「Miracle of the Fishes」のkubosakuのブログです。 こちらは緩く気楽に行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
開花中(クレマチス"ウィンタービューティー", 寒菊,ローズマリー)と蕾(クリスマスローズ)
 ウチ的には、この季節の花はもうこれしかない、という状況にだんだん固まってきましたが。

 まずは寒菊。年が明けて数日してから開花したと思います。寒いので、約1ヶ月、ロングランで咲いてくれます。




 クレマチス・ユンナネンシス"ウィンター・ビューティー"。学名については諸説あるようで、人によってはユンナネンシスとアンスンエンシスはこう違う!と主張されている方もいらっしゃる。私にはよくわからないけど。
 咲いた、と言っても、まだ蕾がほとんどで、開いたのは片手で数える程度。1500円レベルの2-3年生と思われる蕾有りの苗から育ったもので、これで購入後3年目、開花も3期目。大きくしたければ鉢を大きくしたり地植えしたりで、もうどうにでもできるだろうけど、当面はこのままかなぁ。なにせ、見栄えをよくするための手入れが面倒くさい。こうやって写真撮る前にも、枯葉を取り除いたり、枯れた枝を辿って元から切ったり、花を隠している葉を取ったりしているし。花が、葉の裏に隠れるように咲くのが奥ゆかしい、と表現すると、モノは言いよう。ホントは全然そうは思わない、葉の裏で咲いてしまっては、花を楽しむための植物としてはイマイチ冴えない、と思ってしまう。
 花後は、新しい茎がアッチコッチの節から四方八方に勢いよく伸びます。どうやって整理して誘引したらいいの!?と困ってしまう。こんな悪い見本みたいな感じじゃなくてきれいに巻いて誘引したらいいのでしょうが、伸びる速度も速いし、コイツにそんなに時間を掛けて向き合ってやることができない。だから、伸びすぎたものは強引に下げるという、超テキトーな誘引しかやる気が起きない。さらに常緑ではあるものの、古い葉は夏場に枯れる。枯れ葉が勝手に落ちればいいのだけど、自然にはなかなか落ちてくれない。従って、放置すると枯れ葉山盛りになってしまう。あぁ、なんて愛情のカケラもない表現・・・、だけど、この季節の花が少ないという希少性から、まだ当分育てることになるでしょう。


 もうすぐ咲きそうなクリスマスローズ。白い蕾ですが、品種名は何と、かの有名な(悪名高き?!)"ブルー・メタリック・レディー"です。小苗で買ったものだから文句は言えない、んですかねぇ? 「このドチビで980円?!」という苗からスタート、2年育ててやっと開花にこぎ着けそうですが、紫~灰色が咲く気配も無いというのは凄いよね(笑)。「ダブルのこの花とこの花を掛け合わせたものです」って感じで小苗がいい値段で売ってるのもよくありますが、それは単なる掛け合わせだと明記していているし、これならどんなものが咲こうが文句は言えない、というのが予めわかった上で、買うことになるわけですが、ブルー・メタリック・レディーに関しては、ちょっと違うよね~。メタル青の、それはそれはビックリするような色の花のラベル付きで売っていて、その通り咲いたという報告はブログ的には皆無という代物です。それでも他の画像を探していくと概ね紫系が咲いているみたいですが、さすがに白は想定外だった。
 そういえば、今年はもう園芸店でこのラベルを全く見かけなくなった。よほど苦情が多くて終了したんじゃないかと想像します(笑)。
 ここから、まさか、咲いたら紫系に変わる?! 確かに変わるものもありますしね、しかしこれくらい白いとさすがにそれは無いんじゃないかなぁ~。ともかく、咲いたらまたUpします。



 ミヨシのクリスマスローズ、ルーセ・ピンク(上)と ピコティ(下)でございます。これらは我が家に来てから6年目、開花は5シーズン目にもなったんだなぁ。これらはラベル通りの花が咲いています(笑)。特に、"ピコティ"は、一重でオーソドックスな花ですが、コロコロした丸い形、バリッとした色といい、非常に素晴らしいです。今年も花がさらに増えそうで楽しみ!



 ローズマリー、匍匐性のサンタ・バーバラ。年中咲いてますが。。。 いつ買ったか覚えてないのだけど、写真の記録で一番古いのが2008年8月30日に撮った以下のような写真だった。


 ここのサイズから、4年半でもう1枚上のサイズまで来たことになりますが、鉢植えだから成長が緩慢という効果もありますが、料理等で相当切って使っているので、伸ばし放題で育てていればこんなサイズでは収まらないとは思います。この間、植え替えは鉢増しで1回のみ。そろそろまた、次の植え替えを考えた方がいいかな?


