「Miracle of the Fishes」のkubosakuのブログです。 こちらは緩く気楽に行きたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
伊東でボート釣り
7月26日(土)、伊東でボート釣り。 伊東まで釣りに来たのは昨年の夏以来かも。オーシャン釣具店のご主人には「kubosakuさんだよねぇ、久しぶりだねぇ!」と笑顔でお迎えいただきました。
釣りの詳細は毎度の如く、HPの方の掲示板に書きましたので、そちらをご参照ください。近いうち、ちゃんと釣行記にしてMiracleのHPにUpしたいんですけど、釣行記として未Upの釣行もあってなかなか・・・。

現場で活き餌を釣って、それを餌にヒラメを釣ろうと、いわばわらしべ長者のような釣り。初めは活き餌としてシロギスを釣るつもりが、これがなかなか釣れない。仕方なく普通にコマセ釣りを始める傍らでサビキを下ろすと、魚探で表面~10m程度までに映る濃ゆい反応の中でウルメと小サバが鈴なりで釣れるので、このウルメを餌としました。さすがに小サバは全てリリース。

その釣れたウルメイワシはブクでは活かすことがほとんど出来ず、速攻で死んでしまいます。興奮して暴れすぎで、活き餌として全く保ってくれません。しょうがなく、死んだウルメを餌として垂らして流したり漕いだりしていましたが、なんと、そんな死んだウルメでもアタリは3度もありました。

1回は、アタリを感じた瞬間に逃げられ、1回は少しやりとりしましたが、銜えていただけだったようで、程なくばれて傷だらけのウルメが上がってきました。そして、残り1回はかなり良型と思われる引きだったのですが、中層でハリスがプッツリ(泣)。やはり、ヒラメ狙いにはワイヤーハリスが必須です。



 ウルメとサバが団子に(笑)。しばらく海面でサビキを放置していて他の作業をしていたらこんな風になっちゃいました。



 お持ち帰りはウルメ45尾、マイワシ2尾、カタクチ1尾、シロギス2尾、ゴマサバ1尾。



 冷製パスタにウルメを混ぜてみた。具が多すぎてパスタが見えないんですけど(汗)。あ、具にはゴーヤーが混じっています(笑)。ゴーヤーは案外良かったんですけどね、ウルメの処理方法がいまいち冴えなくてややビミョーな味。十分食えるレベルではあるけど。



 ウルメのオイルサーディン風。ウルメイワシは英語でround herringなので、オイルラウンドへリングですね。これは加熱し始めの状態。



 完成品。う~ん、まぁまぁかな・・・。何か足りない、もう一息欲しい味。アッ、胡椒をふり忘れてるじゃん(汗)。食べる前に振る必要アリ。 作り方で最も参考にしているサイトはこちら。 



 サバのラビゴットソース。作り方はこちら。 これは安定して美味い!
スポンサーサイト

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

【2008/07/29 23:42】 | 釣り | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ラバテラ(ハナアオイ)の開花
ラバテラ(ハナアオイ)の花が咲きました。


4月12日に種を植え、4月28日のエントリーで芽が出たところを載せて以来、途中経過を全く記録しませんでした。その後は4株を庭に、1株を鉢植えに、2株は未だポット入。

ここ20日ほどは毎日のように巻いた葉っぱを開いてはハマキムシを潰すというお仕事を何度と無く繰り返しましたが、遂に開花にこぎ着けました!!!

うちは西向き花壇なので、なんだかんだでアオイ科の植物が多くなってしまったのですが、種から育てたラバテラとタチアオイ、およびこの前苗を買ってきたスイフヨウと、3種育てています。 ハマキムシは3種とも付きますが、3種中ではラバテラがダントツでハマキムシに好まれています。3日前に殺虫剤(オルトラン粒剤)を少々撒いたところ、今日はハマキムシ1尾潰しただけで済みました。少しは効いたのか??? 普段は、毎日5-6尾、多い日は10尾ほども潰していたんですけど。どこからこんなに沸いてくるのか不思議なくらい。俺の目はにフシアナか??

