「Miracle of the Fishes」のkubosakuのブログです。 こちらは緩く気楽に行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
クレロデンドルム2種(ブルー・エルフィン、ゲンペイカズラ)、クロサンドラ

 7月21~23日頃に東から冷気が来て涼しい日がありましたが、それ以降は連日猛暑! 私は寒さには滅法強いですが、暑さ耐性の低さ、というか、発汗量が尋常じゃないので、おかげで出勤するだけで、汗で全身濡れネズミ。まぁでもあと1ヶ月少々耐えれば良いのだ・・・、と自分に言い聞かせております。
 この暑さで植物は概ねくたばりかけて、特にEchiumたちはちょぼちょぼと死亡したり、死にそうになったりしております。意外なのはバラですねぇ、今年初めて育てているわけですが、どうせ夏にボロボロになるんだろと思っていたら、意外と青々としていて開花しているのまであるという。まぁ、これから1ヶ月もタイヘンなんですけどね。
 さて、上の写真は クレロデンドルム・ウガンデンセ(Clerodendrum ugandense)が正式な学名ですが、日本での通称はブルー・エルフィン、又はブルー・ウィング、英語ではBlue Butterfly Bushなど。クマツヅラ科。下2種ほどメジャーではないけど、そこそこ一般的に園芸店で苗を見かけるのでそれほど珍しいものでもありません。私のは昨年買って、1冬超した株。越冬は普段生活している室内に置いてましたが、葉が全部落ち、だいぶ短く切りつめました。4月下旬以降、長い茎が4-5本伸び、その先端にこうして花が咲きました。2日前から咲いてます。
 さすがに、小苗から育ったばかりの1年目とは雰囲気が違います。それは、蕾が50~60個ほど1つの穂に固まって付くようになったということと、枝が太いということ。昨年は、伸びた主枝から出る脇芽の先に5~10輪ずつ咲くという感じでした。これだけ固まって咲いてくれると華やかで良いですねぇ。


 クロサンドラ、というのは属名で、種名まで調べてみるとCrossandra infundibuliformisという名前でまぁ覚えるの、むりですね(笑)。キツネノマゴ科。こちらはもの凄い勢いで一般的に、小苗が園芸店に並んでおります。しかし、こちらも室内越冬が必須で、多分、耐寒性は先のブルーエルフィンや下のゲンペイカズラやより悪い、すなわち高い温度が必要で、基本、葉を落とさない方がいいんじゃないかと思います。が、これも、今年は自宅無加温室内で、葉が全部落ちましたが、死亡しませんでした。


 手前の白いのはゲンペイカズラ(Clerodendrum thomsoniae)。クマツヅラ科。明治時代に既に導入されており、植物園の温室などでは大株も見られます。園芸店でも夏になれば小苗はいくらでも売られていますが、やはり室内越冬が必須です。室内では葉が殆ど落ちることもありますが、無加温の室内でも保ちます。一応、最低気温推奨は5℃とのことですが、以上3種のなかでは、これが耐寒性が一番高そうに思います。越冬2年目・3年目は、葉がある程度残った状態で越冬できています。葉の色は濃く、白い苞から赤い花が咲くので、これが一つあるだけでも十分楽しめます。苞がピンク~薄紫色の品種もあるらしいです。

 ウチの夏は、昨年も以上3種が基本でしたが、それにあと2~3種ほど、やはり熱帯性の花木を導入しつつあります。調子が良くなってきたらまたUpします。
スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2012/07/29 19:32】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
チャールズ・ダーウィン(ER)2番花




 うちのイングリッシュローズの”チャールズ・ダーウィン”、2番花の見頃です。写真は数日前、土曜日のもの。火曜日(7/24)からはまた暑さ・日差しも厳しくなってきたので日陰に移してますが、先の週末は涼しかったのでオモテに出してました。

