「Miracle of the Fishes」のkubosakuのブログです。 こちらは緩く気楽に行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Echium wildpretii(ジュエリー・タワー)、バラなど開花中!
 エキウム・ウィルドプレティーがいい感じで咲いております! ジャーマンアイリスやらバラ、イソプレクシスとかも賑やかで、ステキな庭になってしまいました(喜)。 ただ、E. wildpretiiの高さは1.3mくらいで止っており、せっかく地植えで夏も超えた株なので、もう一声欲しかったところですが、贅沢ですかね。秋に、成長点をしばしばダンゴムシに食われたのが響いたんだろうなぁ。地面には枯れた葉っぱをいくらでも転がしていたのに、わざわざEchiumに上って芯を食わなくてもいいでしょ! そうそう、ジギタリスも秋にダンゴムシに生長点食われまくり、今年は咲かなくなってしまいました。一応全死亡はしなかったので、来年咲く可能性はあるんですが。ダンゴムシは枯葉を食べてくれる益虫だって?へそが茶を沸かすわ。

 山吹色っぽく見えるバラはチャールズ・ダーウィン(ER)。ステムが長くて、咲いたら大きくたわんでいたのが今までの状態でしたが、今年はステムが太めで垂れ加減がちょうどいいかも?一方、下の方に2輪見えるピンクのルイーズ・オディエ(ブルボン系オールドローズ)は、毎度の如くステムが長く細く、元々ブラブラさせていた枝が多いせいもあり、置き場所も低いせいもあり、全体にだいぶ倒れ込んでしまっている。枝を長く残して、高い位置に誘引して枝垂れる花を楽しむようにしたらいいんだろうか。もしくは、残した枝は、ブラブラさせず、がっちり括るところからスタートすれば、まだもうちょっと落ち着くんだろうか。

 左のオレンジ色のがIsoplexis canariensis、カナリア諸島のジギタリスに近縁の植物。右のバラはスヴニール・ドゥ・ドクトール・ジャマン(HP)。色あせてきている花も多いですが。冬選定で思いっきり切りすぎたせいで花が少なくなってしまった。トゲが少ないところが本品種を選んだ理由の一つだったのですが、今更気づいたのは、ステムがかなり短い、ということです。普通に、選定した状態から、咲いた状態が想像しやすい、扱いやすいバラですね。

 来年からは、それぞれの特徴を覚えておいて選定・誘因しないとダメッスね。

 そのジャマン先生の4日前の状態。キレイな色です。写真で見るよりももっと濃い赤です。

 こちらも4日前の写真、ジャーマンアイリスのリンゴー(Ringo)。大輪で背も高くゴージャスでございます。風がしばしば強く吹くので、花が咲いたら支柱を立てないとすぐに倒れてしまう・・・。壁のせいで半面からしか(しかも西日)しか陽が当たらないせいもあるかと思いますが。

 これも4日前の写真ですが、クレマチスのダッチェス・オブ・エジンバラ(Duchess of Edinburgh)。

スポンサーサイト

テーマ:園芸 - ジャンル:趣味・実用

【2014/05/12 23:07】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ボリジをあしらったイサキのカルパッチョ、および、ボリジの砂糖漬け
 なかなか釣りに行く気力が沸かない中、いつものスーパーに福岡産の35cmほどの、まるまるとしたイサキが760円で売っていたんですよ。この季節のイサキなんで、美味いのは間違いないわけで、今晩はこれを料理しよう、ということに。さすがに解硬がそれなりに進んでいるもので、釣ったものとは鮮度が違いますが、脂の乗りは十分のなかなか良いお魚でした。その、魚の写真を載せるのがブログ的には普通なんですが、なにぶん、買った魚の料理をUpするつもりは無かったので・・・

 魚はけっこういいモノだったので、主に刺身とカルパッチョにしました。なんですが、ウチの娘さんはそれほどすすんで刺身や寿司といった生の魚を食べなくなってきており、どうしようかなぁと。特に最近は、釣った魚を持ってこれていないので、刺身等は買ってくるものが多いのですが、何だかんだで生臭いんでしょうねぇ。 鮮度のいい白身の刺身なら食べるっしょ?という気もしますが。

