「Miracle of the Fishes」のkubosakuのブログです。 こちらは緩く気楽に行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
原城跡 (南島原市(旧・南有馬町)
 先の記事、島原城に引き続き訪問した原城跡。ブログ的にはだいぶ間が空いてしまいましたが(汗)、せっかく印象的なところに訪れたので記しておきます。島原にやってきたのは、島原城よりも原城に来ることの方が主目的だったもので。

 原城は有馬氏の統治時代に使用されていたお城。有馬晴信はキリシタン大名として有名ですが、徳川の時代、大阪夏の陣の後になって島原を治めたのが、夏の陣の功で大和五条から移った松倉重政。しかし松倉氏の親子2代にわたる圧政、特に石高に見合わないほど壮麗な島原城を築城したことで領民からの搾取が激しかったこと、およびキリシタン弾圧により、有名な「島原の乱」が起こりました。島原の乱において、ここ原城に立て籠もった一揆軍が3万7千人、そのほとんどが戦死・刑死となったわけです。原城は松倉氏の時代において廃城となって石垣はだいぶ島原城に運ばれていたのですが、元が広大で天然の要害であったため、一揆軍がこれを城塞として利用しました。島原の乱では島原半島南部の農民はほぼ100%参加しその殆どが死んでしまったわけで、乱後は人っ子一人いない地域となってしまったとか。その後は移民を募り、特に天領だった小豆島からの移民が多かったそうですが、全国各地から人が移り住み、今の島原南部の地域のご先祖になっているということです。島原の乱、もちろん知ってはいたけれども、これほど凄惨なものだったのかと、驚くばかりです。小中学生の歴史の時間では、島原の乱が1637年とか天草四郎とかそんなことを覚えさせるのみならず、3万7千人の一揆が全員玉砕するとはどういうことか、もうちょっと真剣に、どれほど凄惨なことが起こったのか、きちんと伝わるようにすべきなんじゃないかなぁなんて。

 さて、今の原城跡は、天守閣の部分のみが史跡として残されていますが、それ以外はほとんど農地、一部は宅地だったり、温泉施設になったり、という状況です。かつて何万もの人が血を流した城址も、普通に人が暮らす、どこにでもある静かな田舎になっています。しかし、そんな農地に妙な起伏があったり、くずれた石垣の跡が残っていたりと、広大な城塞であった名残があります。

 こちらは籠城時掘ったという空堀のようなところ。このように、ビニールヒモで十字架がかたどられていました。

 天守跡。島原城へ持って行かれなかった、残りの石が無造作に転がっております。左上の方に、白い柱のようなものが遠目に見えるかもしれませんが、それが2つ下の写真の十字架となります。

 天守跡にある天草四郎の像。当時で16歳ほどだったそうですが、勝手に色白細面のイケメンという印象が植え付けられているところ、この像は桃太郎、もしくはそのへんの腕白ボウズのよう。


 白い十字架が夏の青空に映えます。ただ白い十字架があっても人は何とも思わないだろうけど、ここが何万ものキリシタン農民が戦死した場所だと思うと、この美しさが涙を誘います。


 天守は一番海に近い、崖の上にあります。海にむかって、このように小さな聖人像が立っています。


 天守から見える農地。ひまわりやトウモロコシ、サトウキビ?と思われるものが多くて、その他細々といろんな野菜が植わっていましたが、このへんも全てかつての城域でした。


 ちょっと下りた海岸から見た天守跡。


 ここは単に城址として残っているだけで、全く観光地化していませんが、私が居る間にも10名ほどの方が出入りしていました。城域(といっても、車じゃないと天守まで移動できない距離)に温泉もあるからそれとセットでいらしているのかもしれませんが、このような場所のわりには訪れる方はそこそこいらっしゃるようです。
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2009/08/15 14:03】 | 城郭巡り | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
島原城
 長崎県の島原半島を回ってきたのですが、その時の訪問先をいくつかUpしようと思います。まずは島原市、島原城に行ってきました。島原鉄道の島原駅からすぐの位置にあります。東に島原湾、その向こうは熊本市、西は急峻な雲仙の山が控える、絶景の地に立っております。天守閣は昭和39年に鉄筋コンクリートで再建されたものです。城郭は明治時代に取り壊されたため、外見の記録はしっかりしていて、模擬天守とかイメージとかのいいかげんなものではなく、往時のものをきちっと再現しているようです。天守閣は最上部以外に破風が無くてあっさりした感じ。天守閣の写真は何度か見たことがあるので、建築物自体には特に感動も無かったのですが、天守閣で驚いたのは、城内展示のうちの島原の乱の説明でした。圧政と禁教に対しキリシタンの農民が数万人も蜂起して・・・ということはもちろん知っていましたが、なんと、島原半島の南半分の地域の農民は100%参加し、殆どが戦死/処刑されたため、乱の後は全くの無人の地域になってしまったということには驚きました。その後は各地から移民を募って復興に努めたそうで、特に天領だった小豆島からの移民が多いとのことですが、移民は各地から来ているので島原半島南部の町村では地域ごとに風習・風俗がけっこう違う、とのことです。


 さて、訪問して最も驚いたのは、このように石垣が重厚で、堀が非常に深く広大である、ということです。水はほとんど抜いてあって、堀の底も歩ける部分があるため、その深さが際だっています。この石垣と堀とが、もっと有名になってもいいくらいだと思います。