葉っぱも、何だかわかんないけど非常に小さい茶色いポツポツが葉脈に沿ってできて、ゆっくり黄色く変色してくるという、やや病気のような状態なのですが、育つスピードの方が病気の広がるスピードより速いみたいでどうにか保っているような。茎も、根元はしっかりしてきたんだけど、上の方はなんだかひょろひょろで弱々しい。株の大きさ(高さ)は、大きいもので50cm、小さいもので20cmくらい。

蕾があるのは1週間前に気づいていたけど、ここ2日間、朝の水遣りを奥方に頼んでいたので、蕾が膨らむのに気づかず、私にしてみれば、あの小さい蕾がいつの間に!という印象。 種はミックスなのでどんなのが咲くかはお楽しみでしたが、なかなかカワイイ、きれいなピンク色でした。調べてみると、ラバテラとしてはごくごく普通のタイプみたい。 花は、もうちょっと開くはずですが、この状態だと花弁の葉脈の感じが、流行りのサフィニアっぽい。 調べてみると、葉がボロボロでも次々と花を咲かせた、という日記もヒットして、これからが楽しみです。

タチアオイは種まきした今年はほぼ間違いなく咲かず、来年のお楽しみらしいんですが、しっかりと育っており、花壇の後ろの方で大きく葉を広げています。 ラバテラも宿根草で、そんなに人気のある花じゃないので調べても、「春に種を撒いて、その年のうちに咲くか、翌年待ちか」ということがよく分からなかったのですが、こっちは撒いた年のうちに咲いてくれました。 そろそろダリアも切りつめないといけないだろうから、夏の花としてはうちではこの子達ぐらい。頑張ってね。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2008/07/27 23:53】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
猫の寝姿

首が折れませんか?



どうしてこんな体勢が楽なんだか・・・



段ボール割れるってば。 って、既に破れかけてるんだけど。


テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

【2008/07/25 22:51】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ゴーヤーむっちり発育中
長さ23cm、重さ308g!

 たいへん立派なゴーヤーでございます。 今週は、このレベルのが毎日1個収穫できる勢いで、嬉しい悲鳴、いや、ほとんど悲鳴onlyかもしれませんが(汗)。
 苦みが少ないという噂の「あばしゴーヤ」なんですけど、きちんと苦いですねぇ。品種改良で苦くないゴーヤーってできないかしらん(笑)? 夜収穫するより、朝収穫する方が苦みが少ないかもしれない・・・、と思ったんですけど、さてどうだろう???

 うちの奥さんが作ってくれるゴーヤーチャンプルー、ゴーヤー卵とじ、およびゴーヤーとナスの味噌炒めは確実に美味いんですけど、それぞれの料理2人分に対して、このゴーヤーだったら1/2もあればやや入れ過ぎか、というくらいで、まぁとにかく実りすぎて困ると、、、、、予想は付いていましたけど。
 というわけで、昨年も色々試しましたが、今年も夫婦共々実験料理を作っています。失敗作も含めて、いずれUpしたいと思います。



猫もご関心ある?


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2008/07/23 22:49】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
超巨大輪ダリア 宙(そら) 他
 うちでは4月12日に6種類ダリアの球根を植えたのですが、育ったしたのは4つ。 3つは既にUp済ですが、最後の1種、超巨大輪咲き 宙(そら) が、4-5日前に、遂に咲きました! が・・・・?!

 ショボすぎ! なんだこのハゲチャビンは! 超巨大輪なので、蕾が多いと小さくなるかもしれませんよとのことで、蕾はたった1つのみを残していたんですけど、それがこんな風に咲くなんて!!!(泣) 

 これが、その袋の写真。広告に大いに偽りありです(怒)。 まぁ、ダリアはこういうこともあるんでしょうけど、これはちょっと酷いよなぁ・・・。 夏に切り戻して、秋にもう一花咲かせるというのがダリアの育て方なんですけど、風通しも悪くてうどんこ病が発生しているし、こいつはもうブッコ抜いてしまおうか・・・、とか思案中なんですけど。 まぁ、そんなこと言って、残すんだろうな。 一応、殺菌剤は撒くつもりです。


 口直しに、見事に咲いてくれているやつから順に。巨大輪咲き、リドです。こいつは本当にイイ! スバラシイ!



