

 この石段を登ります。登城!という気分です(笑)。

 入り口ののれん。

 こちらは男女別浴室が無くて一つのみで、混浴、とはせずに、一人500円で30分貸し切り、という入浴システムになっております。到着時に先客が居ると待つしかしょうがない。先客のご厚意次第で一緒に入ることもあるようですが。たまたま、先客は無く、すぐに入れてラッキーでした。

 奥の湯船の底は天然の巨岩で、その割れ目から湯が沸いています。湯船からは常にオーバーフローしておりまして、湯船サイズからいくともったいないくらい豊富にお湯が沸いております。体感的に36-37度くらいの温泉で、ずーっと浸かっていられるレベルの、超リラックス系、非常にまろやかで素晴らしい温泉でした。 手前の方は加温浴槽で、十分に暖まるのはこちらの方で。加温浴槽に5分程度入って、あとはずっと源泉に浮かんでいるのがよい。 30分では短いけど、このレベルの湯に、一人でのびのびと浸かれるんだから、超贅沢な気分です。 待ち時間も無くて本当に運が良かった。

 ところで、最初に湯原温泉が旭川沿い、と書きましたが、その後調べると、そのまま下っていくと後楽園と岡山城の間の川に繋がって行くということを知りました。その流れをたどっていくと、複雑に曲がりくねっておりまして、けっこうな大河川だなぁと思いました。東の吉井川・西の高梁川と合わせて岡山の三大河川というんだとか。
 下の写真は吉井川(美作市湯郷温泉より少し下流)ですが、空港へと戻る時に下道を適当に走ってみると、吉井川にしろ旭川にしろ、水量が多く、ゆったりと流れているのが印象的でした。こういう風景は、なにもここだけじゃないですが、こうして豊かな自然が維持されているところを訪れるたび、ニッポンは元々、水と森の豊富な国であり、その恵みのお陰で豊かな暮らしができているんだなぁと思うわけです。

スポンサーサイト

テーマ:秘湯を攻める会 - ジャンル:旅行

【2014/09/25 07:28】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
新潟市秋葉区(旧・新津市)の新津温泉の間欠泉

 9月5日、仕事で新潟に行った帰りに、石油臭で有名な新津温泉(旧・新津市)に行ってきました。


 すると、施設の前が水浸し! よく見ると、玄関前に、横からお湯が噴き出している! ナンだこれは?! とカメラを向ける。 施設の方によれば、「4~5ヶ月に1回こうなる、1時間くらい続く、以前は上に出していたんだけど、横向きにした」とのこと。 その場ではすぐに腑に落ちませんでしたが、ようは4~5ヶ月に1度、タイムスパンの長い、規模の大きい間欠泉が吹くってことですね。に、しても、なんかヤバいんじゃないの、と思うほどの勢いでした。


 18時頃、到着時はこのくらいでしたが、帰り際は、吹いて、止まっての間隔がもうちょっと空いて、奥の方からゴワゴワゴワ・・・とわき上がって一気に噴出するようになったりもして、えらい迫力でした。近所にも音が鳴り響くほど。

 帰り際は暗かったので動画は撮れず。写真でイメージだけでも。

なお、ずっと人が浸かっていたので湯船の写真は無し。5~6人ゆったり入れるくらいの湯船が真ん中にあり、片側壁面にお湯と水の蛇口が並ぶ、シャワーは無い、という施設。入浴料300円。

 新潟市近辺で、会議の後、もしくは会議前の朝に行ける温泉は無いかとネットの海で探して新津温泉を知ったのですが、こんな凄いことが起きているとはネットの海では知ることができませんでした。それもそのはず、4~5ヶ月に1回、1時間くらいで終わってしまうんですから、なかなかお目にかかれるものではないわけです。私は初めて来てこれを見れたのだから、めちゃめちゃ運が良かったんですかね~。

 なんですが、間欠泉が出ている間~5~6時間後までは、湯を引けなくなるそうです。そのため、湯船はため湯となっており、ややぬるくなりかけ、カランのお湯側は温泉が出るのでしょう、洗い場でもお湯が出ない、という、温泉としてはダメダメな状態でした。 石油のようなニオイは健在で、しばらく浸かっているとシンナー中毒で頭がクラクラしそうな気がしましたが(頭痛が後に引くほどではありませんでしたが)、新鮮な湯が出ている時なら、もっとクラクラするのかもしれません(笑)。