 今更Upするのもナンですが、ゴールドクレストが枯れたので(根詰まり放置で植え替えなかったのが原因と思っている)、今年のウチのクリスマスツリーはこいつでした。でも、ローズマリーのクリスマスツリーなんて、けっこうしゃれてていいんじゃない?!


 右はスタンダード風に仕立てようとチャレンジ中のローズマリー、品種は"ウッド" (真ん中のはさっきのサンタ・バーバラ)。伸ばしている茎は2株4本、それをテキトーに絡めながら伸ばしているので、ハイビスカスや観葉植物等の売り物でよく見られるような美しい編み込みには全くなっていない、いい加減なものです。まぁしかし、個人でやるのはこの程度でもいいかな~って思いますが。に、しても、半匍匐性の本種を選んだのは吉と出るか凶と出るか?


スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2013/01/31 20:56】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
昭和記念公園と日比谷公園の紅葉(12月上旬)
 今更のハナシでスミマセン。12月上旬に昭和記念公園@立川および日比谷公園に訪問した際の記録です。こういう季節モノはその時すぐにUpするのがブログというものですが・・・、まぁご勘弁を。ボツにするつもりだったけど、後から振り返って写真を見ると、やっぱきれいだったんだな~と、改めて思いまして、Upしときます。こんな気候の国に住んでいるのなら、季節モノを楽しまないと損だよね~。ウチにも紅葉が楽しめる木として、カエデを1鉢、欲しいなぁとか思ったり・・・。あ、ブルーベリーはあるけど。

 さて、昭和記念公園にはこの時初めて訪問したのですが、想像以上に広大な敷地で、正直、来たことを後悔してしまった。まぁ、公園内のレンタル自転車を利用すればいいんですが、そんなものあるなんて知らなかったし。現地に行って、奥の方の日本庭園やこもれびの丘を目指して歩くのですが、だいぶ歩いたな~と思って看板見ても、エッ、まだこの程度しか来てないの?!と驚いたり。えらい広さだ、というのは地図を見ただけでは理解できていなかった。途中で自転車を目撃し、オヤ?と思ったらレンタル自転車があるのを後で知り・・・、しかも当日は通れると思ったところが通れなかったのが再々あって無駄な歩きが多く、用事もあって、立川駅から出て西立川駅で帰るんですが、その制限時間は駅to駅で3時間という制約の中、最後は走るしかなくてチョー辛かった。 後から調べると、8km以上歩いて(走って)いたのに2/3ほどの敷地を回っただけだったことが判明・・・、というわけで、運動が目的でない限り、全体を見ようと思ったら自転車レンタルは必須!

 と、いきなり季節感の無い前振りですが(汗)、以下はまさしく駆け足で撮ってきた写真です。

 
 霜。立川まで来ると朝は冷えるんですね~! 横浜平地では、ここまで美しい霜はまず見られません。ちょっと内陸に入った程度で、状況がずいぶん違って驚きました。

 霜柱。これも、12月上旬でもうこんなのが出るとは驚きです。今時期(1月中下旬)なら連日霜柱出てるんでしょうねぇ。こりゃ霜で草花が痛むはずだ。横浜平地の我が家近辺では、このレベルの明瞭な霜柱は、そう再々出ない、出るのは大寒前後の、まさしく今時期くらいです。ただし、昨年と今年は冷え込みが厳しく、12月中にも霜柱が出た日がありました。今年は対応をミスって、Canarina canariensisの一部がダメージ受けてしまった。

 イソギク。立川駅に近い方、料金所外の昭和天皇記念館の屋上にて。満開で鮮やか!

 同時期(11月末)の、我が家のイソギク。まだこれからって感じでした。年末頃が見頃だったかな~、今はさすがに花は茶色でそろそろ手入れしないとまずい状態。

 昭和天皇記念館屋上からの富士山。

 コントラストが鮮やか! 赤いのはドウダンツツジ、黄色は何だ? 昭和天皇記念館屋上にて。


 立川口料金所からすぐのイチョウ並木。ほとんど散っており、清掃が始まっておりました。


 眩しいほど鮮やかな赤! 種類はワカリマセンが普通にはイロハモミジ?