 中輪咲き、えくぼです。花の色・形は安定していないけど、キレイな色をしています。



 ポンポン咲き、白兎。 花の開きがやや悪いこと、低い位置の花から咲くので、せっかくの花が後から咲くであろう蕾のある花茎に隠れてしまうこと、などの問題はありますが、そこそこ安定して丸いカワイイ花を咲かせてくれます。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2008/07/22 09:03】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
何かに似ている猫

 1ヶ月以上前の写真なんですけど、まぁよく張ったお腹をさらして気持ちよさそうに寝ていること・・・。 いつものことではありますが。 さてこの画像で、あるものに似ている・・・、と思っていたんですけど、それを晒してみたいと思います。










 ジオン軍の水陸両用モビルスーツ、ゴックですwwww
腹まわりから股のあたりが、そっくり!




 今日の様子。相変わらず腹丸出しでいびきまでかいて寝ています。

 丸刈りにしたのは5月中頃。2ヶ月で、だいぶ伸びてきました。このへんで毛が伸びるの止まって欲しいんだけどそうもいきません。

 昨日、ネットで「ファーミネーター」なるものを注文しました。これでどれくらい毛量を減らせるのか楽しみですwww

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

【2008/07/21 20:22】 | | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
くちなしの黄色い花
 うちのクチナシは、7月17日(木)に、やっと2輪咲きました。

 そして本日、7月20日(日)の様子。咲いた2日後にはすぐ黄色くなってしまって、まるで黄色い薔薇のよう(笑)。
 世間のクチナシは、ほとんどが最盛期を過ぎて花もほとんど茶色く枯れてますが、我が家はのはこれからが見頃です(???)。 他にも開きそうなつぼみが少々ありますが、最近暑くて、既につぼみが3つほど落ちてます。落ちるか咲くか、たいへんな瀬戸際にあります。

 何故うちのクチナシが今頃こんな状態になっているのか、ということについては、今のところ以下のように考えています。

 うちのクチナシは、つぼみが膨らむまでは順調に育ちました。6月下旬、世間のクチナシは咲き誇っていたのですが、うちのはまだ咲かず、でもつぼみは今にも開きそうな状態で、いつ咲くのかなぁ~、と、楽しみに思いつつ毎日のようにオオスカシバの幼虫と卵を退治する日々が続きました。

 7月上旬、さすがに遅すぎる、世間のはもう枯れかけてるじゃないか、これは何か根本的に拙いのかもしれない、と思ってググってみると・・・、条件が悪いと、つぼみまで行っても咲かないことがある、ということが判明しました。その条件とは、日当たりが強すぎる、冬に寒風に当たりすぎ、土壌がアルカリ、といったことでした。前2つは、モロうちの庭には適合するんですけど、基本的にはやむを得ない。しかし、どう見てもうちより条件の悪い、日に当たりすぎる場所で咲いているクチナシもあるのに、うちのが咲かないのはおかしい!
 と、すると、やはり土壌がアルカリに傾きすぎているということが原因だろうと思いました。でも普通、雨に当たっていれば放っておいても土って酸性に傾くもんなんじゃないか?って思っていたのですが、いろいろ調べてみると、「新築の家はコンクリートの余った汁とか欠片とかが放置されて土に混じって、コンクリートのせいで土がアルカリになっていることが多い」ということを知りました。実際、我が家も球根を植えるために40cmほど掘ったのですが、コンクリート殻はもちろんのこと、様々な建築資材の破片が出てきてけっこうムッとした覚えがありました。以前、サツキの調子があまり良くないと書いたときに、リピさんにもアルカリに傾いている可能性について指摘されました。近所の新築の家(ほとんどが我が家同様の3階建ペンシルハウスで庭も猫の額)は、かなりの高確率でデフォルトで庭にサツキが植えられているのですが、庭の方向と無関係に、軒並み勢いが無くて葉がスカスカという状態です。
 以上のような状況から、サツキが弱るのも、クチナシが咲かないのも、どっちもアルカリのせいではないか?!と思いました。アジサイがきれいに青色に咲いたので、その時はあぁ、やっぱり普通に酸性なんだろうなと思っていましたが、アジサイは基本的に品種の色で咲くので、酸性土にしてやれば、もっと鮮やかな青になるのかもしれません。
 そんなわけで、7月10日、ピートモス(もちろんpHの低い酸度非調整のもの)を買ってきて、クチナシ・アジサイ・サツキの付近にマルチングするように敷きました。少しは土に鋤き込んだ方がいいかもしれない、と思って、株から放射状にスコップで筋を4箇所ほど入れて、地中にも少々ピートモスを潜らせてみました。