 まぁ、これだけレアなものが見れたんだし、湯が残念な状態だったのはやむを得ないですね~。今度は間欠泉が出ていない時に来れればいいんだけど、新潟に来る機会って、案外か無いんだよな・・・。

テーマ:秘湯を攻める会 - ジャンル:旅行

【2014/09/24 07:27】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
パイナップルの開花~結実
 さて、ずいぶん以前に↓の写真をUpしたっきりだったので、その経過をメモっときます。
 8月11日、パイナップルの苗の中心部の花芽を確認! ちょっと見えにくいところに置いていたので、この段階まで気がつかなかった・・・。 クラウン差しから苦節4年、遂に開花間近となりました。


 8月16日。急激に伸び上がってきます。




 8月24日、紫色の花が咲きました。 花一つ一つはほぼ一日花で、ここから1段ずつ、地味に咲き上がっていきました。

 9月20日でこんな状態。

 生産現場では日焼け防止策を施すそうですが、こんな季節になってしまいましたので、その必要は無いですよね。 収穫はいつ頃でしょうねぇ、10月収穫なら、5割ほどが黄色く色づいたら収穫時、らしいんですが(ヤサシイ園芸より)。

テーマ:園芸 - ジャンル:趣味・実用

【2014/09/23 07:17】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハゼ料理、いろいろ
 先週作ったハゼ料理いろいろ。定番の唐揚げ、ももちろんやりましたが、いい写真が無かったのでカット。


 南蛮漬け。


 エスカベージュ。

 小型は概ね、鱗を取ったあと、頭を付けたまま腹を顎の下まで大きく割って、内臓・エラを取り出し、唐揚げ・南蛮漬け・エスカベージュになりました。


 焼き干し。中型は概ね焼き干しに。

 焼き干し完成品。全部で40本ほど。雑煮、何回すんねん! 正月用には冷凍しておいて、あとは早めに使ってしまいますかね。

 中・大型は、開いて天ぷらにも。 手前のは、葉山のキュウセン。


 中・大型では刺身もやりましたが、昆布締めもやってみた。皮は薄いけど意外と丈夫で剥ぎやすいんだけど、相手が小さいのでチョー面倒臭い。


 その昆布締めに軽く醤油を和えて、飯に載せてもみ海苔を振る。 鯊丼。 宮内庁御用萬屋調理師会理事長・遠藤十士夫氏が料理指導、藤井克彦氏が解説を書いた、「至高の釣魚料理」に載っているもの。ゴマを振ったのは私のアレンジ。 味は申し分ないのだが、ちょっと優しすぎ? 私如きの舌では、もう少々パンチがあった方が良い。ワサビを付けたら良かったかも。


テーマ:美味しい魚料理 - ジャンル:グルメ

【2014/09/22 07:03】 | 魚料理 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
金田湾(8月14日)と葉山(9月13日)のボート釣りの記録
 え~、ハゼ料理をUpする前に、未Upのボート釣りの結果を載せときます。が、どっちも冴えない結果でございます。

まずは、8月14日の金田湾、浜千鳥から出艇・・・
 快晴・ベタナギでした。沖にはカモメがいっぱい。曳縄やってる船もいました。何かは分からないけど確かにナブラが見えました。私はマゴチ狙い。しかし、ハモノのアタリは一切ないまま終わってしまった・・・。 

 終盤には雨雲が見えて来た。家に帰った後、夕食時に西の空がピカピカ光るのが見え、20時頃にザッと強い雨が降りました。東京の方ではゲリラ豪雨があったんじゃなかったっけ。