 まぁそれはそれとして、こうすればいいんじゃないか?ということで・・・

 ボリジです。こいつを活用しようと。エディブルフラワーですからね。

 カルパッチョを、かわいくしてみました。お陰様で、けっこうな勢いで食べてくれました。 あ、刺身を食べさせるのは小学校になってからとか、×歳になってからとか、色々おっしゃる方がいますが、そういう突っ込みはナシでよろしく。

 こちらはお刺身、大人用。

 こちらはムニエル、お子様用。


 ボリジの砂糖漬け、2年ぶりにやってみました。卵白は泡立てず、少量だけ付けるようにしました。それでも、トレイにこびり付くのもけっこうありました。が、以前、泡立てた卵白をけっこうきっちり付けた時よりははがしやすかったです。




完成品。





テーマ:美味しい魚料理 - ジャンル:グルメ

【2014/05/06 06:39】 | 魚料理 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Echium wildpretii、Isoplexis canariensis、クレマチスなどが開花!
 エキウム・ウィルドプレティー(Echium wildpretii)が、この写真の中央よりちょっと右のあたりで伸びているんですが、分かりますか?

 これです! 高さはイマイチ伸びず、1.3mほど。開花が進む頃には1.5mくらいにはなって欲しい。

 そして、本日(5/5)、3輪ほど開花しているのを見つけました! ウチでも赤いジュエリー・タワーが見れるとは、感無量であります。


 最初の写真の中央よりやや左上に咲いていたクレマチスのダッチェス・オブ・エジンバラです。開花始め、花芯が見える前の、ダリアのような形がいいですねぇ~。

 ジャーマンアイリスの"ハロウィン・ハイロー(Halloween Halo)がワサワサモリモリと咲いてきました。


 イソプレクシス・カナリエンシス(Isoplexis canariensis)も数日前から開花しております。

 そのイソプレクシスの横にちょっとだけ蕾が写っていたバラ、"スヴニール・デュ・ドクトール・ジャマン"も1輪咲きました。あと2種のバラも今にも咲きそうな蕾があります。これまで、ERのチャールズ・ダーウィンだけ開花がやや遅かったのですが、今年は揃って咲きそうです。

 アネモネとオステオスペルマム

 ジャーマンアイリス"白紫"とラバテラ・バイカラー

 オンシジウム。2本の花茎がだいぶ時期がずれて上がって来たお陰もありますが、最初に開花したのが1月18日で、未だ花がある、ということは、およそ4ヶ月も咲いてるってことになります。スンゴイですね、こんなに小さな株だというのに。ランは開花期間が長いものらしいですが、ここまで長いとは知らなかった。



テーマ:園芸 - ジャンル:趣味・実用

【2014/05/05 20:21】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
カナリア諸島の草花(Echium, Isoplexis)

 Echium virescens、もう1株開花ししています。花穂は15cm程度でごく小さなもの。花の色は、先に咲いた株と比べると色が若干違って、花弁のうち上側の2枚の青みが強い。3本の花茎の付いた、何度かUpしてきた株の花は4月25日頃に終わってますが、そちらの花穂は40cm弱でした。



 Echium wildpretii、現在1m超程度まで伸びてきました。ディズニーシーのエキウムは既に開花が始まっているとのこと(TDR航海日誌参照)。あちらのはヒトより十分大きいサイズに育っているようですが、ウチのはどうなるでしょうねぇ、先端の様子から、ヒトの背丈まで行くかどうか、という感じ。茎はけっこう太いんですけど。



 Isoplexis canariensis。ジギタリスに近い野性味のあるオレンジの花。オレンジで直立の花穂ができるものって、意外と、他の園芸植物では無いように思います。
 ネットの海で調べると、Isoplexisには、canariensis以外にも何種類もあるようですが、どれもオレンジ色で違いがよく分からない。
 うちには2株あって、どちらもクロロシスが激しかったのですが、こちらの株は治ってきております。もう1株は、いまいち治っていませんが、3月中、植え替えした直後に風で倒れて根がやられ、復活に時間が掛かっていることも原因の一つかも。そちらの株も概ね根付いて花穂が出ていますが、花穂は短め。

テーマ:園芸 - ジャンル:趣味・実用

【2014/05/01 06:44】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。