「Miracle of the Fishes」のkubosakuのブログです。 こちらは緩く気楽に行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
クリスマスローズ、パボニア・インテルメディア

 白の八重のクリスマスローズがきれいに咲いてくれました。


 赤紫の"ピコティ"もほぼ満開、一番の見頃になってきました。

 "ルーセピンク"、今年は咲いてくれないですねぇ。

 "ピコティ"の横に置いてあったヒアシンスの水耕栽培。蕾が見えて来ました。

 パヴォニア・インテルメディア(Pavonia intermedia)。写真撮影用にちょっとベランダに出しましたが、ずっと室内に入っております。 こうして、咲きながらまっすぐ伸びていきます。このままだと全然分枝してくれません。なので、どこかで思い切ってバッツリと切らないといけないんですが、、、なかなか切れるもんじゃないよね~(笑)。


スポンサーサイト

テーマ:園芸 - ジャンル:趣味・実用

【2014/02/23 08:06】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
イチゴのようなEchium virescensの蕾、開花間近のCanarina canariensis
 新種のイチゴ・・・・?

 Echium virescensの蕾でございます。 こんな蕾が出来たのは、5株中、1株だけでしたが、楽しみ!

 こちらはカナリナ・カナリエンシス(Canarina canariensis)。


 その蕾。雪がよく降っていたころは連続10日ほど室内(無加温)に入りっぱなしでしたが、その間にガクがパカッと開いておりました。まともな形で咲いてくれそうです!

 別の株で大きくなってきている蕾、この画像中で3つ見えます。 今のところ、開花間近な蕾があるのは4株で、花数としては計6輪のみですが、本格的に咲くのは4月下旬以降です。全10株(5鉢)もあるので、今年はたくさん咲いてくれそうです!

テーマ:園芸 - ジャンル:趣味・実用

【2014/02/22 21:04】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Flash Playerが正常動作しないためにYoutubeなどが再生できない症状が解決!
 超久々の、PCトラブル系のネタです。

 ここ半年ほど、恐らくInternet Explorer が11になった時からか、それとも何らかの理由で自ら設定をいじったせいか分からないのですが、Adobe Flash PlayerがIE11上で動作しなくなりました。このため、このfc2ブログに写真をUpする方法が、旧方式の「ファイル1個ずつ指定する」方法しか使えなくなる、という問題が発生しました。
 そんな事以上に、Youtube等、ネット動画が見れなくなるという問題も生じてなかなか辛かった。もちろん、ネットの海で色々対処方法を探したのですが、これぞという正解が見つかりませんでした。当面の解決としては、これまで毛嫌いしていたGoogle Chromeを試しにインストールしてみたところ、全て正常に行ったので、必要に応じてそっちを使う、ということをしていました。

 Google ChromeでFlash Playerが動いていて、IE上では動かない、という症状なので、Flash Playerのインストール自体は問題ないはず。IEの設定で、特にActive X関係のところで何かあるんだろうとは思いました。が、世に溢れる情報が古いせいか、Active X関係において、方々のサイトで「こう設定しろ」と挙げている項目通りに設定しても解決せず。ただ、挙げられた項目の他にも、ActiveX関係の設定項目があるのが気になってはいました(が、どうしたらいいか分からなかったので解決が遅れた)。

 経緯をゴチャゴチャと書いてもしょうがないので、私はコレで解決しました、というのを張っておきます。



 「ActiveX フィルターを無効にする」ことで、youtubeも視聴も、fc2ブログの新画面でのファイルアップロードも、IEからできるようになりました! これで、Google Chromeをアンインストールできます(笑)。

 このWindowは、メニューのツール→インターネットオプション→セキュリティのタブ→レベルのカスタマイズのボタンをクリック で出てきます。

 なお、メニューのツールに、既に「ActiveXフィルター」の名前が出ているので、そこでチェックを外す、だけでも同じことかもしれません。

ActiveXフィルターに関するオフィシャルな説明をよく読むと、これを有効にすると動画は見れなくなるようだ、というのは分かるんですが、ホント、かなりよく読まないと、有効だの無効だのとごちゃごちゃと書かれていて意味が分かりませんでしたよ(笑)。 結局、このフィルターを有効にした上で、よく利用するサイトでActiveX(というかFlash Player?)が無いと困るサイトを登録してね、というのが推奨されるんでしょうが。面倒なので当面はこれで行こうとは思います。

 つーかね、ちゃんと動画等が利用できていたGoogle Chromeの方では、そんなフィルターが無いか、有効になっていない、ってことなんだよねぇ?