 釣果。シロギス30尾、メゴチ5尾、そして金田湾では珍しいヒイラギが1尾。

 天ぷら。

 刺身。

 ヒイラギのムニエル。


======================
次は、9月13日の葉山、遠山ボートから出艇。
 当日は、金田湾でコマセでイナダ/ワラサ狙いのつもりで出かけましたが、林交差点の徳丸まで来たところで浜千鳥に電話すると「北風が強くて厳しいよ~」とのこと。残念ですが帰るしかないか・・・、じゃぁ、また近所でハゼでも釣るか、ということで、徳丸でアオイソメの一番少量の400円パックを買って帰ることに。帰りは、134号線で相模湾岸を北上する。すると、長者ヶ崎で、オオモリボートからボートが連なって曳航されて沖に出ていくのが見えました。そうか、北風でもこっちの方は出れることが多かったっけ、ということで、急遽遠山ボートへ連絡。すると、ボートはまだある、駐車場もまだ停められる、とのことで、葉山へ転進。
 自宅冷凍庫で眠っていた付け餌のオキアミとテンヤのエビを持っていたので、遠山ボートではコマセだけ買って6:45頃岸払い。狙いは毎度の如くの割島南方の根際。葉山ではイナダ・ワラサは出ていないみたいだけど、ハリス6号6mのコマセ釣りで通す。あと、テンヤやルアーもちょこっと。1投目で30cmほどのフグ。その後ほとんど何も釣れず、チビのソウダとゴマサバ、マルアジ、メジナ、キュウセンといったものが1尾ずつ釣れただけでした・・・ 最後はマルアジを切り身にしてカサゴを狙うも、小型のコクチフサカサゴが1尾釣れただけ(リリース)。

 お持ち帰り分。メジナ(口太)25cm、キュウセン21.5cm。寂し~。

 メジナの中華蒸し。

 キュウセンの天ぷら。上の脇の方に写っているのは、ハゼ天。

 メジナの刺身。左の隅にちょこっとあるのはハゼ。

テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

【2014/09/21 09:44】 | 釣り | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大岡川のハゼ釣り、2014年9月中旬
 9月14日~17日の4日間で、概ね1時間ずつで計5回、近所の川、自宅から徒歩1-2分圏内で釣りをやってきました。当然、8月の時よりも全体にサイズアップしており、けっこう良い調子で釣れました! なんですが、やはり、アタリがあってから針にうまく乗せるのが難しいですねぇ。調子良く連発で釣れるときもあるのですが、乗せられない方を連発する時もあって、どうしたもんだか・・・。今回のエントリーでは、5回の結果をずらずらと並べておきます。


 9月14日(日)、AM 06:30-07:30の1時間で52尾。サイズは15-7cm(全長)。 1分1尾には届かず・・・!


 先と同じ9月14日(日)の夕方、 娘と共に。 PM 16:45-17:45の1時間で31尾、 サイズは17-7cm。 うち、娘は5-6尾。アワセがどうにも分からないようで、娘の数は伸びず。


 そのとき釣れた最大の17cm。子供の手に持ってもらうと、ものすごく大きく見えますね(笑)! 


 9月15日(月・祝)、再度、娘と共に。PM 17:00-18:00 の1時間で32尾+チチブ1尾。 うち、娘の釣果は10尾ほど。 サイズは17-7cm。


 9月16日(火)、出勤前に。 AM 06:30-07:45 の1時間15分で67尾。最初の1時間は 54尾/hour。1分1尾の壁は厚いっすね! 大型は出ず、サイズは 14.5-7cm。上げ潮時ですが、潮位はけっこう低かったのですが、魚影は十分。川底に落ちた餌にハゼが群がるのがよく見え、ハゼが餌をくわえる瞬間も見えるという条件。こんなに浅い時間帯でも釣れるってことは、まだ上流でも釣れるんだろうな~とか思ったり。


 9月17日(水)の夕方、腹痛と下痢で会社を早退したけど釣りを強行(爆)、じゃぁ仕事強行しろよというツッコミはナシでよろしく。 PM 16:30-17:20 の50分ほどで34尾。プラス、その後娘が参戦。しかしその時点で、餌は最後の一切れしか残っていなかったけど、その1切れのみで娘が4尾追釣、合計で38尾。 サイズは16.5-7cm。 大きくて目立ったのは2尾いて、16.5cmと15.5cm。 小潮3日目で、午後は潮位低めでほとんどずっと潮も動かない長潮のような条件でしたが、それでもそこそこ釣れるんですねぇ。

 以前は大潮・中潮での満潮前1~2時間を狙い撃ちしておりましたが、そんなに気にしなくてもよく釣れる、ということを知った次第。ただ、下げ潮時まで釣れるか、までは分かりませんが。

 以上、4日間の合計で221尾+チチブ1尾。アオイソメのパックが400円分もあったので、この勢いで釣りに行ったのですが、これだけ捌くのはけっこうキツかった(笑)。 ハゼ料理は、色々やりましたよ~。料理の方はまた後日Upします。

テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

【2014/09/20 20:52】 | 釣り | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。