「Miracle of the Fishes」のkubosakuのブログです。 こちらは緩く気楽に行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
珍種の生育状況(Canarina canariensis, Isoplexis canariensis, Hakea laurina, Alyogyne hakeifolia)


 いくつか育てている珍種について、現状をメモっておきます。まずはCanarina canariensis(カナリー・アイランド・ベルフラワー)。カナリア諸島原産。これで播種から4年目に突入。5鉢で、10株ほどを育てている状態。夏場は、カラカラにして鉢のまま車庫の奥にでも眠らせる(雨に当てない)、又は掘り起こしてバーミキュライト等に埋めて保管。掘り起こしておいても、まだ残暑が厳しい9月頃には芽が出てくる。有機質は入れても大丈夫っぽく、普通に水はけが良く云々という土に植える。土は、あまり特殊なことに気を遣う必要が無さそう。冬は、朝に凍るほどだったり、北風がピューピューと寒そうだったら室内にしまう。出勤前に外に出す。寒い朝が続く時は、面倒なので室内に3-4日入れっぱなしの時も何度かありました。ここ数日は、風が強いので、鉢が倒れないようがっちりガードして、また、不格好になるけど茎が折れないように支柱を立てて支え、外に出したままにしております。というか、元々、支柱が要ります。つる植物でも無いんですが、茎には張りがあるけど柔らかく、強風で間違いなく折れるレベル。自然環境中では、他の樹木等に寄り添って体を支えているとしか思えません。ダリアのような中空の茎だが細くて折れやすく、たわみやすく、トマトのように支柱を立ててやらないと折れる、というイメージ。
 ウチは幸い、海に近い横浜で平地なので、朝の最低気温が1度や0度になる日もそんなに多くないので、これでイイですが、少し内陸に入ると、毎日入れたり出したりタイヘンだろうと思います。そんな地域ならば、ビニール温室にでも入れ、日中はビニールを開ける、夜間は閉じる、といった対処がよいでしょう。ともかく、凍らせると、一気にしおしおと精気を失い、地上部だけでなく、根っこも一緒にやられ、時には塊根自体も死亡してしまいます。

 晩秋に、いくつか蕾が着いちゃったんですが、その後1ヶ月ほど、動く気配がありません。3月に入れば、動くかな~と、期待したい。1年目は播種から20株ほどできあがり、2年目は2株で5-6輪の花が見られ、3年目は大きくはなったけど1株で1輪の花が見られただけ、という経過でした。4年目、さらに株は大型化し、この時点で明瞭な蕾が5~6個と、春以降の開花ラッシュに期待したい!モーレツに期待したい!ですね。



 カナリア諸島からもう1種、Isoplexis canariensis(イソプレクシス・カナリエンシス)。木というよりは多年草だと思いますが、古い枝が木質化して残るので、育ち方としてはローズマリー風。ジギタリスに近縁で、ジギタリス的なオレンジ色の花穂が咲きます。葉が輪生するのが特異的。残念ながら、秋からずっと葉色が抜ける"クロロシス"になっているのが治りません(泣)。死にはしないと思いますが、春の植え替えで土を替えることで、復活することを期待したい。




 西オーストラリアのHakea laurina(pincushon hakea 又は pincushon bush)。2011年秋に播種したものだから、これで2年と4ヶ月ほどですね。1mくらいにはなりました、が、花はまだまだ。6株が3株に減ってしまいました。葉が次々と、グレーになって全体が死亡してしまう、という経過で3株死んでおります。写真で3つ並んでいるうちの一番右のは、同じ症状にかかったのですが、何とか持ちこたえ、脇芽が育って低めで生残しているというもの。左のと真ん中のは、多少葉がグレーになって落ちたりもしますが、特段大きな異変は起きず、順調に育っているもの。あと2年くらいで咲いて欲しいねぇ~。拡大写真の通り、花芽らしいものは特段見えません。リン酸を極力与えないようにする、というのがポイントですが、日本で売っている肥料は、化学肥料以外でリン酸フリーなんてのは存在しない。だから、どうやって肥料をやったらいいのか、よく分からない。とりあえず、草木灰や、ハイポネックスの薄い液肥、尿素を溶かしたもの、くらいをやったことはありますが、総じて、土に有機質もほとんど無く、ほぼ無肥料で育てている状態。