テーマ:トラブル - ジャンル:コンピュータ

【2014/02/15 19:57】 | パソコン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
クリスマスローズ開花、雪解け



 クリスマスローズが開花しました。上のはミヨシのクリスマスローズ"ピコティ"、下は白の八重咲き。下のはまだちゃんと開いてはいませんが。 "ピコティ"は花茎がいくつも上がっており、今後も楽しみです。




 これらは昨日の午後~夕方の写真。雪がえらい勢いで積もりました。夕方~夜はみぞれに変わる予報でしたが、ずっと粉雪が吹雪いていました。雪が止んだのは夜中くらい。積雪量は都心で27cm、横浜で16cmとのことですが、体感的には30cm超くらいの印象。


 これらは今日の夕方。夜中から気温は上がっていったので、朝の時点で既に、縦に着雪していた雪はほぼ無くなっていましたが、下に積もった雪はほぼ残っており、ちゃんと雪かきしないと出られないくらいでした。今日は11℃まで上がるという、比較的暖かい日になったこともあり、1日でかなり融けました。

 これも今日の夕方。朝の時点では、庭は完全に雪に埋もれ、どこに何があるかほぼ分からない状態でした。今日は晴れて気温も上がるので、少しでも陽に当たってくれた方がいいと思い、朝のうちに植物の上に積もった雪をどけました。


 雪の下から救出後の、Echium wildpretiiの芯の部分。これから伸びる葉が、少しやられた感じがしますが、成長点は生きているでしょう。いずれにせよ、今年咲くことは無さそうですが。


テーマ:四季 ー冬ー - ジャンル:写真

【2014/02/09 20:27】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大雪・つらら・早春の花
 今日は関東も大雪です。もちろん、関東平野部にしてみれば、ってレベルですが。20年に一度の大雪かも?との予想も出ています。確かに、この写真撮った後も、横殴りに雪が降り続いておりまして、相当な積雪になりそうです。

 そういえば昨年もけっこう積もった日がありました。土日だったと思います。その大雪の日に、「スタッドレスにしているし、こんな日はプールも空いていると思うし」ということで、プール中毒状態だった娘を連れて行ったらほぼ貸し切り状態だったのを思い出しました。さらに、帰りには環状2号のジャンクションの緩やかな上り下りで立ち往生する車が続出し、大渋滞が起きていた、ということもありました。たとえ自分がスタッドレスだから大丈夫でも、そうじゃない車も平気で往来するので、結局出ないのが良い、ということを学習しました。ということで、今回は車ではどこもいかない!どうせすぐ融けるし!

 今日の午前中は、近くの公園で、娘サービスのため家族揃っておめでてーなって感じで雪で遊んできましたが、パウダースノー状で雪がくっつかず、雪だるまも簡単には作れないくらいでした。この雪なので、子供達は喜んで雪にまみれて遊んでいるのかとおもったら、ほぼ誰も見なかった。降っている間は出てこないのか?軟弱だねぇ。

 なお、心配なのは夜でして、みぞれに変わって、夜中は爆弾低気圧級の暴風が吹き荒れる予報です。いろいろ、大丈夫か気になるんですが。さらに、日曜日は晴れて11度まで上がるとのことで、せっかくの雪はすぐにベチャベチャになりそうです。

 雪に埋もれるエキウム。


 ローズマリー、その奥のは今年のクリスマスツリー要員として買ったドイツトウヒ。

==========================
以下、寒いついでに、一昨日に仕事で東京に行ったとき、日比谷公園で撮った冬らしい写真もUpしときます。


 白鳥の噴水に見事なつららができておりました。カメラマンも山盛りでした(笑)。


 霜柱。

 心字池の雪吊り。こんなところでやっても意味無いでしょ!と思っていましたが、その2日後、あぁ、たいへん意味がありましたね!というお天気になるとはねぇ。

 まるまるとふくれた雀。

 ロウバイ。

 マンサク。

 梅。
 
 冬っぽいついでに、無印良品の雪だるまケーキ、娘作。

テーマ:四季 ー冬ー - ジャンル:写真

【2014/02/08 13:43】 | 植物園などの植物 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Echium virescens の蕾!
 ほんの数日前の記事で、今年も開花無しかと諦めていたEchiumたちでしたが、2月4日の朝、この、Echium virescensをよく見たら・・・


 ムムム!



