「Miracle of the Fishes」のkubosakuのブログです。 こちらは緩く気楽に行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
鴨居でマコガレイ、1枚だけど自己記録更新!

 11月23日(水・祝)に、観音崎のちょっと先、鴨居港のカネハボートより出撃致しました。ポイントは港を出てすぐの所に海苔養殖の棚がありまして、それを外して岸側、沖側、左右、また沖の方にはいったん深くなってからまた13mくらいに浅くなる所があるので、ポイントは概ねそんなところ。ノリ棚も少ないのでポイントは限られている海域ですが、来る人が少なめで、ヒトによるストレスが少ないのがいい所です。今回は、風と潮の具合で昼過ぎまでまともな釣りができず、さらに底曳き船がかなり近い所を3組も通って行ったので激しく戦意喪失しましたが、終了間際、にわかにで時合いチックな雰囲気となりました。そして最後の最後、これを上げれば撤収というタイミングで掛かり、見事、1枚だけですが45cm、1.3kgという自己最大記録となるマコガレイを釣ることができました。
 詳細は、毎度の如く本家Miracle of the fishes掲示板と、だいぶ後にまとめるであろう(苦笑)レポートをご覧下さい。


 こちらは雑魚たち・・・、ホシササノハベラ22cm、クラカケトラギス2尾(大きい方)、トラギス2尾(小さい方)、イイダコ1。 カレイが釣れたのが最後だったんで、それまで釣れた外道たちをせめてこいつらだけでも食べようと思ってキープしておりました。


 カレイの薄造り。


 カレイしゃぶ。アラで出汁を取っているのですが、たいへん濃厚な味わいで、しゃぶ後の雑炊がちょー美味かった。


 ホシササノハベラの塩焼き。内臓だけ取ってウロコを付けたまま塩をしてしばらく置いてから焼いた。ウロコ・皮ごと食えますが、身がとても柔らかく、というか、柔らかすぎてもうちょっと水分が抜けるように考えてやった方がいいように思うんだけどなぁ。


 そのササノハベラの食後、骨がね、緑色なんですよ、緑色! かなりキモイです(笑)。ダツとか、アナハゼも緑ですね、そういえば。


 こちらはトラギス・クラカケトラギスの焼き干し。「ハゼの焼き干し」がありますが、それと同じ要領で作ってみた。まぁ。私はハゼで作ったこと無いんだけどwww。使えるものになるんだろうか???3日ほど干しっぱなしですが、水分はかなり抜けて、見た目から想像がつかないほど軽くなりました。


スポンサーサイト

テーマ:釣り全般 - ジャンル:趣味・実用

【2011/11/26 21:16】 | 釣り | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ホワイト・キャンドル(Whitfieldia elongata)の開花

 熱帯性低木のホワイト・キャンドル(ウィットフィルディア・エロンガタ, Whitfieldia elongata(=Ruellia longiflora), キツネノマゴ科)が、やっと咲きました。普通なら6~9月に連続的に咲くのでしょうが、ひとしきり開花した後の株を夏に買ってきてバッサリ切り戻してからの栽培だったので、開花が大幅に遅れてしまいました。
 耐寒性が無い(10℃以上が推奨されている)こともあり、自分で大きく育てている人はまだ少ないようで、ネット上で見れる写真は植物園の温室で撮られたものがほとんどです。まぁ、冬季に室内や温室で育てる、さらに夏の直射日光にも弱いという、そんな面倒くさい植物を育てるなら、普通はランの方に魅力を感じるものかもしれません。
 産毛が密に生えた白い苞から、花弁4枚の白い花が、にゅっと伸び上がって咲いてますが、普通は花弁5枚です。香りは特にありません。苞の産毛からは何かを分泌しているようで、ベタベタします。一方、花はサラッとした触り心地で、きめの細かいあぶらとり紙のような感触。
 まだしばらく10℃を下回ることは無いでしょうが、さすがに11月終わり~12月始め頃には室内に入れた方がいいでしょう。室内である程度暖かければ、開花はしばらく続くかも。でも、既述のように「苞がベタベタする」ことに、室内では特に注意すべしでしょう。


 こちらも熱帯性小低木のブルー・エルフィン(クレロデンドロム・ウガンデンセ, Clerodendrum ugandense, クマツヅラ科)。普通に写真に撮ると、以前のエントリーで載せた写真のように実際の色よりだいぶ青っぽい画が撮れてしまいます。ネット上で見る他の人の写真でも同様に青すぎるのがほとんどです。しかし、現物はもっと紫色なんですよね~。この画像は、現物のイメージになるように加工してみたものですが、現物はもうちょっと鮮やかです・・・。以前も別の青紫色の花の写真において、やけに鮮やかな青になったことがありまして、何でかな~と思っていた所、こんな記事こんな記事を発見しました。後者の記事によれば、ホワイトバランスの調整が重要みたいです。で、色々試して撮り直してみたのですが、色鮮やかでない紫、またはそこに色を合わせようとした結果全体に赤みがかった画、くらいしか撮れませんでした。さらに色々調べてみると、やはり、現段階の原理を採用している限り、デジカメで紫は基本的に難しい・・・、ということのようです。

 話が逸れましたが・・・、これは半つる性低木で、枝にはある程度張りがあるものの、支柱が無ければ絶対に倒れるほどの柔らかさ。しかし、ぐるぐると巻いて伸ばせるような感じでも無い。結局、あんどん支柱の円の中に全部の枝を突っ込んで真っ直ぐ上に伸ばす、という風に誘引しておりますが、なんかこう、もうちょっと格好のいい仕立て方は無いものかと・・・。 こちらは5℃以上が推奨されているようなので、ホワイト・キャンドルよりは少し長く外に出していられるかも???

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2011/11/06 14:14】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。