 蓮がたくさん植わっているところもあります。いやしかし、たいへん立派なのはいいのですが、初代藩主および二代藩主の松倉重政・勝家は、キリシタン弾圧はもちろんのこと、たいへんな賦役を農民に課しこの城を造ったわけで、この壮麗さにただ感嘆するわけにもいきません。まぁ江戸時代に建てられた城郭は多かれ少なかれ圧政の上に成り立っているものだとも言えますけど(戦国/安土桃山時代の城郭は一概にそればかりとは言えないと思います)。次に、南島原市(旧・南有馬町)の原城跡も訪問しましたが、そちらからも多くの石が島原城まで運ばれてきたとか。


 お堀の底の一部が菖蒲園になっています。もちろんこの季節は葉っぱのみでしたが、かなりの株数が植わっていて、見事なものであろうと想像されます。


 これまた驚いたのが、その菖蒲園の脇で株分けされた花菖蒲のポリポットが、ざっと数えて8000株ほどもあったことです。もの凄い作業量であることが想像されて唖然としてしまいました。まぁ、施設の仕事としては当たり前なのかもしれませんけど。


 こちらは島原城のすぐ近くの武家屋敷の通り。中央に細い水路があって、両脇は石塀のある家々があります。家は、一部観光用に残してあるもの以外は普通の建築ですけど、どこも立派なお庭があって羨ましかった。植物好きなお家の玄関先は見ていると面白いですね、間口はけっこう広いのに、鉢やコンテナが大量にありすぎて、人が通れるところは、左右に注意して一人がやっと通れるくらいしか空いてなかったりして。


 その武家屋敷通りのあるお家に植わっていた植物。巨大な葉っぱ(手前はラベンダー)! これはバナナですよね? 2軒でこのような葉っぱを見ました。 ウチではバナナはちょっと無理だけど、近いうち、パイナップルを育ててみたいなぁなんて、ちょっと思っています。実がなるサイズまで育ったところで庭植えにしたら、道行く子供たちにもウケるんじゃないかなぁなんて。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2009/08/03 22:11】 | 城郭巡り | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
沼津・西浦のメタボリックアジ
 7月30日(木)、休みを取って沼津の立保、ホテル西浦園でボートを借りて釣りをしてきました!
 釣果です。マアジ6尾、しかしサイズが尋常では無い、44cmを筆頭に、41cm, 36cm, 25-21cm×3というサイズ。デブアジと呼べるのは44-41cmの2尾ですかね、確かに脂の乗りがあまりにも違いすぎる、捌くだけで手が脂ギッシュになる、こんなくそ不健康そうなアジは初めてです。人間なら確実に寿命が短いことでしょうが、魚はこれでもいいんですねぇ、きっと。釣り方は例の如くの「竿まきこぼし」。詳細はこれまた例の如く、Miracle of the Fishesをご参照ください。今のところ掲示板に速報を書いたという状態ですが、いずれ詳細を釣行記へUpします。

 Maxサイズ、44cmはご覧の通り1kgを9g超える、1009gでございました(もちろんボウルを載せてゼロ合わせしてます)!アジがキロ超えするとは、なんてこった・・・。こいつは雄で、精巣(白子)も発達しており精巣が52.5gもありました。今回釣ったアジで一番小さいのが21cmで90gなんですが、精巣だけでそれの半分超の重さがあるとは凄いことです。ちなみに41cmのは雌で、体重809gの卵巣重量が62g。アジも、こんなに卵巣がでっかくなるんですねぇ・・・。精巣は汁物の具としていただきましたが、大して臭みも無く、普通の白子のようにいただけて美味しかったです(血管をけっこう丁寧にはがした、というのも効いていると思うけど)。

 捌いたところ。脂がヤバイくらいに乗っていて、アンタ、クロムツですか?っていうくらい。見た目、およびさわった感じでは「これはギトギトすぎじゃないか?」とも思えましたが、食べてみるとそんなことは無い、半身の刺身は2人ですぐに無くなってしまうほど、スルスルと頂ける、チョー美味い刺身でございました。


つけねらう猫、あ、もう1匹・・・



にゃーん



ごっつあんです

 しかし、うちのお猫様は透き通るような白身魚が大好きで、脂の濃い魚はあまりお好みではないのですが、案の定、このアジには食いつきが悪く、全部食べずにちょっとお残ししました。なんてヤツだ。



お刺身



お寿司



まご茶のお茶(だし汁)を入れる前。



お茶(だし汁)を入れたところ

 「まご茶」と本には書いてあるのでそう書きましたが、まぁようはヅケ丼に出汁をぶっかけるというものです。出汁をかけない状態で半分くらい食べるのもまたヨシ。

 作り方は簡単。刺身状よりやや薄めにそぎ切りにした魚の身を、醤油3:酒1の漬け汁に20-30分浸し、飯を盛り、刻み海苔を載せ、魚を並べ、煎りゴマをふり、薬味として大葉の千切りとネギの小口切りを載せ、かつおの出汁を用意する、というものです。

 今回は漬け汁を ある本の別のレシピを参考に、うすくち醤油6:酒4:みりん0.5を煮きり、冷まして酒少々を後で加えたものを漬け汁としました。

 今回はアジですが、かなりいろんな魚で流用可能と思います。

テーマ:フィッシング(釣り) - ジャンル:スポーツ

【2009/08/02 00:01】 | 釣り | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。