 みんなの広場。郊外とはいえ、こんな広大なところがあるんですねぇ、写真では全く伝えきれない広さ。奥の中心には富士山が写っているんですが、わかる? 広場中心のけやきは、近づくと飲み込まれそうなほどの巨大さ、圧倒的な存在感。同公園ができる以前からそこにあったもので、シンボルツリーだ、ということを後から知りました。


 こもれびの丘(花の丘?)あたりの小高い所へ上がって東を見ると、スカイツリーも見える!ちなみに私、意外な所から富士山がちらっと見えるのを発見することに喜びを感じるのですが、スカイツリーもよく探すようになりました(笑)。ちなみにこの時乗った南部線、富士山はもちろんですが、逆サイドにはスカイツリーも時々見えて、車窓の眺めも楽しかったです。いつも乗る京急線では、富士山はよく見えるけど、スカイツリーは方向が悪く(ほぼ真正面)、見えそうにない。



 日本庭園。季節柄、太陽光が斜めから射すので、見る方向による光の加減が変化して面白い。そして、方向によってはえらく写真が撮りにくくなってしまう。

 日本庭園のドウダンツツジ。いやもう、同じ樹種でも場所によって紅葉の美しさがこうも違うか、というくらい、ここでの紅葉は鮮やかで素晴らしかったです。ウチや会社の近所の紅葉とは大違い。同じ関東平野とはいえ、この程度の距離でも気候がこんなに違うんだということがよくわかりました。この頃より少し前に山梨に遊びに行っていた時も、紅葉が非常に鮮やかで、同様のことを感じました。

===============


 こちらは同日(12月上旬)の日比谷公園。イチョウはまだ散っておりませんでした。モミジはこちらでも色鮮やか!だけど、やはり鮮やかさという点で、気候の厳しさ度合いが違うというか、端的には気温の低下速度が違う、ということが感じられます。

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

【2013/01/26 18:47】 | 植物園などの植物 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
カサブランカの掘り上げ&植え替え、E. wildpretii地植え、そして積雪
 1/13は良い天気で、1時間ほど庭の作業ができ、先のウコンの収獲の他、ユリの植え替えもやりました。

 昨年夏にユリ(カサブランカ)がワサワサと咲いたので、混み合った球根を掘り、小球を廃棄しようと思って作業しました。しかし、土がガッチリ、というか、ガクアジサイとクチナシの根っこがえらい所まで進出してきており掘りにくいの何の。最終的にはガクアジサイ/クチナシの根っこはブチブチ切りまくって浅いところで育っている球根だけを掘り上げた。


 これらはごく地表、15cmくらいまでの範囲から出てきたもの。球根の上端はほとんど地表でした。こんな浅いところで小球が肥大していたとはビックリ!こぶし大以上に育っている球もあった。さらに深い層に親玉が居ると思うとニヤニヤしてしまう。今回は、このうち左3つについて、位置を若干ずらして、少し深め、と言っても30cmくらいしか掘れなかったんだけど、植え直し、残りは廃棄した。


 翌、1月14日。首都圏が雪で交通マヒした日。これが平日だったらもっとタイヘンだったよね~。朝8時半頃降り始め、9時半でこの程度。前日の予報から、積もらないのかなと思っていたら全然そんなことは無かった!前日までの予報以上に寒気が下りたようで、当日の天気予報では一転、雪の予報に変わっていた。私の車はスタッドレスタイヤにしているので、普通の道を走る分には大丈夫なので、娘がプールに行きたいとか言うので、ゴミ処理場焼却熱利用の温水プールに連れて行きました。客が少ないことは予測していましたが、お昼前後は完全貸し切りになるほど誰もいなかったwww。しかし、温水プールったって、水から出たら寒いですからねぇ、更衣室は比較的暖かいけど、水泳中にトイレを往復する時が、かなり寒くて辛かった。それでも娘的には大変楽しかったようでした。

 帰り道は、渋滞ポイントとそうでない所との落差が激しかった。幹線道路の立体交差を上りきれずに路肩に置き去りになる車が続出、さらにその直前の某駅において送り迎えを幹線道路でおっ始める車も続出し、車は少ないのに大渋滞。そこを抜ければ無人の荒野の如くでスイスイ進んでしまうという、もうね、おまえら(以下自粛)。
 しかしね、スタッドレスとはいえ、4WDではないので、これだけ積もると私の方もちょっと怖かったし、出ない方が安全だったのは確かですが。



