「Miracle of the Fishes」のkubosakuのブログです。 こちらは緩く気楽に行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
開花中(カレンデュラ、クリスマスローズ、スイセン)
 昨年9月4日に播種、今年の2月末から咲き始めたカレンデュラ・ネオン(Calendula Neon, ポットマリーゴールドの一品種)が、今が盛りのようなので1枚Upしておきます。

 これは花が重たすぎるみたいで、風や雨ですぐにぐにゃんぐにゃんになってしまいます。特に今年は風もよう吹きましたし、雨も多いわ日照も少ないわでどうもバリッといい姿を拝ませてもらえてないのですが、晴れて気温が高い4月であれば、今頃はもう弱り始めているのかも? まぁともかく、これでかれこれ2ヶ月楽しめているのですが、でも、楽しんでいるって気が、あんまりしないなぁ(汗)。花はいいんだけど、雨・風のたびに屋根の下に入れないとぐにゃぐにゃになっちゃうとか、うどんこ病に超かかりやすいとか(薬剤散布でどうにか保たしています)、そのへんが問題ですねぇ。あ、ちなみに中心にちょろっと見えている紫色のはスカビオサ、買ってきた苗を寄せ植え風に突っ込んでみたのですが、イマイチですね。4月になってからは完全にカレンデュラに負けてます(笑)。
 秋播き1年草をここ3年ほどちょぼちょぼ試しているわけですが、2年前のデージーは素直で良かったなぁ。来年は明るい色が眩しそうなリビングストンデージーを育ててみたいとか思っています。



 ミヨシのクリスマスローズ、ルーセピンクです。うちで育てているもう1株(ピコティ、画像で奥の方)は出てくる蕾が小さくなってしまい、3月20日に行った植え替えの時に花茎を切っておりますが、こっちはその後もまだまだいい蕾が出てきます。どちらも、植え替えの時の根張りの良さにはびっくりしました。根っこで鉢から抜けないとはこういうことか、というくらい、鉢から出すのも大変だったし、出してみたら、鉢の中は根っこしか無いんじゃないかというくらいギチギチでした。当初の予定では根を切らずに植え替えするつもりのところ、それでは土が殆ど増えないというくらいだったので、根をバシバシ切ることになりましたが、その後はどちらも元気そうです。今年の4月は低温でしたが、この時期に根をいじられたクリスマスローズにとっては幸運な気候だったのでは、と思います。



 スイセンの"レプレット"が、季節外れですが今更のように咲いています。なぜこのような時期に咲いたかというと、実はこれ、植えるのが大幅に遅れて12月初旬になってやっと鉢植えしたのでした。このまま外に出しちゃうと根っこが伸びないうちに寒くなってしまうので、1月いっぱいまで室内に置いて、それから外に出して、ということをやったので、こんな風に遅い時期に咲いたのでしょう。同様の処理をした(せざるを得なかった)スイセンの鉢がもう一つあるのですが、そちらは失敗したみたいで、小さい葉は出てくるのですがどうにも咲きそうにありません。やはりスイセンは、秋のうちに植えないとダメっすね(反省)。
スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2010/04/30 00:03】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
柚子のつぼみ
 うちで育っている柚子の、2010年4月24日の画像です。上は花の蕾、下は葉芽が伸びてきているところです。

 昨年は花が200個ほどもつきましたが、今年は、20か30個程度のようです。まぁでも、どうせ実も、良くて4-5個しか実らないでしょうから(昨年は超ちびたを3つ収穫しただけだった)、20-30でも咲いてくれれば御の字です。


 花の数が少ないのは剪定の問題なのでまぁいいんですけど、なんだか今年は、去年よりだいぶ遅い気がするな~、と思って昨年の状況を調べてみると、あまりの違いにビックリ仰天。以下は、2009年4月29日の画像です。

 もう花が咲いてます。つぼみもほとんど膨らんでいて、満開も間近!というかんじだったようで。


 では2年前、2008年はどうだったかとPC内の画像を探すと、2008年5月17日付でこんな画像が。
 当時は、うちの柚子はまだ根付きも良くなくて不安定な状態だったと思うのであまり参考になりませんが、このように、5月半ばでやっとつぼみ、という状態でした。

 今年の4月が低温というのはもう周知の事実ですが、ちょっと過去の天気を調べてみました(東日本太平洋岸基準)。すると、昨年4月は「顕著な多照」であったそうです。そうだったっけ、もう私は完全に忘れていますけど(汗)。また、一昨年4月は「顕著な多雨で1946年以来2番目の雨量」だったそうです。2008年については気温はそんなに低いわけじゃなかったみたいで、日照が少なかったとの記述も無かったけど、雨が多かったということは日照も多少は少なかったのかも。
 
 ともかく、昨年と今年はえらい違いでして、今年の春の低温を異常というならば、前年の多照も異常とも言えます。というわけで、柚子の開花は、昨年はむしろ早すぎ、そして今年は逆に遅すぎ、ということになりますかね。

 ともかく、昨年との違いには驚くばかりですが、これくらい気候が違うのならさもありなん、ということで、柚子ご自身には問題無かったのだろうと思います。とはいえ、このようにスタートダッシュが遅いのは後々のことを考えると心配ですねぇ。生活のかかっている農家の方は本当に心配だろうと思います。

 一方、この低温のお陰で、ウチ的には、昨年ではこの時点で既に枯れていたサフランの葉がまだ生きておりまして、また、クリスマスローズも十分元気、その他、例えばこの季節に球根を太らせるべき植物、スイセン、チューリップ、クロッカスなどにも良い気候なのかもしれません。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2010/04/29 00:03】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
サラセニアの開花
 いやもう、忙しくてなかなかブログも、本家HPも更新ができないんですが。
 さて、今回は食虫植物のサラセニアです。いろんな種類があるということも知らず、種名(品種名)ラベルの無いのを買ってしまっているのですが、まぁ一般的な種類でしょう。なにぶん、まともな捕虫葉が残っていないので現時点ではよく分かりません。
 これは昨年の初夏に買ってきた株で、キモイけど大きくて面白くて異様な花がいいなぁと、葉の形や模様の面白さもさることながら、なんつったってヘンな花がイイなぁと思って買ったのでした。
 最初は庭に植えよう、そしたら夏の蚊を少しは食ってくれるんじゃないか、なんて何て思っていたんですが、普通、庭に植えらえるものでも無いみたいだし、蚊が居なくなるほど虫を食べるわけじゃないみたいですね。
 耐寒性はそこそこあるので戸外でも越冬できそうですが、今年は用心して室内に入れていました。

 4月中旬にあったチョー寒かった日を過ぎてからは、さすがに外に出しっぱなしですが、暖かい日にだけ屋外に出すようになった3月初めにはもう花芽が上がってきてまして、最初は非常に小さい蕾だったところ、見る見る大きくなって今、こんな感じで咲いています。直径は7-8cmくらいですかねぇ。




以上は4月24日の状態。




 3月3日の画像。蕾が3つありますが、最も伸びている花茎はその後折れちゃった(泣)。今咲いているのは、この画像ではまだ小さい(花茎の短い)もの2つから育ったものです。



4月11日の画像。




4月16日の画像。4月に入ってからは、あっという間に蕾が巨大化していくのが非常に面白く、ワクワクしましたね~。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2010/04/28 00:55】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。