 フラッシュ入れて中心部を拡大! おおお! なななんと、蕾じゃぁぁぁぁぁ!!! 遂に、3年前のピンクファウンテンに引き続き、3年ぶりに新たなエキウムの開花を見れることになるんですね!!! その2月1日のエントリーで書いた時に、「咲くとしたら、1株の3枝だけで他は分枝するばかり」と書いておりましたが、その3枝が、かような状態になっております。5株あっても、咲くのは1株だけですが、いや~、全く咲かないのとはだいぶ違いますネ! いつ頃、咲くんでしょうねぇ~、楽しみだぁぁぁ~!!!

テーマ:園芸 - ジャンル:趣味・実用

【2014/02/07 08:03】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ローズマリー
 なんだか急に、連日、華やかさに欠ける画像を次々とUpするようになってきましたが(笑)。先週で、今年度の仕事の中で、恐らく最も大きいであろう峠を超えて(今後、このような峠があって欲しくないという願望も(汗))、余裕がちょっと出たんですね。また、この土日に、釣りも遠出もできなくなったので、植物の世話やら片付けやらに精を出し、その記録を撮ってみたり、という土日になったせいでもあります。

 ウチに残っているハーブはローズマリーが2つだけになっております。昨年夏までは、鉢植えでオレンジミント、ラベンダー、地植えで別のラベンダーがありましたが、これら3つが死亡しました。ミントなんて、相当簡単な部類だと思うんですが、何故か上手く育てられないんだよなぁ。 ラベンダーは、比較的暑さに強い品種を選んで2種育てていましたが、鉢植えの"グロッソ"は猛暑の時期にコガネムシの幼虫に根を食われ枯れ、地植えしていたストエカス系の品種のは、邪魔だったので鉢に移したら枯れ、という感じで消滅してしまいました。


 ローズマリー、品種は"ウッド"。半匍匐性。無理矢理縦に縛り上げてスタンダード仕立にしております。支柱を外せるほどになるには、あと2~3年は掛かるでしょうねぇ。そういえば、これ、まだ一度も開花していないんだよなぁ。



 ローズマリー、品種は"サンタバーバラ"。匍匐性。もう6年くらい経っているんじゃないか、と思いますが、スカスカです。と、いうのは、これも、この夏頃だったと思いますが、コガネムシの幼虫に根を食われて死にかけたんですねぇ。上で書いたラベンダーも含めてですが、妙に新しい芽が枯れるようになって、根腐れかな?と思って抜いてみたら、たった1匹だけですがコガネムシの幼虫が出てきた、というもの。新しい土で植えましたが、植え替えに弱いというローズマリーなのに、もうこの際だから、と思って土をほとんど落として植え替えたものだから、相当ダメージを受けたようで、半分以上が枯れてしまい、こんなに縮小してしまいました。まぁでも、生き残って良かった。

 以前の画像を遡って探すと、前年のクリスマス飾りを付けた頃(2012年12月)のものが最後でした。ん~、せっかくこれだけモリモリと育ったのになぁ~。元に戻るには2年くらいは掛かりますかねぇ。

 そういえば最近、鉢栽培のバラの土を一部だけ替える、という植え替えモドキの作業をやったんですが、そのときもコガネムシの幼虫が出てきました。くわばらくわばら・・・。最近1年で、急にコガネムシをよく見るようになった気がする。いや、庭には居たかもしれないんですが、鉢に居着かれると、ダメージは大きいですねぇ。

テーマ:園芸 - ジャンル:趣味・実用

【2014/02/06 08:04】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
開花間近のクリスマスローズ
 クリスマスローズの蕾がカワイイのでUpしときます。



 ミヨシのクリスマスローズ"ピコティ"。秋から葉がワサワサと茂っていたのですが、その葉が邪魔なので、9割方刈り取ってしまいました。花が終わった後、春にはまた大きな葉が出てくるので問題ありません。いい感じの蕾がたくさん上がって来ています!開花間近!