 翌朝(1月15日)。凍ってました。昼にはグズグズになるのでしょう。しかしね~、雪国と違って、降ってもすぐこんな快晴になるんだもんね、太平洋側は恵まれている。


 1月13日、秋ウコン跡地にすぐ地植えしたEchium wildpretii。植えた翌日に早速雪まみれになってしまったが大丈夫だろうか? 今頃植えるなら春まで待つのが普通でしょうが、抜いてみると根っこは非常に元気な状態だったし、神奈川の平地では霜はそう再々下りないし、10℃程に上がれば成長もするし、ということで、地植えするなら、春を待たなくてもいいだろう、と思って植えてみた。2年目の春(今春)にポリポットから6号鉢に植え替えた苗で、3年目とは言え比較的小さい苗なので、咲いてくれるのかどうか・・・?
 なお、同様の経過を辿って育っていた苗のうち、2つを秋に10号鉢に植えましたが、そちらはそこそこの大きさに育ってきています。に、しても、ある程度大きい苗を夏越しさせるいい方法は無いものか? 山野草栽培の世界のノウハウを導入していくのがいいんだろうなぁとは思うんだけど。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2013/01/16 00:33】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
秋ウコン植え付け~収獲の記録
 西日の照りつける花壇において、夏場、何を育てるのが最も楽しく効果的、かつ適応的か?と考えて、ウコンを育てようと思いました。せっかくなので利用することを考え、成分とか色々見て、標準的に秋ウコンが良かろうと思い、育てること約8ヶ月。先日収獲したら、思いのほか成績が良かったので、ここでまとめてみました。家の外壁のすぐ西側なので、日照時間は夏場は正午~16時or18時頃まであるが強光線、秋以降は正午~14時半とか15時頃までと日照時間が極端に短くなる、そんな条件下です。横浜の平地なので、霜はあまり下りません。同じ横浜or東京都内でも、少し内陸に入るとけっこう霜が降りるのですが、海に近い地域はギリギリ霜が出ない日が多いです(それでも厳寒期は多少出ますが)。

 植え付けは5月20日頃。芽が出たのは6月下旬。ここまで写真無しでスミマセン。最後の方に出てくるくらいのスペース、40cm×25cm程度のスペースに種芋(塊茎)を4つ植え、うち1つは芽が出ませんでした。土壌は、これまで色々育てて来たので、40-50cmは耕されている良好な土ですが、粘土質も多く混じっており水はけはそんなにいいとも言えない。土には適当に腐葉土とか有機肥料(バットグアノ、草木灰、油かす)をぶっ込みました。追肥も時々、普通のN-P-Kが4-7-3くらいの有機肥料をやったり、草木灰を播いたり気まぐれにやりましたが、どれほど効果があったかはワカリマセン。ともかく、条件がピタリと合った、ということに尽きる気がしますが。


 7月21日。夏の初めはまだこんな小さい。

 8月1日。急激に大きくなってきました。

 盛夏の成長著しい時期の画像が無く(汗)、飛んで9月3日。既に巨大化しています。高さは1.6mほど。強い日差しに当たると葉はクルンクルンに巻いて心配になりますが、夜には回復します。

 9月28日。

 9月30日。台風対策で簀巻きに(笑)。

 11月4日。まだ全然元気。次の植物を植えたかったからこのへんでくたばって欲しかったのだけど。12月中も完全に枯れるという感じは無く、年を越してしまう。

 2013年1月12日。そろそろ収獲しましょうか。


 
 
 収獲はこの3つ、1つ当たり可食部が400gくらいで、沖縄から通販で出ているものと1個あたりの重量は同じ!ということで、大成功! ウコンの塊茎は、扇状に平たく拡がって育つのですね。

 しかも、それが植わっていた場所はこの極小スペース! 正午~午後の強い日差しだけが照りつける過酷なスペースですが、ウコンならイケルだろうという読みは大当たりだった。しかし、本当は花を鑑賞したかったのだが・・・。

 ウコン茶。想像以上にマズーー!!! さて、どうやって使うのがいいのでしょうか、美味しいってことは期待できないのか?! カレーならいいんだろうけど。 肝臓のために適量を、苦さに耐えて飲むものなのか?! まぁ、スパイスの類も大量に入れれば何だって不味く、ごく少量、適量を入れるからパンチが効いて美味しくなるというものなので(お茶だって濃すぎると不味いし)、たくさんできたからって多めに投入するのが間違っているのかもしれない。でも、このお茶は推奨量で煎れているんだけど。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2013/01/15 23:59】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2013年初釣り! アマダイ大感謝祭!
 2013年になりました。明けましておめでとうございますというには遅いですが、本年もよろしくお願い致します。

 さて、Miracle掲示板にて既報の、1月4日(金)、2013年初釣りの記録です。

 北寄りの風が強めとの天気予報から、東京湾や東伊豆は無理と判断、こんな時は真鶴しかない。真鶴へは昨年、結果的に釣り納めとなった釣行で行ってましたが、しょぼっとした釣果がやや残念でした。そこで、アマダイよ今度こそ!と、緒方さんへ電話。今年は1/4(金)をお休みにしている人も多かったろうと思いましたが、それでも平日らしく、前日お昼前の電話でも、大人気の緒方さんの2馬力船を予約できました。