 そして、その1週間後にクチナシが開花したわけです。

 ピートモスをやったお陰で急に咲いたと考えていいのか否かは分かりませんが、以上のように、土壌pHって大事なんだな・・・、と思ったわけです。


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2008/07/20 18:24】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ゴーヤーの緑のカーテンが、肝心の昼間に萎びてしまう
本日、15時半のゴーヤーの様子です。


 超萎びまくり倒しております(汗)。いえ、暑い日はいつもこうなっているのは分かっているんですけどね。でも、これでも水をやればシャンと元に戻るのです、ということを記録しておこうというのが本日の日記の主たる趣旨でございます。
 何度か書いていますが、我が家はベランダも庭も西向きのスペースしか無いので、必然的に夏はあらゆる植物にとって過酷な環境となります。3Fには寝室があり、そこに西向き窓とベランダがあり、そこでゴーヤーを作ってます。「寝室に緑のカーテンを!」なんて思ってやっているんですが、今日(7/19)のように日差しの強い日は、朝の水やりのみでは全く足らないようで、昼間にはこうなってしまいます。今年は、土の上に椰子の実で作ったマルチング材「ベラボン」を敷いてみましたが、それでも全くらちがあかないようでございます。


こんな萎びてスカスカな葉っぱじゃぁ、緑のカーテンにならないじゃないか!



 さて、泣き言はこれくらいにして、上の写真の状態の時に、水をやりました。そして、1時間後が下の画像。



 このように、たった1時間でシャンと元に戻るのです! 植物の生命力って凄い!と感心してしまいます。30分でもやや復活しているのが分かるくらいで、1時間でほぼ完璧、という感じです。
 もっとも、ゴーヤーの葉は下の方から枯れてきやすいのですが、このようにたびたび萎縮しているから下から枯れてくるんじゃないか、なんて勝手に思っているのですが、どうなんでしょうね。

 水をやれば復活する。それでいいじゃないか、と思われる方もいるかもしれません。しかし、それでは目的の半分しか達成できません。緑のカーテンとして最も活躍すべきお昼~午後にこうして萎びてしまうようでは意味が無いのです。というわけで、 近いうち、ゴーヤーの上に、さらに遮光ネットを掛けることを考えています。しかしね、緑のカーテンを保護するために遮光ネットって・・・、なんなんでしょう、何のための緑のカーテンなんでしょうか?!?! ツッコミ所満載なんですけど、もうそれしか無いと思うのです(泣)。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2008/07/19 22:47】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ゴーヤー 鈴なり中


 3Fベランダのあばしゴーヤーです。こんな風に、たくさんの実が育っております!6月30日に最初の1個を収穫しましたが、その後現在まで4個収穫済み。ここに見えているのでは、2個ほどそろそろ収穫した方がいい感じです。
 緑のカーテンとしては、どうしても下の方から枯れてきてしまうこと、日の当たる角度の問題などから、縦方向のネットだけではカーテン効果は薄いと考え、ひさし状に組んでおりますが、さすがに「緑のひさし」になるにはまだもうちょっとかかりそうです。ほぼ全面に蔓は回っているんですけど、先っぽの方は葉がまだ小さくて。
 真っ昼間は強い日差しでかなりの勢いで葉がしなびているのですが、今のところ、朝の他、15時頃に奥方に水をやってもらっているのですが、それでどうにか復活しているようです。夜も寝苦しくなるほどの暑さになってきたので、夜も水をやってみています。
 肥料は10日に1度追加するくらい。土から直に水が蒸発するのを押さえるため、表面にベラボン(椰子の実チップ)を敷き、さらに2つあるコンテナのうち1つには不織布を被せてみました。奥方の観察によると、不織布をしてあるコンテナの方が、萎び度がやや低いような?ということなんですけど。
 いやしかし、8月末頃に帰省するつもりなのですが、その間、どうやって水遣りしようか、なかなか悩ましい所です。こいつだけじゃなくて、庭もあるし。鉢ものは、風呂に引っ込めておこうかなぁと・・・。



 こちらは柚。1枝だけに花が5つほど咲いて、うち3つがこんな風に柚の実として成長中! 落ちないでよ!!!