 こちらはミヨシのクリスマスローズ"ルーセ・ピンク"。上の"ピコティ"ととほとんど同様に育てているのですが、今年は妙に花付きが悪い、というか、この小さな蕾、大きくなってちゃんと咲くんだろうか・・・。 恐らくこっちの方が、早く根詰まりしちゃったのか、としか考えられませんが、いずれにせよ、花茎が横に倒れることが多くて姿が整わない点に難があり、これはそろそろリストラ対象かなとか・・・、思っております。



 ラベル通りの花が全く咲かないという悪名高き"ブルー・メタリック・レディ"。ウチでは昨年咲いて白の八重だということが判明しております。名前とは違う花ですが、丸っこい花形もかわいらしく、このまま育てようと思っております。

テーマ:園芸 - ジャンル:趣味・実用

【2014/02/05 08:05】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
赤・白・黄色

 開花まであと一息ですが、「赤」はボケの"黒潮"。



 「白」はクレマチス・ユンナネンシス "ウィンター・ビューティー"。1月半ばから咲いておりましたが、なかなか、綺麗に整理する間が無く、やっとこの週末、整理して写真を撮りました。「常緑クレマチス」という風にどこでも書かれますが、確かに常緑です、が、古い葉は夏以降、次々と枯れていくので、その枯れた葉を取り除かないとみっともない。さらに、花は葉の裏に隠れるように咲くので、花を隠してしまうような大きな葉も取ってしまう方がいい。また、春~秋まで、新枝がかなりビュンビュンと伸びるので、枝の整理もタイヘン。また、茎は中途半端に張りがあって折れやすい。そして旧枝咲きだから、要らない枝をホイホイと切っていたら花が咲かない。ということで、見栄えよくするには、けっこう面倒なシロモノです。しかし、花の少ない時期に咲くので重宝します。



 「黄色」は以前も載せたオンシジウム。下の写真のように、けっこう小さいバルブからも花芽が上がって来た。バルブが小さいし、花茎も短いものなので、咲かせず体力を温存する方がいいような気もしますが・・・、咲かせてしまう予定です。

テーマ:園芸 - ジャンル:趣味・実用

【2014/02/04 08:03】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
熱帯性花木の越冬状況(その2, パボニア、トケイソウ)
昨日のエントリーに引き続き、残り2種の状況のメモ。

 写真は11月下旬。Pavonia intermedia(パボニア・インテルメディア、流通名無し)。冬季は当然、室内に入れますが、普通に室内に置いておけば落葉することもなく、ある程度膨らんでいたつぼみは次々と咲き進むので、寒さには比較的強そうな印象です。今年の咲き始めがいつ頃だったか覚えていませんが、2013年には5月末頃に1本立ちだったものを3等分して挿し木、ということをやったので、その後の開花が遅れたかもしれません。2012年は夏場には咲いていたと思います。



 その現状。年を越しても、室内でちょろちょろと咲き続いています。大きい方は3分割した時の、根本の方の株で現在110cm。3分割した真ん中の枝は根が生えず、先端のは活着して、現在60cm。根本の株は切ったあたりから3本立って、拡大した画像のように、もう1本生えてきている状態。3月中旬頃には、全体を少し切り詰めようと思います。狭い庭には、こうしてまっすぐ伸びるヤツはありがたいです(笑)。倒れないように気をつけないといけませんが。


==============================
 パッションフルーツ(クダモノトケイソウ)。昨年、これを緑のカーテンにしてみようと2株導入したもの。結果、まともに咲いた花をみたのはこの1輪のみ。他に蕾もあったけど、まともな花じゃなかったような。人工授粉もしましたが、実は成りませんでした・・・。


 その現状。12月頃から室内に入れております。最近暖かい日があったからか、新芽が見えるようになってきました。下の画像よりも、もっと膨らんだ新芽もありましたが、1本から何本も蔓が伸びても、それをまかなえるほど土の量が無いので、短く切り詰めて捨てました。

テーマ:園芸 - ジャンル:趣味・実用

【2014/02/03 08:02】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
熱帯花木の越冬状況(その1)
熱帯性花木、という括りでは7種育てておりますが、そのうち5種の現状についてまとめておきます。