 一応大苗とはいえ、昨年冬に買ったばかりのDavid Austinのタグ付き輸入苗だというのに、けっこう頑張って咲いてくれるもんですねぇ。しかもこの暑い時期だというのに、これだけきちんと咲いてくれるとは、思いのほか強い品種だなぁと感心しております。
 ただし、鉢を敢えて買った時の鉢のままにしているせいで(買った時の育て方のチラシにこのまま育てろって書いてあったので)、日差しに置くと水切れ必至なので、花が終わるまでは日陰の玄関周りに移すことにしました。少し切り花にもしました。香りは、私の感度の悪い鼻では相変わらずよくわかりません(汗)。
 また、花の色がどう見てもカラシ色ではありません(笑)。コロコロと丸い花だし、微妙にアプリコット色がかってるし、一番花の時だって色は濃かったけど似たような感じだったし、ということで、まさか”ジュード・ジ・オブスキュア”とのラベル間違いでは無いだろうか・・・?と、一昨日までは疑っていました。
 しかし、日が経って退色し褪せた黄色っぽくなり花が開いてくると、やっぱりダーウィン先生なのかなぁと・・・。 オブスキュアの方はほとんどずっとコロンコロンで丸くて、退色時に黄色っぽくなることも無さそう?どうだろう? あと、ウチのは枝がだいぶ細く柔らかく、開花時に花の重みで大きく枝垂れまして、その点はダーウィン先生らしいのかなぁと思っております。ですが、今後も要観察、ということで。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2012/07/25 23:26】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
カサブランカ、クロサンドラ、チランジア・ストリクタなど


 元気ですかっ! と聞けば 元気ですよっ! と気持ちのいい返事が返ってきそうなカサブランカ! 9輪開花で蕾はあと3つ。関東は昨日梅雨明けとなり夏本番ですが、こんな季節に、西日が照りつける花壇でこれほど豪華な花が元気に咲くなんて、感涙モノです。カサブランカがこんなに調子いいのなら、オリエンタルハイブリッド系のユリをもっと増やしちゃおうかとか考えてしまいます(笑)。西日だけが差し込む花壇で、なぜこんなに絶好調なのかと考えると、南側にアジサイとクチナシがあって、株元がちょうどいい陰になっているのだろうと想像していますが、そんな理由で、しばしば伐採候補となるクチナシが、いつまでも残っているんですよね~。

 その奥に映り込んでいたクロサンドラ。こちらもワサワサと花が増えてきました。


 ジギタリスをばっさり刈り込みましたが、株元から、まだ咲こうとしている花茎が出てきておりました。


 今年は、秋ウコンを花壇奥の方に植えてみました。ウコンはこれからの激暑の季節でも十分保つと思うし、花も個性的で好きなのですが、収穫した根も、健康のため、すり下ろしてウコン茶にしていただこうと思っています。不味そうだけど(笑)。


 Euphorbia martinii(ユーフォルビア・マーティニー)の現状。これは、5月下旬のうちに間引いておくつもりだったのを忘れたまま6月上中旬となり、その間に蒸れまくり、花が咲いていた茎はほとんど枯れ、6月下旬に大きく伐採しました。さらにその後も、残った少量の葉がダンゴムシやヨトウムシに食われて小さくなってしまったのですが、どうにか生き延びて活力を取り戻しております。下の写真は、昨年の7月14日の状態。
 もう、ワッサワサでキモイ(笑)くらいです。昨年は、適切に間引いたお陰でこういうサイズで保ったのだと思っています。まぁ、せっかくなら大きいまま元気な方がいいですけど、今の小さい状態でも夏を越せれば、来年の開花期のボリュームには全く問題が無いでしょう。


 Tillandsia stricta(チランジア・ストリクタ)、本日の様子。開花認定日は紫色の花弁が見えた7月16日。小さい株でもちゃんと花が咲くんだねぇ。株元の脇から子株が増えるらしいのですが、これもワサワサと増えて欲しいものです。


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2012/07/18 23:03】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ユリ(カサブランカ)、バラ(チャールズ・ダーウィン)他
 今年もカサブランカが元気に咲いてくれました!

 蕾12個中、3つが7月14日に開花しましたが、昨年と全く同じ開花日となりました。そして1つが16日(本日)開花。春に、極太の芽が出てモリモリと育ちましたが、それが高い位置で咲いている株で、まっすぐにすれば高さ2m弱、蕾が8個。低めの蕾は1輪が2本と2輪が1本。植えた初年は1本で3輪、2年目はゼロ、3年目は4本で4輪と来て、4年目にして4本で12輪と、急激な伸びを見せております。あと2-3年したらかなりヤバイ勢いになってしまうかも(喜)。5月下旬~6月中旬頃、成長途上の葉が妙に薄くて弱々しくてウィルスが大変心配されたのですが、この様子なら問題無さそうですね。ちなみに奥にぼやけて写っているのはクロサンドラ。