 こちらも西オーストラリアから、Alyogyne hakeifolia(アリオギネ・ハケイフォリア)。Alyogyne hugeliiはブルー・ハイビスカスの名で売られており、こちらハケイフォリアは"レッド・センタード・ハイビスカス"の名で流通しているらしいです。私のは種から育てたもので、今年の6月初め頃に発芽した、まだ1年経っていない株。
 発芽率が悪かったです。実は、3年ほど前に買ったもので、その当時、普通に種まきしても全く発芽しなかった、というのを経験しておりました。さらに、欲しければ開花株が700-800円で買える花なのでさほど珍しくもない、ということもあって、あまり根性を入れて育てる気にもなっておりませんでした。ですが、気が向いたので播いてみました。せっかくやるならば確率を上げようと、水に1日浸けてから植えたら、10粒ほど播いたうちの2つか3つ発芽して、現在2株維持できております。これを含むいくつかのAlyogyneを総称して、だと思いますが、Australian Desert Roseとも言われるようでして、乾燥にはすこぶる強い。冬は15度以上、と書いてあるところもあるが、少なくとも凍らなければ大丈夫。霜に当てたらどうなるか、ということまで実験する気にはなれないので、凍結や霜でどうなるかは当分わからない(笑)。
 成長は早く、比較的早く咲く、と思われますが、さて、今年の5-6月ぐらいで花が見れるかどうか・・・? なお、こちらも西オーストラリア系らしく、リン酸には弱いっぽいです。だから、これも今のところほぼ無施肥。希に、ハイポネックスをやったことがありますが。

スポンサーサイト

テーマ:園芸 - ジャンル:趣味・実用

【2014/01/31 00:10】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
昨年末~最近に咲いていたもの


 年末頃からゆっくりゆっくり蕾が膨らみ始め、昨日、綺麗に開いたオンシジウム(本日の写真)。昨年夏から育てたものなので、ウチ的には、初開花。ランは嵌ると恐ろしいことになりそうなので、当分これだけですが、頑張って育てよう。




 これはまだ咲いてませんが、蕾だけ。本日の写真で、ボケの"黒潮"。深紅の一重の品種。名前がいいね(笑)。1本だけまっすぐ長く育てるという、盆栽のボケとしてはまるで不格好ですが、私としてはこの形を求めているのでこれでいいのです(笑)。この1本の幹に、蕾がたくさん付きました。1ヶ月前の時点では、花芽がどれくらいできか不安な状態でしたが、この時期になると明瞭に蕾だと分かりますね。




 シャコバサボテンの"トーア・ブリッタ"。写真は12月21日のもの。12月半ばから咲き始め、クリスマス頃にピークとなり、1/10頃には花が終わりました。その後も、間もなく開花、くらいの蕾がいくつか残りましたが、それらは咲かずに落ち、現在は葉だけになっています。




 ラバテラ・バイカラー。アオイ科の宿根草。写真は12月21日のもの。12月初め頃から1月10日頃まで、1~3輪ずつ、ポツポツと咲きました。今はもう咲いてません。園芸を始めた初期の頃に、カタログやネット等で見て欲しい!と思っていたのですが、カタログでは1株で1500円もしていて、ちょっとな~と思ってその後あまり気にしないでいたら、昨年の春だったか、どこかの園芸店で小さい苗を300円ほどで見つけて育て始めたもの。

 四季咲きの宿根草ですが、5-6月頃に咲き、夏場に暑さで抑制され、秋にはまた咲く、のが普通の生育スケジュールと思われます。が、秋は日が短く太陽の低いので、ウチのようなペンシルハウス密集地帯では、直射日光に当たれる時間がどれだけ頑張っても3-4時間しか確保できないため、秋の花芽の形成が遅れるのだと思います。花芽形成が遅れ開花しないまま冬になってしまい、外に出したままだったら、あともうちょっとで咲くんだけど・・・という状態のまま、止まってしまうと思われました。そこで、12月頃から室内に移したところ、ポツポツ咲き始めてくれました。アオイ科の花はほとんどが1日花ですが、寒いお陰で、1輪が4~5日は保つので、総計7~8輪程度と少ない花数でしたが、そこそこ楽しめました。まだ蕾はありますが、大きく育つ気配が無く、恐らく秋冬の開花としては打ち止めでしょう。

 花の色は素晴らしいのですが、草姿が暴れるという問題があります。分枝する枝が、主枝から真横に伸び、ある程度伸びた枝の先端に花が咲く、さらにその枝が細いのでたわむ、という点に問題があり、放っておくとかなり酷い状態になると思います。吊って、垂れる枝を楽しむのがいいか、誘因しまくって立てて育てるか、しか無さそうに思います。年数が経てば、枝が太くなって枝垂れなくなる?かなぁ・・・?