 写真は2013年9月末。昨年は9月末になってやっと咲いてくれたWhitfieldia elongata(流通名はホワイト・キャンドル)。咲いたと言っても、花穂は2つか3つ程度で、イマイチ冴えない、というか、苦労が浮かばれない。春の芽吹きが遅く、梅雨時くらいにならないと本格的には伸びてこない。花もなかなか着かず、また盛夏は直射日光で即葉焼けするので日にもあまり当てられない、よけい開花が遅れる、という感じ。遮光して育ててやればいいんだけど、そこまで一生懸命になる気が起きない。


 現状、こんな感じです。ウチにいくつかある熱帯性花木の中では、寒さにも最も弱い印象。暑さにも寒さにも弱いし、魅力もいまいちということで、そろそろリストラかな~とか思っております。少し楽しいのは、咲いた花を抜いて、サルビアのように吸うと蜜が甘い、という点。

===============
 写真は2013年9月末。 7月中旬~10月末頃まで咲き続け、こんなに(野放図に)大きくなってしまったハイビスカス・クーペリーの"スノー・フレーク"。正確な学名としての標記はHibiscus × rosa-sinensis var. cooperi の'Snowflake'ということのようですが。普通のどっしりとした"木"っぽいハイビスカスとは違って、バラで言えばシュラブ風で、ビュンビュンと枝が伸び大型化します。花柄が長く少しうつむいて咲く。葉に斑が入るのも楽しい。普通のハイビスカスは暑さに弱くて盛夏では花が咲かないことが多いようですが、これは暑さに強く、真夏でも、西日が強烈な庭で、きちんと咲き続けてくれました。


 その現状。かなりよく伸びるので、バッツリと切ってみた(笑)!まだ7号鉢なんですが、そろそろ9号に移さないとダメ・・・?でも、そうすると、もっと巨大化するんだよねぇ・・・。去年の大きさで十分なんだけどなぁ。


===============

 写真は2013年9月上旬。Clerodendrum ugandense(流通名はブルー・エルフィン)。こちらも6月末頃~10月までロングランで咲く、暑さに強い花。ただし、さすがに西日の庭では、盛夏に咲いても花の色は白っぽく色あせてはおりましたが。それでも次々と咲き続け、また結実するので、手入れは多少面倒かも。

 その現状。こちらもバッツリ切ってみた。緑の残った、生育途上の芽を残しておくと、5月末頃、バラと同じ時期から咲き始めてくれるんですが、なにぶん、そんな芽は上の方しか無くて、あんまりデカくなってもらっても困るので短くした次第。


===============
 写真は2013年9月上旬。クロサンドラ。春~夏に、ごく普通にたくさん流通する種。学名ではCrossandra infundibuliformis。これで5年ほど経った株。安く出回るので、わざわざ冬越しさせて大きくするヒトもあんまりいないかもしれませんが。しかし、冬越しさせて大きくしようとしても、野放図にでかくなるわけでもなく、維持しようと思えば手間はあまりかからないかも。雨に当たると花弁が水を吸って重くなり、花穂が垂れて見苦しいこと、分枝が多くて適宜間引きしないとぐちゃぐちゃになりそう、というところで手間はある程度かかる。夏の直射日光ではオレンジの花色も褪せるが、木陰に居れば大丈夫。

 その現状。それほど大型化するわけじゃないので、地上部に対して鉢が大きい感じがします。ですが、過去に、植え替えのため鉢から抜こうとすると、ギチギチでなかなか抜けない、ということがありました。鉢の周囲全面を埋め尽くすように、縦に根っこが整列してビッシリと伸びていたんですねぇ。地上部に対して、根っこがえらくたくさん伸びる種、という印象です。


===============
 写真は2013年7月上旬。ゲンペイカズラ。こちらもごく普通にたくさん流通する種。学名はClerodendrum thomsoniae。越冬させ大型化させている人も多いと思われます。これで5年ほど経った株。3年目以降、9号鉢のまま、あまり大きくしすぎないようにしているが、そろそろ土を替えるとか、必要かもしれない。昨年(2013)は6月中旬~7月中旬の1ヶ月ちょいくらいで一気に全部咲いてしまい、その後続かなかった。2011年もそのパターンだったけど、2012年は、後からも蕾が上がって来て、2ヶ月以上、もっと長く楽しめました。

 その現状。下の写真のように、地際、もとの株とは全く異なる場所、鉢の隅っこから新しい枝(吸枝, サッカー)が出ております。これは、2012年から伸び出して、2度目の冬越しを経験している部分。植え替えするならば、ここを分離して、ある程度育ったら古いのはサヨウナラにしようかな?