 クチナシも、7月上旬から開花し続けております。上の方は7月13日、下の方が同じ場所の7月15日の写真ですが、開花期が遅いものだから、暑くてあっという間に黄色に染まってしまいます。しかも、花の開く速度がゆっくりで、開ききらないうちに黄色くなったり、例年通り、咲かずに蕾がボトボト落ちたり、花の形も散らかり気味だったりと、依然として健康状態は怪しいのですが、年々、少しずつ良くなってきているような気も。



 イングリッシュローズの"チャールズ・ダーウィン"の2番花が7月14日に開花!しかし、水切れで翌日にはすぐクシュクシュになってしまいましたが・・・。鉢が小さいので水切れは如何ともし難く、でも蕾はまだ7~8個あるので、花が終わるまで日中は室内に入れてみようと思っています。少なくとも明日までは強風もキツイので、そういう意味でも室内かなぁ。ところで、色がだいぶ薄いんですよね。概ね、ほとんどのバラで夏の花は色が薄いとか整わないとかなるようですけど、方々の情報を見るに、この品種は季節による色の変異が激しい方のようです。でも、形はいいと思います。ちなみに下の画像は5月25日撮影の1番花。
 1番花の時は、アプリコットがかった黄色でした。で、カタログや図鑑によれば「カラシのようなくすんだ黄色」なんですが、方々のブログなんぞを見ていると、なかなか、その通りの色が見れることは少ないようです。が、これはこれで味わいと思っています、いろんな表情を楽しませていただこうと思います。香りは、図鑑にはフルーティー系らしいんですが、私には相変わらずよくわかりません(汗)。他の方のブログを拝見すると、香りの方も、変異が激しいようです。


 インテグリフォリア系クレマチス"籠口"もまだまだ元気!


 エアプランツ、 チランジア・ストリクタ (Tillandsia stricta) も花茎を伸ばし開花間近。今朝(7月16日)には紫色の花弁が見えてきたんですけど、まだ写真を撮ってなかった。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2012/07/16 23:58】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ラベンダー、メカルドニア、パボニア、花菖蒲の株分け
 3-4日前の画像ですが、以下のように咲いたり作業したりしてるので記録しときます。

 花菖蒲を、7月1日に株分けしました。今年、3年間咲かなかった株を再度開花させるに至り(5株中1株開花で成績は悪かったけど)、調子に乗ってもう1品種加えました。そして、花も終わり、花菖蒲は花後即座に株分けすべきなので、こうして作業したわけです。大きいポットが1個しか無くて(元々、今年買った"五月晴"が植わっていたポット)、小さいポット(10.5cm)も使ったけど、小さいのは、秋には大きいポットに替えた方がいいのかなぁと思っています。今年、以前から持っていた株を復活させた際、冬越しまで10.5cmポットだったのですが、その時点でポットが小さすぎたのが成績悪かった原因かなぁとか思っているんですが、どうでしょう???


 Pavonia intermedia hort(パボニア・インテルメディア)という、アオイ科の花木。アオイ科だけど、葉っぱは全然アオイ科っぽく無いですが、花の芯が、アオイ科風です。耐寒温度5℃とのことで冬は室内管理が必須。土曜日に衝動買いして日曜日に鉢に植えました。あんまり、植物増やすわけにいかないんだけどねぇ、、、何かリストラしないと。今んとこ、ユズを処分しようかなぁ・・・と思っております。結局、使わないし(大汗)。あと、夏だからってバジルとかトマトとかやろうとしない、とかね(笑)。


 ラベンダー、ラバンディン系の"グロッソ"という品種で、暑さに強いうえに香りも良いという、暖地向け品種。ウチでも大丈夫だし、香りがいいのはもちろん、ラベンダーらしい姿形をしているし、同じく暑さに強いストエカス系より好きかも。しかも私は、選定時期をよく分かって無くて、越冬後、3月頃にバッサリ刈り込んで、後から、花芽取っちゃったんじゃないか?!と焦りましたが、旧枝の根元から伸びる枝でも十分花が咲きまして、思ったより管理も簡単そうです。
(7月7日追記)後から調べてみると、ラベンダーは、系統毎に剪定適期は異なるようで、この系統は強剪定は2月まで可能だそうで、あまり大間違いじゃなかったようではあります。今時期、蒸れて株もとの葉が萎縮しかかっているので、収穫を兼ねて枝を摘み取り、透かし、枯れ葉を取り除き(無理に引っぺがすなとのこと)、株もとの風通しを良くするべし、とのこと。11月に軽く剪定し、株をコンパクトにしたいなら1-2月まで強剪定も可能、だそうです。(参考)



