「Miracle of the Fishes」のkubosakuのブログです。 こちらは緩く気楽に行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
デンマークカクタス トーア・ブリッタ開花始め
 11/16のエントリーで、白い透き通るような花だったはずのシャコバサボテンにピンクの花が2輪咲いた、と書きましたが、その次に咲いてきた3~5輪目はご覧のように予定通り(?)白になってくれました。品種名は「トーア・ブリッタ」というものです。もっとも見頃になるのはいつ頃でしょうねぇ~、12月中旬かな?

 こんな白です。中心部の縁取りと雌しべがピンクで、コントラストもなかなか良いです。

 こちらは最初に咲いた2輪の色。花びらは、中心部のピンクが滲み出たような色でありました。開花までずっと外で陽に当たっていたから色が変わったのかなぁ??? まぁよくわかりませんが、別の色の株が混じっていたのでは無いと思います、同じ葉の枝分かれで出てきているものも白い花が咲きそうなので。

 ちなみに、寒い日が多かったので、11月10日頃にはもう玄関に入れ、徐々に場所を移し、今現在は居間に鎮座させています。調子は良さそうで、蕾を落とさず済みそうです。
スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2008/11/21 16:54】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
シャコバサボテン、オキザリス・バーシカラー、小菊
 3日ほど前に、2輪だけ咲きました。この株は、去年、「透き通るような白が幻想的でイイ!」って思って、数個咲いている株を買ったはずなのですが・・・、こんなピンクっぽいのじゃなかったはずなんだけど?!?!

 小菊です。これは、種からのじゃなくて、4-5月に何となく買った小さい苗からのもの。当たり前ですけど、種からのものどもよりはだいぶ大きく育ちますね!

 オキザリス・バーシカラー。一度芽が出た後、強い雨のせいか、猫にいたずらされたからか、土がボコボコになって芽が殆ど死んでしまいましたが、その後どうにか生きながらえて、超ヒョロンヒョロンながらも各球から再度、植物体が生えてきています。

 うち、1つに、蕾が付きました。もっとワサワサと増殖していないと、寂しいものです。花期はもうちょっと後っぽいですが、この調子では今年はポツポツで終わりかな? 次のシーズンも楽しめるように頑張らないと。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2008/11/16 08:33】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
発芽・生長中(エキウム・ピンクファウンテン、ルピナス他)
 最近、エキウム・ピンクファウンテンの検索で当ブログにいらっしゃった方が何人かいますので、せっかくなので現状をUp致します。
 成長が遅くって、まだまだ小さいですけが、本葉が3枚出て、新しい葉も順調に出てきています。種まきは9/24、発芽は10/5。7つ撒いたうち、1つだけ発芽しましたが、残りのは未だ発芽しません。もう、ダメっすよね・・・。 まぁ、1つでもちゃんと育ってくれれば御の字です。種はまだ4つ残しています。

 こちらはルピナス。9/3に播種、9/5~9/7に発芽。そこそこ順調だと思うんですけど・・・。 あと、トルコギキョウとゴデチア・レンブラントを播種しましたが、これらはあまり順調じゃないです。トルコギキョウは本葉4枚ほどで全然大きくなりません。ゴデチアは種まきセルトレイをひっくり返してしまって、双葉が出ているのは1つだけ。


 スノードロップの芽。2-3日前に発芽しました。今年2月に咲いて、鉢植えのまま一夏超えました。球根が腐っていないか心配でしたが、無事でホッとしました。


 ワトソニア・マルジナータの芽。10/19に植え、約4週間後の今日、発芽を確認しました。咲くのは来年5-6月だそうです。寒さにも乾燥にも強い、丈夫な植物らしいです。


 バルボコ系スイセン3種。10/4に植えて、10/18~11月上旬にかけて順次発芽。開花は種類によって違うみたいですが、袋によれば1月~2月頃が中心の模様です。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2008/11/15 13:10】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
日比谷公園の菊花大会とバラ
 昨日・今日と、仕事で、霞ヶ関に行っていたのですが、お昼休みに日比谷公園にぶらっと行きましたら、偶然にも菊展をやっておりました。規模はさすがに昨年見た武生菊人形における菊展よりは小さいものの、見事な作品がたくさん展示されておりました。











菊展の敷地のちょっと向こうに、オヤ?あそこの赤い花はなんだろう、と、その一角に行ってみますと、バラがたくさん、種類は20~30種類ですかねぇ、株数はそれぞれが10~20株ほども植わっていて、こちらも見頃でした。どれも、ほれぼれするほど美しい! 私的には、三番目の「プリンセス・ドゥ・モナコ」と一番下の「ピンクパンサー」あたりお気に入りかな?


『芳純』



『友禅』



『プリンセス・ドゥ・モナコ』



『プルグント '81』



『ピンクパンサー』


 私は10年前、1年間だけこのへんで仕事をしておりまして、日比谷公園をたびたび通過していたんですが、こういう素晴らしい花には全く気づきもせず通り過ぎていました。もったいないことをしていたものです。当時から花が好きだったら、もう少し心穏やかに仕事ができていたんじゃないかなぁ、なんて。

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

【2008/11/12 00:52】 | 植物園などの植物 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
サフラン・小菊など
 子供の世話は忙しいもので、ブログを付けるのもだいぶ間延びしそうですが、ぼちぼちやりたいと思います。
 まずはサフラン。球根さえ植えてしまえば(植えなくても?)咲くまではかなり簡単ですね、綺麗な筋の入った紫色の花が咲いてくれます。花は一日花、咲いたら翌日には広がりきってしまいます。10月31日に開花し始め、花が楽しめたのはほぼ1週間でして、今日の時点で花は殆ど終わっています。来年も同じ球根で楽しもうとすると、この後~次の5-6月まで、きちんと肥料をやって球根を太らせないといけないのですが、上手くいくかしらん?
 赤い雌しべは小皿に取って乾燥中ですが、ほぼできあがっていたはずの半分は、昨日の雨の前にしまうのを忘れて、黄色い水に浸った状態にしてしまいました(泣)。残り半分は今日から乾燥始めですが、明日は曇天のようで時間が掛かりそうです。



 以下4つは、今年春にサカタのタネの日本小菊の種を撒いて、最近やっと開花まで漕ぎ着けたものたちです。他にも、蕾がもうすぐ開きそうなものから蕾がやっと見えてきたものまで10数株ありますが、どんなのが咲くんですかねぇ?つか、今頃やっと蕾が出てきた奴らは本当にちゃんと咲くのか???
 

 

 





 7月下旬から、しつこく咲き続けているラバテラ(ハナアオイ)。これはこれでいいんですが、草姿がいまいちまとまらなくて。次の夏~秋は、別のものを咲かせるように頑張ろう・・・。

 クロサンドラ。買ってきたときに付いていた花は摘んで、その後の蕾が咲いています。しかし、直射日光に当たる時間が短いせいか開花速度も緩慢です。

 お陰様で、シャコバサボテンもイイ感じで蕾が膨らんできました。9月下旬~10月中旬まで3週間ほど水止めをしていて、その間、葉がふにゃふにゃになりかけてやや不安でしたが、水をやり始めるとすぐにがっしりと堅く締まってくれました。蕾は、ざっと数えて70個以上あります。右端のような大きい蕾が2つあって、近々、これらがフライング咲きするかも。

 その他、咲いているのはハナザクロ、スイフヨウ、コバノランタナがいずれもボチボチといったところです。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2008/11/08 17:43】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。