 貸しボートおがたが大人気なのは、2馬力船でたった5,000円(+駐車場800円)という安さとお人柄もさることながら、パラシュートアンカーやライフジャケットはもちろん、ボートは生け簀付き、1つor2つの竿受けが固定されている、タモ網、バケツ、ションペット、ついでに灰皿(私は要らないが)まで貸していただける、椅子に座って釣りができるから腰にも優しい、等々、至れりつくせりのサービスも素晴らしいからです。5,000円は本当に安すぎますよ、もっと取ってもいいのに、と申し上げると、いろんなご事情が(以下略)。めげずに頑張っていただきたいです。

 さて、以上のようにいいことづくめのようですが、最大の問題点は、初めて操作する2馬力船を、ドン深とはいえ両岸が岩礁に挟まれた幅の狭い浜で180度回転させるところからスタートしなければいけない、というところです。これが、運動音痴にはけっこう危険なのです。私が初めてこれを操船した時は、風が吹いて流されやすい状況であったせいもあり(と天気のせいにしつつ・・・)、かなり怒られましたし、昨年末に何年かぶりに行った時も「それじゃだめ、戻してやり直して」てな感じで教育的指導を受けました。また、行っていい場所、いけない場所、やってはダメなこと等々、初めての方は十分御指導いただいてからスタートして下さいませ。

 釣りの詳細は先のMiracle掲示板、および後に更新するであろうMiracle HPの釣行記をご参照下さい。HPはホントにUpするの?と、我が事ながら心配になるほど1年以上放置してますが、そろそろやります。

 今回アカアマダイが釣れたのは水深75mほど、最初に23cmが釣れたポイント近辺をしつこく流しました。GPSを使っていれば、簡単にピンポイントに戻れて超楽ちんです。最大が釣れたのは9:30頃、元のポイントから10mと離れていないポイントで、オモリを底から2m巻き(仕掛けが2m)、3mまでゆっくり巻いた所でグググッと竿が入る(※海面に上がるまで時間が掛かるので、少し底を切ったところでGPSにポイント記録することを忘れてはいけない)。アマダイと確信できる引き、中層でもそこそこの抵抗、最後は潮下にポコッと、今まで見たこともないようなでっかいアカアマダイが浮き上がる。アタマがヤバイくらいでかい。48cmもあった。もちろん自己記録を大更新!


 さらに、100mほどずれた所で10:15頃にも40cmが上がる。
 さっきの48cmと並べて。こうして撮るとサイズがよく分かりませんが(画像を圧縮しすぎって話も)、2本の赤い矢印の間が50cmなので、それでご想像して下さい。

 10時半頃でアマダイ狙いを終わりにして浅めの所へ移動。11時頃、35mで何やら掛かる。ホウボウかな?と思ったら、ミノカサゴ。
 



 本日は餌取りが全然釣れなかったので・・・
 カモメ(セグロカモメ)へのエサはナシよ。

 ※ちなみに小魚が釣れても給餌しないが吉。給餌するなら最後にまとめて。カモメが3-4羽も寄ると、熾烈なエサの奪い合いの結果、浮いた小魚を針から外す前に(ボートに取り込む前、針についたまま海面に浮いている時に)取りに来るほど殺伐として、いずれカモメが釣れるんじゃないかというほどになって危険です。うきぶくろの無い(or膨らみにくい)魚で、すぐ泳いで潜ってくれるヤツならリリースできますけどね、そんなヤツはサバ/イワシ類とトラギス類くらいしかいない。だから、外道で釣れた小魚も小さいアマダイも全て、基本、持って帰るしかしょうがない。

 13:30までとなっていますが、沖上がり11:45で余裕の終了。

 帰り際、駐車場付近からの眺め。これまで何度も見た海ですが、こんなに輝いて見えたことはない、というくらい眩しい! 気持ちいい~! 、腕は、例の階段を重いクーラー抱えて登ったためプルプル震えておりましたが。

 釣り初めとして、これ以上のことはまず無いだろうというくらい、いや、当分これを越える釣果を得られる気がしないですが、今年も地道にやっていきたいです。

 アカアマダイ、48cm(1.13kg)と40cm(0.76kg)。(まな板の長さが41cm)

 アカアマダイ、31cm、23cm、21cm×2、ミノカサゴ27cm、アラ15cm

 ゴマサバ37-38cm×4


記念撮影

テーマ:釣り・フィッシング - ジャンル:スポーツ

【2013/01/07 21:21】 | 釣り | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。