 メカルドニア。5mm程度の黄色い花が咲きます。調子よければビッシリ咲いてくれるようで、園芸店には大きな玉状に育てたのが展示してありました。まぁ、ビッシリとはいってないけど、暑さに強い草花として宿根草の本に紹介されていたので昨年植えたのですが、我が家のグランドカバーとしてはこれだけが生き残っています。他、ニーレンベルギアも強いと思って昨年春に2種類植えましたが、それは死んでしまった。


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2012/07/05 22:58】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
クチナシ、クロサンドラ、クレマチス他
 クレマチス"オレンジ・ギャル"とクチナシが同時に咲くのは期待していなかったけど、昨日、我が家としては早め(世間一般にはけっこう遅め)にクチナシが開花してくれました!しかも、絡んでいる"オレンジ・ギャル"の方すら、ほんの数輪しか咲いていないのに、ちょうどその咲いている直下の蕾から開花してくれるとは、嬉しいねぇ~! まだ暑さは厳しい!というほどじゃないので、クチナシには、今のウチにじゃんじゃん咲いて欲しいところ。 今日はさらに2-3輪ほど開きましたが、それだけでも甘い香りが漂いまくりです。


 矮性のインテグリフォリア系クレマチス、"ブルー・ベル"が咲きました。昨年は地植で地面スレスレで1輪咲いたのみだったところ、春に鉢に植え替え、今年も、まずは1輪、花を拝むことができました。一応四季咲き性ですが、まぁ今年も地味にちょぼちょぼですかね。でも、元気で良かった。



 そのクレマチスは小鉢に移植したのですが、その小鉢を船のブリッジに見立て、船型テラコッタの真ん中にぶっ込んでおります。麦わら帽のお猫には竿を持たせたいんだけどね(笑)。 あと、地面にこうやって置いてても面白く無くって、なんとか宙に浮かせたいんだけど、未だいいアイデアが浮かばず。猫の左は矮性のカンパニュラ・ラディアナ"フィフティ・ブルー"ですが、今年は開花時期を過ぎたので残念ながら花は無し。ブリッジ鋏んで反対側で大きく育ったのがイソギク。イソギクの葉が、野生種でありながら白い覆輪がクッキリ出るのがなんてカッコイイのだろうと思って入れてみたんだけど、剛直に大きくなりすぎてアンバランス、もうちょっと締められれば良いのだけど、まぁ寄せ植えみたいなことは初めてなので、最初はこんなもんか・・・。


 その舟形テラコッタの奥にちょっと写っていたのはクロサンドラ。冬を3回越した株です。今年の冬は、会社に保っていくという反則は使わず、自宅窓際で越冬してもらいました。葉は完全に落ち、春の芽吹きの時の葉の形がグシャグシャで心配でしたが、枝のそこかしこから芽吹き、枝数は十分でした。葉の形は未だ若干おかしいのですが、開花まで漕ぎ着けました。



 グロリオサ"コーラルピンク"とイスメネ・サルファークインの写真をもう1回。グロリオサは、2枚目のように、開花が進むと黄色が抜けて全体が濃いピンクに染まります。赤い普通のグロリオサも、時間が経つと花弁全体が赤くなるようです。イスメネは、もう1球の方も開花したので再Up。


 ゲンペイカズラも、赤い花が増えて紅白のコントラストが良くなってきたのでもう1回Upしときます。


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2012/07/04 23:58】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
開花中(ゲンペイカズラ、グロリオサ、イスメネ、ジギタリス、クレマチス)
 7月になりました。この1週間は梅雨の晴れ間が続きましたが、本日はあまり降らない予報でしたが降ったり止んだり、梅雨らしいお天気でした。それにしても、今年はまだだいぶ涼しいですね、北海道では真夏でも滅多に無いレベルの暑さでタイヘンなようですが、関東は涼しいものです。最近の6月は、蒸し暑くて下旬なんて真夏並みに冷房点けてましたけど、今年はだいぶ点けずに済んでますねぇ。