テーマ:園芸 - ジャンル:趣味・実用

【2014/02/02 13:34】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
珍種の生育状況その2(Echium 3種, Ranunculus cortusifolius, Pancratium canariense)
 珍種の経過報告をもう1つ。今回の5種は、いずれもカナリア諸島原産でございます。

 3年前にEchium 'Pink Fountain' の開花に成功して以来、開花に恵まれておりません。エキウムはwildpretii, Pink Fountain, virescensの3種を育てておりますが、いずれも、今年も咲かなさそう・・。




 Echium virescens。これで播種後4年目に突入したのが5株も生存しております。一番上の画像は秋に地植えしたもの。地植えすると、さすがに鉢植えよりは明瞭にでかくなりました。下2つの画像は、2株ずつ。いずれも4~6本ほどに分枝しているのでやけにワサワサしております。4年目なので、普通なら、そろそろ咲いてもおかしくない年が経過したんですが、、、どうも咲きそうにない気がしております。



 1株だけ、こんな感じで葉の密度の高い枝が3本あって、開花するとしたらこれだけかな~とは思います。が、下の画像のように、葉の間には蕾っぽいものが見えません。Pink Fountainの開花に成功した時のことを思うと、今時期で、確か、こうして葉の間を見た時に、蕾の原基(?)のようなものが見えていたはずで、だから、これでも咲かないんじゃないかな~と思うのです。

 その他、全ての枝は、こんな感じでして、ともかく次々と分枝しようとしてくれております。先端にエネルギーを集中すべしと思って、分枝したのを次々と潰した跡が、茎の下の方に見えるでしょうが、無駄な努力だったと思われます。



 4年目に突入したEchium wildpretii。地植えで4年目、普通なら絶対に咲く!と思いたいんですが、これも、葉の間を見ても蕾らしきものが見えません。西日の庭に地植えして、特段遮光もせずに夏越しした、というだけでも奇跡的と言えますが、さすがに夏の消耗は激しかったようで、開花に至らない・・・のだろうと思います。

 これもEchium wiidpretii。2013年の春に播種したものなので10ヶ月くらい経ったもの。発芽して間もない小さいものはまだ暑さに強いんですかねぇ?5株生き残っております。


 Echium 'Pink Fountain'は1株のみ。多分、2年目。夏にたくさん死亡しました。これは夏の時点で、2年目のわりには比較的小さかった株だったと思う。


 Ranunculus cortusifolius(Canary Island Butter Cup)。まさしくキンポウゲ、という感じの、照りのある黄色い五弁花。これもカナリア諸島(~アゾレス諸島)原産。ほぼ"ウマノアシガタ"と同じなんじゃないかと、言いたくなるほど、花は似ていると思います、Webで画像を見る限りでは。葉の形は違いそうですが。播種後2年目ですが、全然大きくなってくれません。山野草的というイメージから、小さいうちから水はけの良さにばかり気をとられておりましたが、それが拙い?もしくは初期成長はこんなもん??? 


 Pancratium canariense。名前の通り、カナリア諸島原産。英名はCanary Sea Daffodil(カナリア諸島の海のラッパズイセン)でして、ラッパズイセン風といえばそんな感じですが、少し風変わりな白い花が咲くもの。断崖に生えるように生きているらしい。カナリア諸島の海沿いなので、凍結するような所じゃないので恐らく霜・凍結はダメでしょう。1回、凍結させてしまったことがあり、一部の葉が萎れましたが、一応まだ生きております。播種後2年目。1年目で小豆よりも小さいくらいの球根ができ、それを植えたもの。春にはちゃんと葉が伸びてくれるんですかねぇ~。

テーマ:園芸 - ジャンル:趣味・実用

【2014/02/01 22:46】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。