 他、うちのクチナシは、延々と蕾のままでいっこうに咲く気配が無く、そのへんのクチナシの状態と比べると、もしかすると我が家のはこのまま咲かず仕舞いに終わるのではないか、と大変心配していたのですが、本日、2花の開花を確認しました!!! まぁ時期的に、全部咲くほどまでは保たないんじゃないかと危惧しますが、ちょっとだけでも咲いてくれて嬉しい限りです。 画像はまた後日。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2008/07/18 00:27】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ダリア開花中(その2)

 巨大輪2色咲き、「リド」という品種名のダリアです。直径20cmほどで広げた手のひらほどもあり、威圧感を憶えるほど。期待以上に見事に咲いてくれましたよ、嬉しいねぇ~! 2週間前に町田ダリア園に行った時、これが咲いていたのを憶えています。 やや遅ればせながら、うちのも開花! 明日~明後日には、もう1輪、これくらいに咲いてくれます。蕾はまだ5~6個あります。



 中輪2色咲き、「えくぼ」です。直径10cmほど。今まで2度も写真をUPしてますが、改めて。これで、6輪の開花を確認済み。花ごとに、色や形はけっこう違うねぇ。

 あと、赤紫色の超巨大輪「宙(そら)」、既にUp済みの白のポンポン咲き「白兎」、以上4種が、今、我が家で育っているものです。超巨大輪の開花は10~20日ほど先っぽいです。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2008/07/08 21:59】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ダリア開花中

 こちらは白のポンポン咲き。最初に咲いたものです。咲いてからも、なんだかじわじわ大きくなる感じで、成長が楽しみです。


 以前もUpした中輪2色咲きです。日が経つと、イメージに近い雰囲気になってきました。これは、ちょっととっちらかった感じになってますけど。
 この品種は、4つほど開花していたのですが、3本をスパッとハサミで盗まれてしまいました(泣)。チューリップが咲いていた頃、「盗まれないか心配ねぇ、うちは以前、ユリがやられたのよ」とおっしゃる近所の方がいらっしゃいましたが、いや、ホントにいるんだなぁ・・・。人の家から盗ってきた花飾って、幸せな気分でいれるとは、おめでたい人がいるものです。


 橙と白の巨大輪2色咲きのつぼみ。デカイ! これも、この画像よりもうちょっと成長したくらいのが1本盗られました。ダリアなんて、切り花にしてもあんまり日持ちしないのに。盗った人、それ、咲く前に枯れまっせ。

 まぁねぇ、少々は盗られるかなぁと思っていたけど、4つ咲いているうち、1つだけならまだしも、3つ、さらに蕾も持って行くとはねぇ・・・。 たいへんガッカリしましたが、『こうしておけば盗る人が躊躇するんじゃないか?』という感じに少々細工を施してみました。また、早いうちに無線LAN対応のWEBカメラで監視してやろうといろいろ調べているところです。今度盗られたら、画像をプリントして貼り出そうかなwww  大きく咲かせるために蕾を1輪だけ残している「超巨大輪」の株が1個ありまして、それがやられたら目も当てられないので。

 まぁ、そういう不快な話はさておき、生育が遅いことがけっこう心配です。先々週に「町田ダリア園」に行ったのですが、そこでも「例年より生育・開花がだいぶ遅いので当分無料開放です」とのことだったので、今年生育が遅いのはしょうがないんですけど、このままあまり育たないうちに盛夏を迎えたら、咲かないうちに弱ってしまうんじゃないかって・・・。ものの本には「梅雨前に開花させ・・・」なんて書いてあるんだけど全然だめじゃん。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

【2008/07/04 23:07】 | 園芸(ウチの植物) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。