テーマ:園芸 - ジャンル:趣味・実用

【2014/01/19 20:22】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2013年の釣り納めの記録、オーシャン@伊東のボート釣りでマダイ・カイワリ等
 明けましておめでとうございます、というには遅い時期かも知れませんが、本年もよろしくお願いいたします。

 前回の記事から1ヶ月、何かと忙しくてこちらには何も書くことができませんでしたが、昨年末、12/29に、オーシャン@伊東に釣り納めに行きました。風の具合からこの日しか無い!という日に突撃できましたが、年末休みで釣り納め!とハッキリ言える日に釣りに行けたのはこの時が人生初でした。

 当日、西寄りの風が短時間ですが強く吹く時もあって、この風が続いたら辛いな、というくらいには風が出ましたが、吹いても短時間で済み、朝から15時半の終了までみっちり釣りができました。

 狙いはマダイ・カイワリで、竿マキコボシ、ビシ、テンヤの3点セットで、あれがダメならこれ、という感じで節操の無い釣りをしました。

 朝3時半起きの4時半出発、オーシャン到着は6時半。途中、熱海の夜景とか、宇佐美あたりでの朝日とかがキレイだった。いつか、初日の出のために東伊豆に来るのもいいかもなとか思ったり。

 お店は6時半過ぎに開き、トイレを借りたり何だりで岸払いは7時。最近マダイ等が釣れたポイントを聞くと、やはり39mダチとのこと。沖に出ると、39mダチよりやや浅いところでそれなりの変化が微妙にあり、そこにアンカーを入れてみる。が、7:30~8:00まで、特段異変無し。

 8:10頃 39mダチへ移動。まずテンヤを落としてみる。1投目が着底し、底から上げたら既に何か掛かっている! そこそこの抵抗で上がって来たのはホウボウ、42cmでした。


 8:30頃 同ポイントでビシでカイワリが2尾釣れました。


口の中にはたいへんご立派なタイノエ!キモイ!

しかし、数は伸びない。同ポイントで色々やってみるが、どうにもイマイチ、歯車が噛み合わない。だいぶ後になってビシでハナダイ24cmも釣れましたが、全般に冴えない時間が続く。

14:00頃 遂にしびれを切らしてポイント移動。風も出てきたので、帰りを考えて浅めの方へ移動。カメヤホテル前、35mダチで多少の反応を見つけてアンカリング。1回目では上手く入れず、2回目か3回目のアンカリングで目的の位置にだいたい着いた。そこでテンヤを落とすと、またしても1投目の着底時で既に魚が掛かっている!先ほどのホウボウと同じくらいか、もうちょっと鋭い感じの引き。上がって来たのはマダイ、40cmは微妙に届かない39cmでした!

 引き続き、同ポイントでテンヤを落としてもイマイチ。竿マキコボシも試すと、底付近で離LIPすると、けっこう確実にソコイトヨリが掛かる。これを3回続けて3尾確保、4回目でバラシ、そこでコマセ・オキアミの餌切れ。

 あと少々のエビが残っていたので、移動・再アンカリング等しながら最後までテンヤをやってみましたが、さすがに追釣は無かった。

 サイズ測定には厳しいほどに正確を期するオーシャンの親父さんも、今回は珍しく、マダイは最大限引っ張って測って40cmと認定してくれました(笑)。

 以上、テンヤ、ビシ、マキコボシがそれぞれボチボチの働きをしてくれました。釣り納めとしては、まぁちょうどいいくらいで気持ちよく1年を締めくくることができました。
 テンヤで釣れた魚はどちらも、ポイントに着いて落とした1投目でテンヤ着底時に既に掛かっており、居れば食ってくるんだな、という印象でした。コマセで寄せた後、テンヤを落とすのも有効では?と思っていましたが、そういう釣れ方はしなかった。今年はテンヤで何だかんだと釣っているのですが、今のところ、ずっと交通事故みたいな感じなんですが、
それにしても意外と事故率が高い(笑)なぁと思っております。まぁ、今後も色々試してみます。

自宅にて、まとめて。

カイワリの刺身。絶品!

カイワリの塩焼き。これも絶品!

ホウボウの昆布締め。正月料理を彩ることができました。

こちらも正月に、マダイでは無いけどハナダイで。

ホウボウのムニエル

マダイのアラの煮付け

ソコイトヨリの干物。これも美味い!

そして真打ち、マダイの粕漬け!悶絶!

その他、マダイの刺身、ホウボウのアラのスープ。

いずれもちょっとずつですが、色々楽しめるました。口の少ない我が家にはちょうどいい感じです(笑)。



テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

【2014/01/09 23:56】 | 釣り | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。