 お陰様で、植物も、一部不調のものもあるけど概ね調子がいいです。


 本日の庭の様子。以下、ここに写っているものを左から順に。



 ゲンペイカズラ、Clerodendrum thomsoniae。白い苞から赤い花が咲く。去年・今年と、安定して見事に咲いてくれるようになってきました。元はポリポット1つの小さい苗だったものが、これで4年目かな(?)、今では9号鉢のあんどんいっぱいにワサワサと咲いてくれます。ある程度サイズが大きくなれば、6月下旬からの1ヶ月程度のみならず、10月頃まで継続して咲いてくれます。冬季は室内に置き、多少なりとも陽に当たっていれば大丈夫。それよりも、春先に芽吹いて来た時に、慌てて外に出さないことが大事で、常時外置きは4月になってからがよいでしょう。夏の直射日光は、いわゆる「半日陰」とか「朝日だけ」とか、そういう贅沢こきな場所があればその方がよりbetterでしょうが、西日の直射日光のみの庭でも大丈夫です。水切れはさせない方がいいと思うので、いざというときは水受け皿に多少水を溜めてしまう。水温が上がるのであまり良くはないのだけど、まぁ大丈夫でした。


 ジギタリス。1番花は6月上旬で終わり、花茎をある程度切って、その後出てきた2番花のピークが来ています。枝分かれして1つ1つの花穂が小さいし、放っておけばナナメ~横に花穂が伸びてしまうので縛ってまとめるしか無くて、まぁあんまり格好がいいわけでもないけど、元気なのは良いことです。ルピナス、デルフィニウム、カンパニュラといった大きな花穂が魅力の宿根草は、たいがい夏の暑さでくたばるのですが、ジギタリスは想像以上に強くて嬉しいですね。根元から横に這うように株が広がり、親玉は2年ほどで枯れるようですが、伸びた先が生き残って越冬、翌年の初夏に咲く、という感じで維持されています、今のところ。


 グロリオサ"コーラル・ピンク"とイスメネ・サルファークイーン。グロリオサは毎年球根が増えるのだけど、芽が出なかったり越冬中に萎縮したり、花は咲いても1球から1輪しか出なかったりと、なかなか上手く行ってないのですが、今年は5球から芽が出て、1球は誤って早々に茎が折れ、4球中2球は花芽が付いて1つがこうして開花し、残り2球はまだ花芽が見えない、という状況。花芽が付いた株も、花芽が3つ見えていたりするのだけど、2つ萎縮して1花分しか育たなかったりしておりまして、、、どうやったら上手くワサワサとたくさん咲いてくれるんでしょうねぇ・・・・。 一方のイスメネ・サルファークインは絶好調で、昨年2つに分球して植え直したら、1つからは花茎1本で蕾4つ、そして最初の2輪が今こうして咲いており、もう1つからは花茎2本で蕾は2つずつで、1球からは4輪の花が見られそう、という状態。しかも、咲いたお花は初めて見る6弁花(今までは4弁か5弁のものが咲いていた)、球根の状態が最高の状態になったということでしょう。弁数が多いとその分、花も大きくなって、いや見事に咲いてくれましたよ。これは香りがあるはずで、昨年の印象ではスイセンの香りをやや甘くした感じなんですが、今回のはどうも香りが薄い、というか、香りは、天候やタイミングにもかなり左右されるから何とも言えませんが。


 インテグリフォリア系クレマチスの"籠口"。一番の見頃になりました。なんてカッコイイ花なんだろう・・・!と、思います。あと、1枚目の画像には黄色の八重のタチアオイも写ってますが、そちらはもうてっぺんまで開花が進みイマイチ不格好になってきたので省略。


 1枚目の画像には写っていない、別方向から見ないと見えない花ですが、ヴィチセラ系クレマチスの"オレンジ・ギャル”。クチナシの木に絡ませて伸ばしています。同じ枝1本が伸びながら、6月上旬から今まで、ポツリポツリと咲いてきています。あと1週間くらいで根元でバッツリですかね。普通、今時期なら、白いクチナシの花とコラボれるわけですが、残念ながら、何度も書いてるけど、ウチのクチナシはやたらと開花が遅くて、コラボは見れない。残念!

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2012/07/01 23:10】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。